銀魂 ネタバレ 624話 ネタバレ 625話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ

銀魂 ネタバレ 624話 ネタバレ 625話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ
銀魂 624話 ネタバレ 625話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『指は足にもある』



--------------------------------------

煽り
「叩き込む、奇策!!」

辰羅兵の格好をした溝鼠組達が
辰羅兵に斬り掛かっていく

辰羅兵
「きっ…貴様らはァァァ!!」

口元の布を下げて
顏を露にする勝男達

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-100.jpg


勝男
「お前らの仲間なら
 外でおねんねしとるで」

背景には外の辰羅兵達が
血を流し倒れている描写

勝男
「気ぃつけや、この街は
 ちぃと治安が悪いからの

 道端で居眠りしとったら
 スグに身ぐるみ
 はがされてしまうで」

神楽達の方の辰羅兵達も包帯を取り
溝鼠組の顔を露わにする
神楽、新八、平子が微笑する

蒼達
「きっ、貴様らァァァ!!」

--------------------------------------

【ビル屋上】

移動しているお登勢が
笑みを浮かべる

お登勢
「存分にその拳で語らってきな
 かぶき町の悪ガキども」

煽り
「畳みかけろッ!!」



--------------------------------------

次郎長が溝鼠組達を飛び
蒼達へと向かって行く

銀時達、勝男、平子が
敵を次々と蹴散らしていく

辰羅兵を斬っていく次郎長に
目の前から飛び掛かる辰羅兵

次郎長が刀を構えたその時、
飛び掛かった辰羅兵が
背後から蒼達に貫かれる

蒼達がその貫いた刀ごと
次郎長を刺そうとしてくる

だが次郎長は刀で
それをガードする

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-101.jpg


蒼達
「!!」

蒼達が辰羅兵から刀を抜く
直後、次郎長の前後から
辰羅兵が襲い掛かってくる

次郎長が背後の辰羅兵の顔面に
蹴りを放って吹っ飛ばす

前方の辰羅兵の胸元に
刀を突き刺す次郎長

だが貫かれた辰羅兵は
その刀をがっちりと掴む

更に吹っ飛ばされた辰羅兵が
次郎長の足を掴んでいた

一気に次郎長に襲いかかり
その場に押し倒す一同

蒼達
「言ったはずだ
 俺達の集団戦術は崩せんと」

押さえ込んだ辰羅兵の背中から、
次郎長に刀を突き刺す蒼達

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-102.jpg




--------------------------------------

蒼達
「俺達は群をもって一人

 【群】のためなら
 【個】の命など
 喜んで捨てる

 それが辰羅(オレたち)だ」

だがその時、蒼達が刺した刀が
ミシミシと音がしてくる

蒼達
「!!」

蒼達の刀にヒビが入る
目を見開く蒼達

更に左右の辰羅兵の喉元に
次郎長が刀を刺して倒す

次郎長
「言ったはずでぃ
 俺達はお前(めぇ)らの
 殺し方をしってるってよう」

貫かれている辰羅兵の身体から
木刀が突き出て来る

蒼達の刀が貫かれて破壊され
蒼達自身も吹っ飛ばされていく

次郎長の下の方から銀時が
木刀を突き刺していた

吹っ飛ばされていく蒼達一同

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-111.jpg


次郎長
「一人じゃねぇのは
 こっちもだ」

笑みを浮かべる銀時、次郎長

辰羅兵に次郎長が向かう
焦りながら刀を構える辰羅兵

蒼達が刀を掴んだ瞬間、
銀時が向かってくる

次郎長
「たまにぁ悪かねェな
 集団戦術とやらも」

銀時
「どうだかなァ
 もう少しでうるせェ
 ガングロジジイも
 串刺しにできたんだが」

次郎長
「そいつぁ、残念だったな」

銀時、次郎長が
蒼達、辰羅兵達を倒す

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-104.jpg


辰羅兵
「蒼達様!!
 貴様らァァァ!!」



--------------------------------------

叫ぶ辰羅兵の背中を
蹴りとばしたおす勝男

勝男
「ガハハハ!!見たかァァ!!

 これが宇宙一の極道
 次郎長率いる溝鼠組の
 力じゃァァ!!

 そしてわしが
 その溝鼠組の若頭
 宇宙一の七三 黒駒勝…」

そう言いかけた勝男の頭に
辰羅兵が飛んで来る

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-105.jpg


神楽
「何が宇宙一の極道じゃ!!

 敵の大将のタマとったんは
 ウチの若い衆じゃ!!

 わしらが宇宙一の
 極道万事屋一家じゃ!!」

敵を蹴り飛ばしている神楽

新八
「いや、いつから
 極道になった!?」

戦っている新八

平子
「そもそももって
 溝鼠組の若頭は
 勝ちゃんじゃないよ〜

 これからお前に組任せるって
 ジロチョンが〜」

平子も戦っている

勝男
「なんやとォォ!!

 ちょっとォォそんな話
 きいてまへんで

 どういう事ですか
 ジロチョン!!」

次郎長
「誰がジロチョンだ」

勝男
「わしがオジキのいない間
 いや、これまで組を
 どれだけ支えてきたか

 オジキ、わしは…
 あの頃からアンタをずっと」



--------------------------------------

【勝男回想】

勝男ナレーション
(そう、ナイフみたいに尖ってた
 触る者皆、傷つけていたあの頃…)

部下をひきつれ町を歩く
若い頃の勝男

道を歩いている勝男達が
次郎長とすれ違いざまぶつかる

次郎長
「おっと、すまねェ」

勝男
「オイ待てやコラ!!
 人にぶつかっといて
 たったそれだけ…」

次郎長が勝男達を殴り飛ばす

勝男達
「がはぁ!!」

地面に倒れる勝男達

勝男
「バ…バカな
 黒駒と恐れられるわしを…
 ア…アンタ何者や」

勝男
「兄(あん)ちゃん

 若さに任せ
 辺りにかみつき回るのは
 結構だが

 一つだけ言っとく
 おめェの回想いる?」

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-106.jpg


【回想終了】



--------------------------------------

勝男
「回想で回想拒否られたァァ!!」

次郎長
「確かこんなんだったろ」

勝男
「人の回想、勝手に改竄
 せんといてくださいオジキ!

 アンタ自分は先週
 あんだけ回想しといて
 そりゃあないんじゃないスか

 と、とにかく
 わしゃあれからオジキに惚れ
 ずっとついてきたんじゃ

 折角一家が復活したのに
 若頭の座を引けいうんですか!!」

次郎長
「そもそもそんな事
 言った覚えはねェよう

 娘を極道にする親が
 どこにいる」

平子
「え〜お前なら若頭くらい
 やれるって言ってたのにー」

次郎長
「もしもの話だ
 なれとはいってねェ」

平子
「言いましたー」

次郎長
「言ってねェ」

平子
「言いましたー」

次郎長
「言ってねェ」

平子
「言った…のに…」

しゅんとする平子の肩に
手を置く次郎長

次郎長
「ピラ子…
 こればっかりは譲れねェ

 お前(めェ)をそんな
 ハンパ者にしたら

 娘を俺に託した女房(アイツ)に
 どやされちまう

 やるなら頂点(てっぺん)とれ
 ピラリン組長

 ジロチョンは会長やるから」

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-107.jpg


勝男
「ハンパ者(もん)って
 そういう事ォォォ!?」

次郎長
「女房(アイツ)も
 極道の家に生まれた
 女組長なら喜んでくれんだろ

 良かったな勝男、
 これでお前(めェ)は
 一生若頭(ハンパもん)だ」

勝男
「誰がピラリン組の若頭に
 なりたい言いました!?

 オジキぃぃぃ!!
 親バカにも程があるで
 一体何があったんや!!

 お嬢、わしらの次郎長は
 いつ帰ってくるんや!!」

平子
「勝ちゃん、お嬢じゃない
 親分でしょ〜

 仕方無いな〜
 今回は指(エンコ)5本で
 勘弁してあげる〜

 次から10本ずつね〜」

勝男
「わし指何本ある
 思っとんねん!!」



--------------------------------------

その様子を見ていた銀時が
呆れた様子で溜息を吐く

銀時
「やれやれ、やっぱり
 串刺しにしておくんだった

 このザマじゃ解放軍を追っ払っても
 この街に平穏はなさそうだ」

次郎長
「へッ、俺がくたばれば
 この街が大人しくなるってか

 俺がくたばっても
 お前(めェ)がいるじゃねェか

 お前(めェ)がくたばっても
 アイツらがいるじゃねェか」

言い合っている平子と勝男、
そして神楽、新八の姿

次郎長
「おとなしく平穏になんて
 つかってられねェ

 喧騒の中でこそ溌剌と
 生きられる図太いバカどもが」

背景には辰五郎との喧嘩や、
銀時との喧嘩の描写

次郎長
「だが、だからこそ
 星さえ消えそうな

 このどでけェ喧騒の中を
 走れるのは、戦えるのは
 
 そのバカどもしか
 この喧騒の街しかねェ」

辰羅兵に向かっていく銀時達
次郎長が辰羅兵に向かいながら、
辰五郎の最期を思い返す

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-108.jpg




--------------------------------------

【次郎長回想】

戦の中、血だらけで倒れる辰五郎
抱き起こす次郎長

辰五郎
「…次郎長…
 どうやら俺ァ…

 もうあの街には
 帰れそうにねェや

 すまねェ、
 お登勢(あいつ)を…
 あの街を頼む」

次郎長
「バカ言ってんな!!

 お前がこんなもんで
 死ぬタマかよ

 立て、お前のくだばる場所は
 こんな場所じゃねェだろ

 一緒に…帰んだ辰五郎…
 俺達の街へ」

辰五郎の肩を持ち上げ
次郎長が歩き始める

辰五郎
「…へッ、こんなのろまじゃ
 お登勢の奴…

 待ちくたびれて
 婆さんになっちまうぜ

 それも…悪かねェか

 そいつぁ、俺が今…
 一番見てぇ…
 未来(もん)だからよォ

 次郎長…俺達の街は…
 一体どんな街に…
 なるんだろうな

 お前(めェ)達は
 どんな爺さん…
 婆さんに…なって

 どんな…若い連中が集まって…
 くんだろうなァ…」

次郎長
「…さぁな

 だがきっと俺達ゃ
 一緒に若い連中に説教たれて
 煙たがられてる

 そんな頑固ジジイに…
 なってるかもな

 いつかそんな街が
 見れたらいいな
 辰五郎、楽しみだな」

目が閉じている辰五郎
次郎長の目から涙が流れる

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-109.jpg


【回想終了】



--------------------------------------

【ビル屋上】

移動しているお登勢達

その時、何かの気配を感じ
手すりの方を見るお登勢

そこには手すりに座り
街を見下ろす辰五郎の姿

煙管を持った辰五郎は
街を見下ろし微笑む

立ち止まったお登勢を
町民やキャサリンが見る

再び歩き出すお登勢
手すりの辰五郎は消え
煙だけが浮かんでいた

銀魂 623話 ネタバレ 624話 ネタバレ 最新画バレ画像-110.jpg




【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「かつて夢みた、未来が」

銀魂 625話 ネタバレ 626話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ へ続く

  1. 報われないコンビくくりなら九ちゃんと月詠もだね
  2. 昔から九ちゃんとつくよって対比の関係にあったんだと年賀状回読んで思った。ハガキ改変コンビだった。
  3. お妙が好きな九ちゃんってお妙の笑顔にも
    こだわる人なんだよな
    だから開戦した時にかぶき町に来て万事屋に助太刀すると宣言したのではないかなと
    いざ開戦となった時のキャラ達の足の向いた先が心の内そのものなのではと
  4. 銀さんが結野アナが好きってのも昔からブレないよ
  5. さっちゃんやつくよは片想いコンビとしては描かれてるけど立ち位置・関係性・距離感を考えると明らかに神楽やお妙より劣ってるんだよな


    ここだけは昔からブレてないよね空知は
  6. それな
    誰かどうかは空知が書くわけで誰かわかんないじゃん
    ていうか
    前空知が銀さんは(銀さんの着物は)雲をイメージして書いたとかなんとか言ってたから
    くっつかない展開もあるんじゃね?
    雲はつかめないからね🐤
  7. 長文妄想乙としか言えない
  8. 銀さんがくっ付く相手は、本来なら神楽だったんだと思う。担当の意向がなければ、少女にするつもりはなかったらしいし。
    最初は紅蜘蛛篇だったかの時の、神楽が銀さんを引き止める際のシーンでの表情が、此処最近よく見られるようになった。尾美一篇での、志村姉弟が銀さんに裏切られたと困惑してる時(お風呂での襲撃直後)、神楽だけが銀さんを心配する描写があった。
    逆に銀さんの方は、神楽の声で反応するシーンが目立つようになった。傾城篇での毒針で動けなくなってるシーンでは、月詠が銀さんを呼んでも反応するような事はなかったのに、さらば〜篇では斬られる瞬間、神楽の声で正気を保った。他にも、暗殺篇で神楽が藤林に蹴り殺させたと思った時の銀さんの顔は、知り合いがピンチになった時の中でインパクトが強い印象を受ける描かれ方だったと思う。
    ただ、前述でも述べた通り、神楽は少女だし、くっ付くどうこうなったら結構先の話だから、もし銀さんが誰かとくっ付く内容で物語が終わるのなら、多分お妙なんだろうなぁと思う。入れ替わり篇のお妙の「我らがリーダー」発言は、万事屋メンバーでもないのにするのは違和感あるし、分離した銀さんの魂の猫はお妙を離さないから、銀さんの方も満更じゃないのかな、と解釈する。それに実写化が紅桜篇というのも銀妙を主張してる感じがする。
  9. 空知は自分と違う読者の解釈も狙って取り入れる作家だと思う
    違う解釈されてもいいようにわざとふわふわした感じで描くタイプ
    そして自分はそこに惹きつけらるんだよな
    空知の好きなように描いてくれ
    アンケートとかそんなものに振り回されないで欲しい
  10. 作者がこう読めというのは変なので好きに読んでくれて構わないって空知が言ってたから
    自分の書きたい物を書いてくれればいい
    最近の話の流れを見ると全てに決着をつけそうな気配もあるし
  11. 読者の解釈とやらが漫画の話を決めるのではない
    漫画の話と結末を決める権利があるのは作者だけ
  12. 恋愛に対しての解釈に迷ったってどの辺り?
  13. 評判良い初期エピソードの土方ミツバの純愛と後付けで評判最悪の恋愛脳を一緒に語られても…
  14. どんな漫画でも原作を第1話(訓)からリアルタイムで読み続けてる人達の解釈が1番説得力がある
    漫画家が漫画を描いてきた時間を読者も共有してるからな

    でもアンケの数字やハガキ手紙だけで判断されても困る
    匿名だから言えるのだが、作り手側の人格や人生に敬意を持っているので
    一生涯ハガキや手紙を書かない書けない人達もいる事を理解してほしい






  15. 恋愛に関して最近の本誌で解釈に迷う描写があった
    本人の台詞は直接は無かったが
    前のコマの台詞が被っての行動なのかどうか



  16. 恋愛の話もちらほら扱ってるから入れてもいいけど主題はそこにはないな
    銀さん自身はどこにも何も示してないからわざわざページさいてやる事だとも思えない
    あと人気投票常に一位、他社の雑誌でも通年上位みたいなところにいるキャラにわざわざ今まで表現してなかったものを出す必要はないよ
    まぁ作者が最後に読者をギャフンと言わせたいなら別だけど
  17. 恋愛の前に地球の危機だし恋愛の話がどうなるかなんて最終回読めばわかるんじゃね?程度のもん

    落書きと開き直る奴がいる場所はやっぱり書きにくいな
  18. 空知はドラクエで天空の花嫁推しだし、銀魂での恋愛要素は違和感ないから誰と誰がくっつくのは問題なくね
    確かに恋愛脳キャラは評判悪いけど、人気投票じゃ上位にここじゃ揉める月詠がいるわけだし
    九ちゃんも上位だし
    土方だって恋愛脳ってほどではないけど恋愛要素はあったじゃん
    ミツバ篇で寧ろ人気上がった方だし
    未だにミツバも人気投票に30位以内にはいるわけだしね
    よく恋愛要素どうこう言うけど、カイジみたいに話の内容だけで人気が持続する作品は中々ないぞ
  19. 匿名の書き込みなので
    何とかの落書きと同等です
  20. つまらないならつまらないでその理由をきちんと書くべきだと思う
    ここは何とかの落書きではないのだから
    何とかの落書きと同じなんて言ったらここのサイト主の人がどう思うだろう
    同じ場面の繰返しと言うのも、じゃあ具体的にどんな場面を見たいのか書くべきだろうな
    落書きする場所ではない
  21. なんでこんなつまらないんだろう
  22. いや、銀魂に恋愛要素はいらないって
    実際、恋愛脳キャラは評判悪いし
    ラブコメやりたいなら銀魂じゃなくてもいい訳だし


  23. 物語は終わりに向かって突き進む
    万屋は続いていく、ありふれた日常に戻る
    問題が片付いたらあとはそれぞれの未来が垣間見れる
    そんな楽しい最後であればいいよ
    その未来が想像できるようなわくわくするようなものであればいいねえ
    悪いけど、ギャグとシリアスとアクションと人情に隠れたほのかな恋愛の灯火だって楽ししめる読み物だと思う
    どれが欠けてもバランス悪く内容により文句のあるのは人気がある証拠
    シリアスが強いとギャグを懐かしみ
    アクションが強いとあのキャラは進展しているかが気になるファンもいるはずだ
    仲良く喧嘩しよう
  24. 銀魂に一刻も早く終わってもらわなければ困る他漫画の信者の荒らしはスルー
    他漫画にお帰り下さい
  25. もう何年?
    15年目だけど?
    そして最終章でどんなに長くても今年中か来春には終わる
    15年やった割には引出し多かったと思うがな
    最後の数ページ読めばどんな話がわかるとか罵るなら本当読むのやめた方がいい
    こう書くと信者とか言うんだろうが、この漫画の良さを微塵も感じられないみたいだからな
    欠点はあっても少しでも読む価値あると思ってるならそんな書き方しないだろ
    ただ貶して皆を不愉快にさせる為に書き込んでる荒らしとしか思えない
    もし銀魂に多少でも良い所感じるならそれも併記しろよ
    最後の数ページだけ読めば済むネタ切れだけなら普通読むのやめるけどな
    自分の気にならない最終章だから他の奴不愉快にして鬱憤晴らししてるだけだろ
  26. 今回は四天王篇とは違う地球全体の危機
    それにかぶき町の住民が全てをメインに任せて震えてるのも似合わない
    辰五郎が攘夷戦争でどんな風に散ったのかも描かれたし柳生もかぶき町も1エピソード烙陽の神威戦ほど長くやってるわけでなし別に気にならないな
  27. 出てくる人が違うから既視感なんてものはない。銀魂って所詮キャラマンガなんだと思うよ。空知もキャラの人生書き切りたいのがひしひしと伝わるじゃん。キャラ中心!なんて馬鹿にせずちゃんと一人一人の人生見てあげれば同じになんて見えないけどね。
  28. 隔週毎に既視感のある終わり方ばっかりしてるよね。あれこの終わり方先々週見たような…みたいな。
    最後の一ページ見れば話の内容は理解できるのに、もう何年戦い続けてるんだろうね。
  29. ずっと銀魂を好きなファンが納得できる内容にしてほしいなって思ってる
  30. 思わせぶりがあるから最後絶対誰かくっつくと思ってるのは妄想
  31. 全てを読者に委ねてたら漫画家が漫画を描いてる意味が無くなるよ。
    どっちが漫画を読んでるか分からなくなるよ。
  32. なんかカプ否定派の方がやたらナルト鰤のラストを気にしてね?
    心配しなくても空知は他と被るような事はしないよ

  33. 思わせぶりだと思ってるのは読者だけ
    しかも読む視点を変えるだけで皆見方が変わるみたい
    これマジで銀魂の不思議な所
    解釈を読者に委ねてる
    だから解釈違いで戦争になる
    マジで銀魂の不思議な所
  34. 誰ともくっつかないから銀魂が成立するんだお

    原作で思わせぶりに描いてるのに結論を出せないのは無責任だね本当に残念だよ・・・
  35. 「俺がおっちんでもお前がおっちんでも」で銀さん最後死ぬんじゃね?って思ってしまった。で、新八神楽が町の意思を引き継いで強く生きていこうとするラスト、みたいな。
  36. 銀さんはね
    誰ともくっつかないから
    銀魂が成立するんだお
  37. 確かに誰と誰が結ばれました〜!結婚しました〜!子供産まれました〜!みたいなラストが見える漫画じゃないわな
    そんな作風じゃないし
    無理矢理そんなラストにしても何か白々しく思えてしまうかも
    別の作品なのにナルトや鰤がそうなったから銀魂も当然そうなるとか考える方がおかしい
    煽りかもしれないけどな
  38. 物語は終わりに向かって突き進む
    万屋は続いていく、ありふれた日常に戻る
    問題が片付いたらあとはそれぞれの未来が垣間見れる
    そんな楽しい最後であればいいよ
    その未来が想像できるようなわくわくするようなものであればいいねえ
    悪いけど、ギャグとシリアスとアクションと人情に隠れたほのかな恋愛の灯火を楽しむ読み物だと思う
    どれが欠けてもバランス悪く内容により文句のあるのは人気がある証拠
    シリアスが強いとギャグを懐かしみ
    アクションが強いとあのキャラは進展しているかが気になる訳
    仲良く喧嘩しよう
  39. 辰五郎が皆を見守ってる姿をお登勢さんが見てそのあと微笑んで前を向き歩き出した
    次郎長、辰五郎、お登勢さんの物語はこれで完結
    次郎長が死ぬみたいな超展開はないと見た
  40. なんか次郎長は辰五郎と同じ死に方しそうなんだよな…
  41. ピラ子が勝男を本当に酷い目に合わせるような事はもうないだろ
    それになんやかんやで世間知らずだから勝男無しではかぶき町に戻ってきてもやっていけなさそうだし
    第一また酷い事したら今度こそ銀さんだって黙っちゃいない
  42. よくわからんけど時代も変わっていくし剣の時代が終わるように溝鼠組みたいな極道も変わっていくのかも
    極道から足を洗って堅気になるかもしれないしそうなったら次郎長はやっぱり事実上引退
    ピラ子は組長というより堅気企業の跡継ぎ
    勝男は事実上の代表として組織を動かしていくんじゃ
    ピラ子は次郎長に甘えるように勝男にも身内感覚で甘えてるのかもね
  43. ギャグでも勝男のイジリ方はちょっと無しだな
    平子反省してないだろ
  44. 時代(笑)はテーマというよりラスボスと言ってたかな(虚も含む)
    そのラスボスと戦ってるのは今は銀さんだけではなくてかぶき町の住人だったって事なんだろうな
    次郎長の話は終ったと思うし夜兎が終わればまた違う話になるだろうけどね
  45. ギャグだのシリアスだの言われるけど銀魂は人情だよな
  46. 空知が作った銀魂なんだから好きなように書いてくれればそれでいいよ
    自分はそれを楽しむだけだ
  47. 最早アンチすら寄って来ないなんてほざく奴はただの煽りアンチであってちょっとした否定するだけの普通の読者じゃないわ
  48. 盲目信者にとってはちょっとした否定でもアンチ認定するからな
    どこかのお国のようにマンセーのみ許されるそうだよ
  49. 空知が満足するものを書いてくれればそれでいいよ、ってマジで思うわ
    好きなように突っ走ってくれ
  50. もはやアンチすらいなくなって〜なんて書き方はまともな意見じゃないからスルーしてもいいな
    普通アンチはアンチ専用の場所で感想書くだろ
    最初からアンチ名乗ってどうこう言ってくる奴となんてまっとうな議論にはならない
    アンチがこういう場所に乗り込んでくる事自体おかしい
    ジャンプは新しく始まった連載で銀魂よりもっと苦戦中の作品はいくらでもあるしそれを無視して銀魂はもう誰からも見捨てられてる(だから自分の思い通りに書かないと打ち切られる)なんて奴はスルーしていい
  51. 今のテンポを遅いと感じるかこれでいいと感じるかは人それぞれだと思うな
    どっちが正しいのかなんて言い出したらキリがない
    一つ言えるのはもう連載15年目で最終章で空知は番外編とかあんまり書きたがるタイプではなさそうなので書きたい事は書いて終って欲しいし、1度終ればそれだけだという事だ
    暗殺前の日常篇やそれに挟まれたシリアスとは違うしそれと同じテンポを要求するのはおかしいと思う

    次郎長はこれ以上崩したらキャラの良さがなくなるからもうこれでいいと思うけど
    勝男とのやり取りはあくまでもギャグで基本的に信頼感はあると思う
    ピラコがこれから溝鼠組でどうなるのかはあんまりはっきり書かれないと思うし
  52. 次郎長…平子が可愛いのは分かるが組の話において勝男を蔑ろにするのはやめてくれ
    娘があれだけ引っ掻き回したの忘れてるのか?
  53. 人情味あふれる展開で自分は好きだわ
  54. 一人のファンが云々は、仮に自分の描く展開についていけるファンが一人になったとしても最後まで描いていきたい
    とかそんな意味だと思うぞ
  55. 最後にファンが1人でもいたらその人の為に描きたいって銀魂何巻で言ってるんだ?プロの漫画家が個人に向けて漫画を描くようになったらそれによって不幸になる人も出てくるぞ
    マッハのり子みたいに大衆にも見える形で個人に漫画を描いてもらえるのが1番良いよ
    まあものの例えなんだろうけどさ・・
  56. 勝男の回想が予想通り過ぎる締めかたされてて笑った
  57. 新規ファン狙ってないし
    これで去っちゃうならそれでいいし
    アンチこないなら荒れなくていいじゃんかって思うけどね〜
    空知が最後にファンが1人いたらその人のために書きたいって言ってたし
    空知が満足出来るのを見守りたいだけよ
    落ち目の時に支えるのがファンってもんよー
  58. 「自分が好きなキャラが出てないからつまらなく感じるだけ」の人毎週湧いてるけど本当見当外れで草

    そういう発想ができるのも自分がキャラ厨だからなんだろうな
  59. ジャンプで今オススメの漫画ある?教えてくれ(つД`)ノ
  60. ギャグ挟みながらシリアスってゆっくりテンポに戻してほしいな。銀魂終わったらジャンプやばくねぇ?磯辺えぐらいしか読むの無いなぁw
  61. 別にテンポの良し悪しを今気にしなくてもよくね?
    今更新規ファンなんて獲得しても終わりが決まってる以上何の意味もないしさ
    作者が描きたいことを描ききって終わらせたいのなら、最後まで残った連中でこの作品の最後を見届ければいいだけだし
    どうせ今最終章だし今年で終わるのが分かってるのだから、むしろゆっくりやってほしいくらいだ
    誰からも無関心だとか言うなら自分も無関心になりゃいいだろ、実際ナルトの戦争編や鰤の最終章も同様の理由で去った奴がちらほらいたし
    それともこの作品に早く終わってほしい都合でもあるのか?
  62. 大銀魂展で時代(笑)がテーマって言ってたのか、それ本誌で言えよ(笑)
    銀魂展行けない人の方が多いんだから

    縦軸と横軸のテーマ、時代が繋がるテーマ、変わらない魂がテーマか、これからはそれを念頭に銀魂読んでみるありがとう
  63. ちゃんとキャラを大切にして伏線を回収してってるのが分かっていいな
  64. キャラが出てないから〜つまらないと感じてるだけ〜
    なんて言ってるのはアホなの

    ストーリーのテンポ悪いから離脱する読者が多いことに気付けないのか
    もはやアンチすら寄ってこなくて信者しかいない無関心状態だというのに
  65. 人は人生を経て若者からオッサンオバハンジジイババアになっていくけど中身の魂は変わらない
    街の顔触れも変わっていくけど街の魂は変わらない
    それがテーマとも言える
  66. 辰五郎の煙の演出好きだな〜
    なんやかんやでお登勢さんも
    前に進めてるんだな〜
    時代が世代が繋がってくって大きなテーマの一つだけど好きなテーマ
  67. あと今週はお登勢さんの旦那辰五郎の話ね
    ラストでオチがついたしお登勢さんは再び前を向いて歩き出したから今週で終ったと思うけど
  68. そもそも銀魂は戦闘メインの話じゃないから。戦争でオマージュして
    その中でテーマ描いてる漫画だからね〜
    最近は感極まって泣きそうになるな
    そもそも銀さんが主人公っていうより
    銀魂のキャラはそれぞれの物語抱えながら前に進む話だから色々回りくどくみえるけど全員の話が進み出したからとんでもなく付箋回収しきってると思うよ
  69. 将軍暗殺篇以降は少しギャグは入ったりするけど基本的にずっと縦軸の伏線回収
  70. 銀魂の物語の構造は複合的で
    縦軸→銀さんやメインが時代(笑)と抗う話のシリアスを中心とした長篇
    横軸→ギャグや人情、コメディの短篇中篇
    (たまにシリアスと人情の短中篇もある)
    最終章は縦軸の物語の総決算だな
  71. 今の主役は銀さんだけではない
    銀さんも虚を頂点にしたまるっとしたラスボス、時代(笑)とずっと戦っているが
    かぶき町の住民その他だって時代(笑)と戦っている
    最終章だし色んな登場人物が時代(笑)に抗う姿を書きたい
    これが大銀魂展のコメント加味した空知の考えかと思う
  72. 作者には悪いが自分みたいに読解力のない者がテーマを読み解くのは一苦労だ。この場面や台詞がテーマなんだって分かればいいんだが馬鹿だから分からん。今はどんなテーマなんだろう
    人を助ける事か?
  73. 自分が興味あるキャラが出ないからか銀魂をギャグとしか認識してないからつまらなく感じてるだけ
    銀魂の根底にあったテーマが続々と突き詰められてるから今の長編楽しいよ
    今の登場人物が出てくる話をもう一度読む事を進める
    奥が深いで〜
  74. 虚が最期で松陽に一瞬でも戻らなければ最高の悪役になれるかもしれんな
  75. 魅力的な敵が出てこないかな
    絶対悪な奴が最近出てこない
    紅桜の似蔵がそうだったが夜右衛門を首にした時の喜々も絶対的な悪役だと思ってたのに結局ギャグをやってしまったせいで夜右衛門と将軍の立場がなくなった
    朝右衛門とそよ姫が可哀想だ
  76. よく新八と神楽が巣立ったら○○とくっついて欲しいとか言ってるやついるけどカプ厨の妄想でしかない。新八はずっとあの侍(銀さん、神楽)たちの隣にいたいって言ってんだからそれがラストなんじゃねーのかって思ってる
  77. 恋愛なしに万事屋で終わって欲しい
  78. カプ厨だろうがオタクだろうが原作読んでの感想だろ?
    寧ろ、そーゆう人を叩いてる奴はニワカが多いんだよな
    おれ達、わたし達が応援して作品が人気になったって勘違いしてる。初期からのファンはオタク扱い
    リア充ぶったニワカ達が作品のどうこう語ってほしくないね
    オタク否定して楽しいかい?
  79. ここや2見てる感じだと腐女子は相当離れてるだろ
    銀さんの恋愛関係気にしてるカプ厨ばかり
  80. ↓腐女子は男同士のカップリングを好む傾向の人だけな
  81. オタク?
    腐女子ってはっきり言えよ
  82. 誰ともくっつける気ないだろ
    作品のテーマに合ってないし
    銀魂は特にオタク読者多いから荒れそう
    変に作品のイメージ落としてまで描きたいと思ってるとは思えない
    一応候補はお妙さんや月詠なのかと思うがこの二人より酔って一夜の過ちを犯したキャサリン級のブスとデキ婚でもさせられた方が銀さんっぽい
  83. いきなりカップリング考察長文湧いてて草
    銀魂読んでるのこんなやつばっかかよ
  84. だきに何処いった?
    最強のやとら全滅させても数はまだまだ負けとるしどないすんやろな
    そして虚は何処に
  85. はーつまんね
    もう作者も惰性で描いてるんだろうな
  86. 次郎長の後には陰陽師と朝右衛門と漫画家...
    早くストーリーを進めろ
    今迄一番つまらない篇って間違いない

  87. もうなんか誰でもよくね?
    かいてんの空知なんだし
    この先どうなるかは
    空知の勝手だよ
  88. 銀さんと女性陣の誰がくっ付くとかなると、今迄の伏線や個人的な解釈だと


    スタートから柳生篇まで、銀さん自身にお妙に対する関心が強い
    (男子小学生がする好きな娘をからかうアレをよくやったり、お妙の勤め先によく足を運ぶ描写があったから)

    柳生篇後以降は、九兵衛や他女性陣との絡み、または日常回が多め

    芙蓉篇以降は、神楽との絡みが多め
    (動乱篇の後日談で初めて神楽の背中を摩る描写が出てくる)

    吉原篇後以降は、月詠との絡みが多め
    (紅蜘蛛篇で月詠の恋心が発覚)


    金魂篇から現在に掛けて伏線回収にあたってる印象があるから(金魂篇やオビワン篇、神楽の風邪ネタでの初期設定をアピールする辺り)、この辺りで銀さんのヒロインになる人は空知は決めてるんじゃないかと思う(完結篇とリンクする部分があるかもしれないし)

    長文さーせん
  89. いっちばーん

コメント入力: