食戟のソーマ ネタバレ 204話 ネタバレ 205話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ

食戟のソーマ ネタバレ 204話 ネタバレ 205話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ
食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『第十席の決意』



--------------------------------------

煽り
「来たる、十傑との対峙の時!!」

廃駅のホームで待つソーマ達

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-100.jpg


ソーマ
「ルール決めの
 合流地点…ここ?

 えらいヘンピなとこに
 降ろされたな…」

相田
「ここは普段は
 使用されていない
 駅舎でしてね…

 まぁぶっちゃけ廃駅です

 この会合のために特別に
 つきかげを乗り入れさせました

 他に都合いい場所も
 なかったもので」

城一郎
「さみー」

ソーマ
「んで、敵の皆さんは?」

相田
「あ…降りてきましたね」

ソーマ
「…ん?」

スキ−で登場する薊

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-101.jpg


無言のソーマ、タクミ
ぽかーんとする田所


「ふぅ…

 いやはや最寄りのヘリポートが
 ここの山頂だったものでね

 車を回させるより
 こちらの方が早かったんだ」

司もスノーボードで降りてくる
竜胆はソリで降りてくる

相田
「そろそろ斎藤くんや
 茜ヶ久保くん達も
 到着するようです」


「そうかい、では…
 手短に済ませようか

 効率的にスタンダップ・
 ミーティングといこう」

薊を見ているえりな

えりな
(お父様…(汗)

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-102.jpg


その様子を見ている仙左衛門

仙左衛門
「…」



--------------------------------------

全員が揃い向かい合う一同

煽り
「戦いに向け、演者は揃った!」

タクミ
「フン…前政権から
 寝返った十傑6人が勢揃いか」

ソーマ
「お、叡山先輩もいる!
 どーもどーも、

 こないだの食戟では
 どーもっした!」

ソーマを睨む叡山

叡山
「潰す」

ソーマ
「…えっと」

叡山
「潰す」

ソーマ
「…」

叡山
「潰す」

寧々
(シンプルな殺意)

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-103.jpg



「では紀ノ国、
 決戦の日時からあらためて」

寧々
「はい、六次試験(最終試験)が
 行われるひと月後

 礼文島の南端に特別会場を設け、
 連隊食戟のバトルステージとします

 今、進級試験を受けながら
 北上を続けている一般生徒達も
 観戦可能な会場を計画しています」

ソーマ
「…ふーん…見世物にしよう
 ってわけだな」

タクミ
「あぁ…オレたち反逆者が
 破れる姿をな」



--------------------------------------

仙左衛門
「…相分かった
 ではその会場にて

 勝利を収めた側が
 十傑の席を総取りでよいな」


「異議なし

 そして対戦人数は特に限定
 しない事にしましょうか

 それが連隊食戟の特徴だし、
 才波先輩の1対50なんて例も
 あります

 もしそちらに賛同者でもいれば
 50人でも100人でも

 連れてきてくれて
 構いません

 ほとんどの反逆者が
 退学となった今、
 それは難しいでしょうが」

堂島
「…ずいぶん機嫌が良いが…

 薊、この勝負のBETを
 忘れていないだろうな

 幸平達が勝ち、十傑の座につけば
 お前を総帥から追い落とせる…

 お前が仙左衛門殿を
 退任させたようにな

 お前が言う所の【餌】を出す
 料理店を殲滅するという
 絵空事も消え去り、

 セントラルも解体…
 お前が進めた【大変革】とやらは
 完全に白紙だ」


「僕らが勝てば反逆者達は
 皆、退学だ

 もう僕の盤石の体制を
 覆そうとする者は
 完全にいなくなる

 それに才波先輩が
 僕の兵隊に加わり、

 忌まわしき定食屋も
 消滅するおまけ付きです

 こんな嬉しい事は 
 なかなかありません」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-112.jpg


タクミ
「お言葉ですが、
 今オレ達の頭にあるのは
 仲間を取り返す事だけです
 これはその為の食戟だ」

ソーマ
「そーだそーだ!
 忘れてもらっちゃ困るっすよ」


「分かっているさ」



--------------------------------------

そう言うと薊が懐から数個の
生徒手帳を取り出す

ソーマ
「ん…何だありゃ」

タクミ
「…生徒手帳じゃないか?
 遠月学園の」

目を見開くえりな

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-104.jpg


えりな
(もしかして…
 緋沙子にアリス…水戸さん、
 アルディーニくん…
 極星寮のみんなの生徒手帳…?)


「もう遠月の学生では
 なくなった彼らには
 必要ないものだからね
 きちんと回収させてもらった」

司達もそれぞれ回収した
生徒手帳を取り出す

斎藤
「遠月に帰属している事を
 示す象徴だ…

 この手帳はつまり、
 退学者達の【命】と
 言い換えても差し支えない」

斎藤がもものぬいぐるみを取る

もも
「!?かえしてっ!何するのぉ
 ブッチーをかえして綜みゃん!」

ブッチーの背中の
ファスナーを開けて、
生徒手帳を入れる斎藤

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-105.jpg


もも
「あぁっ、ひどいよぉ…
 もものブッチーを都合のいい
 入れ物扱いするなんて…」

斎藤
「いつも散々引っ張ったり
 つねったりしているお前が
 言えるか」


「まぁそんなわけで
 彼らの手帳は大事に
 預かってるから

 返して欲しくばぶつかってこい
 全力で相手をするよ」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-106.jpg




--------------------------------------


「…さて、こんな所かな?
 あっ」

ソーマ
「?」


「そうだそうだ、
 大事な事を忘れていた…

 くすくす…どうやら僕は
 相当浮かれているらしいぞ

 えりな…確認しておくけど
 この連隊食戟、君は当然

 こっちのチームの
 一員だからね?」

えりな
「!」

ソーマ
「…んん?ちょっとちょっと
 何言ってんすかビックリした!

 なんでそんなこと
 中村先輩が決めんすか!」


「何言ってんすかは
 こちらの台詞だ

 総帥と十傑評議会は
 セントラルのトップに
 立つ存在…

 つまり第十席であるえりなは
 組織図上、セントラルの
 一員なんだよ?

 反逆者達と戦う事は
 当然と言える」

田所
「そ、そんな…!!」


「それにもう家出は終わりだ、
 えりな、帰っておいで、父の元へ
 これ以上の我儘は許容できない」

えりな
「…(汗」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-107.jpg


田所
「薙切さん…っ!」

ソーマ
「くそー、やべーぞ…薙切のやつ、
 親父さんにくそ弱えーからな…」

えりな
「…お父様…」

深呼吸するえりな

えりな
「…すーぅ…はー…」

ソーマ
(…ん?深呼吸…?)

えりなが力強い目で前を見る…
だがもう一度深呼吸する

えりな
「…すーっ はぁー」

ソーマ
(もう1回いった!)



--------------------------------------

【えりな回想】

えりながまだ中等部の頃…
ざわつく新十傑の任命式典

オジサン達
「中等部で十傑入り…
 前代未聞じゃないか?

 確か…【あの男】が高1で
 第三席を獲ったのが
 最年少だったはず…

 それを越えるとは…

 あぁ…あの男って
 えりな様のお父上…」

仙左衛門
「遠月学園総帥・
 薙切仙左衛門の名の下に…

 汝、薙切えりなを
 十傑第十席に任ずる」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-108.jpg


--------------------------------------

幼少のえりなに薊が言う


「えりな【神の舌】を
 持つ者には責務がある

 必ず遠月の…美食会の頂点に
 立つという責務がね

 この父もかつて辿った道…
 十傑評議会の階段を
 君も駆け上がっていきなさい」

えりな
「はい…お父様…」

虚ろ目で答えるえりな

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-109.jpg


【回想終了】



--------------------------------------

えりなの脳裏にソーマ達との
思い出が浮かんでくる

ドクンドクン…と
高鳴るえりなの鼓動

えりな
「…お父様のおっしゃる事は
 わかりました

 ならば…私は…十傑第十席の任
 返上いたします

 今から…ただの…
 ただの【薙切えりな】です!!」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-110.jpg


叡山
「バカな…!!
 十傑の座を捨てるだぁ!?」

ソーマ
「ひゅー」

えりな
「だって、そ、そうしなければ
 身も心も彼らの仲間とは
 言えませんから!!」

ニッ…笑うソーマと
微笑む仙左衛門


「えりな…」

食戟のソーマ 204話 ネタバレ 205話 ネタバレ 最新画バレ画像-111.jpg




【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「意を決す!!」

食戟のソーマ 205話 ネタバレ 206話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ へ続く
  1. もう…
    薊はえりながいなくなったら…
    葉山拾いそう←
    てか、薊って自分から
    葉山欲しがってたよな?
    退学仕掛けるって何なの?
    えりなみたいに神の嗅覚とかにしてやれ←
    朝里
  2. 叡山のときも思ったけど100%勝つの確定の勝負なんだから内容が求められるよな
    正直原作が今のままじゃ何も期待できない
  3. 結局一番強いやつ勝つんだろ。
    にんずうとかいみねーじゃん。
    司か竜胆かどっちが最後の敵になるのか
  4. ソーマはスタジエール編がおもしろかった。学園編は終わらせて、次のステップをみたい。
  5. 順当に行ってラスボスは一色になりそうだな
  6. 城一郎参加はたしかにアホだが、玉の世代同士ってのは話の流れからしてこうなってほしかったっていうことだろwww

    コメントちゃんと読めてないのに罵るのは流石にアホすぎるwww
  7. ネタじゃなかろーか?あえてスノボーやソリとかいてんのにあえておっさん臭いスキーとか大ゴマであの真剣で朝稽古と同じくネタくさい
  8. スキーで登場って・・・完全にネタに走ってるね・・・(悪いとは言っていない
  9. 城一郎参加とか玉の世代同士とか意味不明な予想してる奴なんなん?
    流石にアホすぎるだろ
  10. 薊総帥めちゃくちゃ創真の母ちゃん恨んでるな、城一郎とどっかで知り合い立ち直らせ方向性変えるきっかけになったし創真が小学生時代?もう故人みたいだから城一郎と知り合って結婚し創真生まれてから数年とかえらい短命だね、城一郎が生き方変え婿養子?か知らんけど創真母ちゃんて定食屋の娘とかただ者ではないよな
  11. 圧倒的な存在感放ってた十傑だけどもここで絶対負けるからなーこんな事ならもっと十傑の出し惜しみせず野良食戟もちゃんと描いとけばなー
  12. 玉の世代同士の食戟とかええな

    ソーマvsえりな
    田所vs葉山
    アリスvs黒木場
    タクミvs美作
    秘書子vs肉魅

    連帯食戟はこっちでたのむわ
  13. 10傑とはふつうに戦ってほしかった
    ソーマ側は3年の10傑が卒業する前に戦いたい!みたいなかんじで、10傑側は戦うメリットないから食戟やらないとかじゃなくて負けないから勝負受けるよーぐらいの余裕見せてほしかったわ

    葉山の闇落ちとか薊の話はソーマたちが3年になって10傑全員玉の世代になった物語終盤でやると思ってた
  14. 流石に城一郎参加はねーだろ笑

    新十傑2人含めて8対8とかじゃね?
  15. 十傑悲報やな、礼文島で創真達に負けて十傑陥落したら3年生は元十傑の肩書無しで卒業じゃねーか
  16. ソウマ達じゃ一席の奴に食戟でどうやっても勝てなそうだな
  17. 城一郎参加とか言ってる奴流石にネタだよな
    マジで言ってるならアホすぎる
  18. いつ終わるか楽しみだな
  19. えりな十席だったんだ!叡山新しく入ってきた十時3人に席次負けてたら受ける
  20. 城一郎が参加したら圧勝じゃん
  21. え?これって城一郎も食戟参加できるの?
  22. 今回もマンガ評論家は活き活きしてるな
  23. このままだと薊に勝てないから薊に小悪党感を追加していくスタイル
    最初に大きく描きすぎたツケが回ってきたな…
  24. 薊まじアホしか見えない
    ていうか薙切一家全部馬鹿馬鹿しい
  25. いい原作こそ絵師より少ないよ

    天野洋一先生に何度期待してがっかりしたか
  26. どーせ城一郎がまだ退学も中退もせずに
    席置いてた落ちで無双するんやろ

    つまんねー
  27. むしろ叡山先輩こそ十傑返上すべき
  28. 認知症?久我が創真達にアシストしたのぐらい知ってるよ、北海道まで来たのに食戟参加しないのかって話だしそのぐらい読み取れよ
  29. 反逆者は誰でも連れてきていいってことは、ここで一色とか加わるのかね
  30. お粗末なのは疾駆先生が考えるストーリーなんだよなぁ

    ソーマ終わったらtoshにはいい原作と組んで描いてほしい
  31. 普通に10尻と戦って欲しかったな
    もうあと5周宣告されてるだろうし
    薊政権が終わらせたのは
    マンガだった
  32. いやぁつまらん!
    料理が意味わかんないだけならともかく
    話に面白みが全くない
    美作で受けたから
    薊シュールにしまくってるけど
    寒すぎる
    いい敵っていうのは
    @本当に悪に忠実なやつ
    A変態性を帯びたやつ
    Bがちなクズ
    薊様ブレてるもん最初はクズな感じしてたけどただのアホじゃん
    薊はまじもんの悪いやつにしとくべきだった絶対
  33. 司さん、弱気モードさえ入らなきゃ
    1席オーラ全開だよな
  34. えりな様、大好き♡
    頑張れ!!
  35. 久我は既に出たやん
    認知症なの??
  36. あいつら一色先輩に久我に女木島ニキはどこで絡ますのやろ?登場は間違いないにしろ創真の援軍とかちょっと違うようだし今の2年の進級試験みたいなもんだし2年3年が援軍てのもおかしいしどこで出すんだろ
  37. とりあえず元十咳3人はよ出て来いや
  38. もう完全にソーマとえりなの物語でしかないから
    この2人以外の描写はそこまで深くやらなくていいな
    かなり長くなるし
  39. 毎度思うけど批判してる奴らのお望みの展開とやらを知りたいわ

    普通に胸熱な展開やろ

    薊が嫌われすぎ、人気なさすぎなだけに勝利したときの爽快感があるわけだし。
    これはこれで悪役としてありやろ
  40. 葉山と一緒に十傑入りしたシルエットだけの2人は名前も出ることなくフェードアウト?
  41. キチガイ中村くんに迎合してる時点で司(笑)竜胆(笑)十傑(笑)の小物感ハンパないんだよな
    必然的にこいつらに啖呵切ってるえりなもあんまりかっこよくない
    敵が魅力的じゃないと主人公サイドもバカみたいに見えるんだな
  42. 卒業生にも適応されるから堂島さん入ってくれ
  43. バカな...!?
    十傑の座を捨てるだぁ!!

    お前モブキャラかよ叡山
  44. 悪口も書けないなこれは
    アーメン
  45. 何言ったんすかはこちらの台詞だ にも笑った
  46. ズボォっといい、形といい、もものアップといい、エロwww
  47. もうこれどうにもならんだろ。
    せめてこのまま一気に完結に向かうのが最善策だよ。
  48. セントラルの皆さんがCP9に見えてしまった
  49. 薊様のスキーを楽しむ姿がシュールすぎる・・・(ー_ー;)
    名無しさん
  50. まさかの本バレ…
    生徒手帳を取り上げて見せびらかすとか、道場破りかよ
    十傑はまだ学生同士だから良いけど、高校生の子供がいる年の良い大人が同じことやるとか痛さしか感じない
  51. 原作変えろ
    せめて編集をまともな人に
  52. こんな小物の手下に成り下がってる十傑・・
    えりなに見切りをつけられ、惨敗した叡山が忠実なだけで居残る十傑はもはや十傑(笑)だな
  53. 久我は確実に参戦するだろうな
    勝ちさえすれば、十傑に戻れるんだから
    反逆者組に参加しない理由が何一つない
  54. 薊きも
  55. 潰すってうそばれかと思ってたんだけど。
  56. 美作、北条、貞塚は一次試験突破したとこは描かれてるけどそれ以降は出てないからどうなってるのかわからん
  57. 北条、美作、久我、女木島、一色が来そう 北条、美作はあえてセントラルに従って上手いこと退学を逃れたんじゃないか アレ?生き残ってるよな...?この2人... どうだったっけ?
    匿名
  58. 薊だけじゃなく司がこんな強い口調なのにも違和感が。
  59. てことは卒業生も礼文島に集結か!?
    そんな暇ないわな…w
  60. 本バレだぞ〜
  61. 食戟って卒業生にも適応されるんだよね
  62. 読解力のないバカという人に一番知性を感じない
  63. えりなは少なくともクーデター前は第10席だろ
    嘘ばれだな
  64. 「邂逅」
    電車で目的地の場所につくソーマたち
    ソーマ「どうしておまえが!?」
    そこに立っていたのは美作

    回想
    「ちょっとまってくれよ!幸平とやるのはおれだ!話が違う!」
    美作は私が育て上げた食戟クローン、君のもとに遣わせてたのは君の技術を盗むためだよ。
    回想 昴「俺はアルケミスタ!」
        「コンサル料は100万で」
    完全になり切っている昴
    「まぁどうしてもというなら考えなくもない」
    「食戟!」

    ふさぎこむ叡山
    美作「俺を上回ることができなかったな。」
      「なぜ負けたか教えてやろうか?」  
    「今の俺は薊総帥に過去の十傑のデータをもとに作られた食戟クローン」
      「いわば遠月の歴史がおれってわけだ」
      「それに少しスパイスを加え全てを上回ってる」
    薊「すばらしい!昴。君がこの私の集大成!君を量産することが遠月いや料理界の私の目標なのだ。」
     「さあ最終仕上げと行こうか!」
    美作「わかったらさっさとどきな!」
    バイクのチェーンでしばかれる叡山

    回想終了
    美作「お前確か親父に勝ったことないんだったよなぁ?」

    ソーマのおやじのオーラが美作の後ろに沸く
    ソーマ冷や汗で次号!
  65. 中等部から十傑入り•••だと⁈
  66. 良い本バレだwww
  67. エリザベスじゃなくてえりなって今何席なんだ?
  68. 結構阿呆多いんだなココ
  69. 中村君本当に小物だなww
    さすがアンケート雑魚
    さっさと中村君泣かしたれ
    名無し
  70. 城一郎はまだ生徒だったとかの展開はないか
  71. 読解力ないバカ多すぎ
  72. ↓えりなくんは、 ではなくて

    えりな、きみは


    だと思うけどアホなん
  73. えりな君に違和感。
    公私混同をしない為の言い方か嘘バレか
  74. 本バレやぞ
  75. ま〜た今回も本バレに文句言ってるバカ沸いてる。頭悪すぎるだろ
  76. 確定ネタバレとか書いといて、嘘バレやないかwww そもそもあんな喋り方しねぇしw
  77. なんか、いい話になってて草
  78. 叡山ネタの方がまだ面白い。
    名無しさん
  79. 今までで一番つまらんクソバレをありがとう。毎回嘘バレにはワクワクしてたけど、今回のはガッカリだわ。
  80. おもんな
    タイトルですでにネタバレしてんのにそこの範疇全く抜け出さずにただひたすらスベり倒すとか逆にすげぇわ
  81. ヒロアカの嘘バレはガキ臭くて無理
  82. ↓何処がだよ
  83. 本人は面白いと思って書いたんやろなあ
    死んでいいよキッズくん


    つーか改めて
    俺が書いたヒロアカのネタバレ
    【歔欷】って出来がいいなと再確認
  84. センス無さすぎ
  85. センスない嘘バレ。どうせなら喰らえや!を絡ませてよ。
  86. ワロタ
  87. ただ単純につまらん。それだけ。
  88. 握手会まで読んだ
  89. こんなクソバレでも本バレよりはるかに面白いという事実w
  90. 糞つまんねえ
  91. おもんな
  92. 基地外じみてる
    ストレートやなぁ
  93. 本編より見たい
  94. 次号から改題して宗教のソーマか
  95. どっかで見た話だな
  96. これは面白い
  97. こんなんのっけんなよ
  98. 「出家」

    きたる連隊食戟に向けて各々の技術を磨くソーマ達。
    仙左衛門「研鑽せよ!」
    そんな中、えりなだけが自分の限界に苦悩していた。
    えりな「このままでは私は・・・」
    幸平親子のおかげで、新たな道を切り開くことができたえりなだったが、その後の特訓では新しいやり方に全く馴染めないでいた。
    城一郎「・・・」

    〜翌日〜
    城一郎「えりなちゃん」
    えりな「才波様、なんでしょうか?」
    城一郎「君には自分の限界に向き合ってもらうことにした」
    えなり「!?」

    ある部屋にえりなを連れていく城一郎。
    そこは、かつて薊に洗脳を施された場所によく似た部屋だった。
    城一郎「えりなちゃん、君には過去の自分を乗り越えるために、ここで一週間寝食してもらう。外に出れるのは俺が許可した時だけだ。その間の給料は5万で我慢してくれ」

    その後、タコ部屋のような場所で過酷な生活を送るえりな。
    外出を許されるのは、ファンとの握手会やグラビア撮影の時だけだった。
    えりな(こんなヌルヌルで気持ち悪い手にの人と握手しないといけないなんて・・・)
    また、作者の指名により自分の思いとは反するような映画の出演も決まった。
    えりな(人を食べるような役なんてやりたくない・・・)

    えりなの心と身体はボロボロになっていった。

    〜1週間後〜
    城一郎「えりなちゃん!よく耐えてくれたね!これで君も立派な・・・」
    えりな「・・・します」
    城一郎「?」
    えりな「美食の科学(セントラル)に出家します。」
    城一郎「は?何言ってるんだ。ふざけんのはよせ。そんなことをすれば何人もの人に迷惑がかかる!俺やソーマにとってウザい案件だし、ファンも悲しむぞ!端的にいって基地外じみてる!」
    えりな「何を言われても、私の気持ちは変わりません。苦しい時、私を支えてくれたのはお父様と美食の科学でした。ことの詳細は美食の科学から出版される私の暴露本に全部書いてますので、それをお読みになってください。」

    煽り「次回、新章突入!!戦いの場は食戟から宗教へ!!」
  99. タクミ・アルディー2
  100. 1コメ(^^)/

コメント入力: