キングダム ネタバレ 512話 ネタバレ 513話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ

キングダム ネタバレ 512話 ネタバレ 513話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ
キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『鄴の正体』



--------------------------------------

煽り
「列尾城から突如消えた
 王翦の足取り…

 秦連合軍総大将自ら
 駆け抜けた先に
 広がるものとは!?」

森を駆けている王翦達

ナレーション
「秦連合軍が
 列尾を落として二日…

 つまり王翦が列尾城から
 姿を消して二日後」

王翦
「…止まれ」

ナレーション
「ようやく王翦は
 【目的】とするものを
 その肉眼でとらえた
 趙国第二都市【鄴】」

煽り
「秦連合軍、攻略標的
 巨大に、堅牢に鎮座する
 趙王都圏最重要拠点」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-103.jpg


王翦達が森の中から
鄴の城を見ている

部下
「…な…なんだ
 あの巨大な望楼は…
 こ…これが…鄴っ!」

王翦
「…」

城を凝視している王翦

王翦
「…」

亜光
「聞いていたものと
 大分様子が違う

 近年、李牧が大改修を
 行ったという噂は
 本当だったようだ」

部下
「!」

亜光
「…愚将には尋常ならざる
 城に見えまするが…

 あの鄴城、王翦様の目には
 どのように…」

部下達
「…」

王翦
「…完璧だ」

部下達
「!?」

王翦の言った言葉が
聞こえなかったのか
怪訝な表情の部下達

だがその時、王翦が
ハッキリと言葉にする

王翦
「完璧な城だ
 あの城は【攻め落とせぬ】」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-101.jpg


部下達
「!?(汗
 っ…でっ、では
 今回の連合軍の遠征は…
 王翦様っ!王翦様!」

王翦
「亜光」

亜光
「ハ!」

王翦
「王都圏全域の地図を出せ」

亜光
「ハ!」

部下達
「!?…!」



--------------------------------------

馬から降りた王翦が
地図を広げて地面に座る

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-120.jpg


王翦
「鄴までの間に存在する城は
 八つで正確か?」

亜光
「いえ、斥候の話では
 紀音(きおん)の北西に
 もう一つ小都市があると」

王翦
「北西に南里だ?」

亜門
「二十里程です」

部下
(…ぬっ!?
 …ま、まさか!

 こっ、この場で軍略を
 練られるおつもりか!?(汗

 バカな!!
 ここは趙王都圏の
 深部だぞ!!

 ただでさえ
 敵の目につかぬよう
 小隊で来ている!

 こんな所で敵に
 見つかりでもすれば
 一溜まりもなく…)

その時、2人の趙兵が現れる

趙兵
「ん?何だ貴様ら
 そこで何をしている」

部下達
「!!」

部下達
(あっ!)

王翦
「…」

趙兵
「ん?貴様ら
 鄴の兵ではないな
 どこの所属だ」

次の瞬間、亜光が
2人の趙兵を斬り捨てる

趙兵
「あっ!」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-121.jpg




--------------------------------------

だがその騒ぎを聞きつけて
別の趙兵がやってくる

趙兵
「どうした!何の騒ぎだ!」

部下
「!」

部下
(くっ、部隊がいるぞっ!!)

部下
「…」

部下
(王翦様お早く!)

王翦
「亜光」

亜光
「…こちらの倍程度かと」

王翦
「…よいか?」

亜光
「心ゆくまで」

部下達
「…くっ」

覚悟を決める部下達が
趙兵と戦闘を開始する

激しくぶつかりあい
血しぶきや首が飛びあう

そんな戦乱の中で王翦は
地図の前に座り軍略を練る

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-104.jpg


ナレーション
「そしてそこから二日後」

秦兵見張り
「ん!?」

戻って来た王翦と部下達
列尾城に戻ってきた

ナレーション
「列尾に戻った王翦は
 連合軍の将校達に
 号令を下した」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-125.jpg




--------------------------------------

王翦の前に集まった一同

王翦
「既に気づいた者も
 いるかも知れぬが

 昌平君の授けた鄴攻略の策は
 この列尾で潰えた」


「!?」

兵達
「!?」

信&河了貂
「…」

蒙恬&王墳
「…」

楊端和&桓騎
「…」

王翦
「よって、この連合軍は
 【私の策をもって列尾を越える】」


「!!」

信&河了貂
(王翦将軍の策で)

王賁
(列尾を…)

蒙恬
(越える…!)

王翦
「つまり、ここからは
 この王翦と李牧の
 知略の戦いだ」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-105.jpg


信&河了貂&蒙恬
「…(汗」

王墳
「…」

王翦
「全ての兵糧を持ち
 全軍で出陣だ
 …鄴を奪うぞ」

ナレーション
「秦国連合軍、
 国門、列尾を越えて

 趙王都圏へ
 全軍進撃開始!!」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-123.jpg




--------------------------------------

【趙 切城】

ナレーション
「太行山脈山道にある小城
 北西からの王都圏入口
 閼与まで二日の場所」

伝令
「鳥からの急報です!」

文官
「…何じゃとォ!?」

目を見開く李牧

李牧
(入ってきた!?
 なぜ入ってきた王翦…

 脱出口のない包囲線の先に
 勝機を見ィ出したとでも
 言うのか…

 もしそうだとするならば…
 それは完全なる読み間違いだぞ
 王翦)

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-124.jpg


李牧
「静かに!」

文官達
「!!」

李牧
「聞いての通り
 秦軍が列尾を越えた事で
 いよいよこれから本当に

 趙秦両国の命運を
 占う戦いへと突入します」

カイネ
「!」

傅抵
「!」

カイネ
「国の命運を占う戦い…」

李牧
「前に伝えたように
 秦軍の狙いは【鄴】です

 もしあの鄴を落とされる
 ような事があれば

 王都邯鄲の喉元まで
 秦の刃が迫る事となり

 大国、晋より分裂して
 およそ百七十年続いた
 趙王国が

 滅亡する危機へと
 瀕する事になります」

カイネ
「!趙(くに)が…滅ぶ…!」

李牧
「しかし、この晋連合軍を
 王都圏内で殲滅すれば
 秦は二十万という大軍と

 今や大将軍級の
 王翦・桓騎・楊端和

 更にその下に連なる
 有能な武将達

 全員を一気に
 失う事になります

 それはつまり、あの秦王の
 【中華統一】という野望が
 潰える事に直結します!」

カイネ
「!」

カイネが政の言葉を思い返す


【秦は武力を以て趙を含む
 六国全てを攻め滅ぼし
 中華を統一する!!】

カイネ
「…」

キングダム 512話 ネタバレ 513話 ネタバレ-106.jpg


李牧
「そして結末は
 間違いなく後者です

 すぐに山脈西を南下中の
 扈輒将軍に列尾攻めの鳥を

 王都圏の各軍にも同じく伝令を
 包囲戦に入ります!!」

部下達
「ハハァ!!」



【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「秦の野望も、理想すらも
 殲滅せんとする趙総大将・李牧

 いよいよ両軍総大将同士の
 衝突が始まる!?」

キングダム 513話 ネタバレ 514話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ へ続く
  1. 明日は、本バレだ!
    キョウカイ、今週こそお願いします!
  2. ↓わかる人には、わかってもらえる!
  3. アホなネタに弱いから俺的には蒙毅ネタ笑ったけどな
    最後に蒙恬がも〜・になって軽く引いてたし
  4. ↓ゴミみたいな文章w
  5. 草食系男子・蒙毅D

    介億から授かった「秦・太后」の写真集…
    しかし、蒙毅には、まだまだ刺激が強すぎた!

    蒙毅「困ったなぁ〜どうしよう。太后様、こんな写真集まで出していたんだ〜」

    「これが公になれば、大王様の威信に関わる。処分してしまいたいが…介億先生から、もらった物だからなぁ〜」

    「後で返せと言われたら困るし…」

    蒙毅は、悩んでいた。蒙毅にとって太后は母親より年上!女性として意識出来なかった。

    蒙毅「そうだ!前線の兄上に送ろう」

    「兄上なら、何とかしてくれるだろう。介億先生には、兄上に取られたと言えばいい」

    蒙毅は、手紙を添えて写真集を蒙恬に送った

    蒙恬「…蒙毅」
  6. 草食系男子・蒙毅C

    介億のコレクションをガン見する蒙毅!背後から近づく人影が…

    介億「蒙毅!」

    蒙毅「わっ!せ、先生…」

    「す、スミマセン!お、落ちていたのでつい…」

    介億「ムフフ、構いません!」

    「貴方も男ですからねぇ〜女体に関心が有るのは当然です」

    蒙毅「…」

    介億「これを貴方に差し上げましょう」

    蒙毅「こ、これは?」

    介億「ムフフ、レア物ですよ」

    蒙毅は、書物を見開いた。

    蒙毅「…」

    中身は、なんと秦王政の母親・太后の写真集であった。蒙毅には、まだまだ刺激が強すぎた!
  7. ↓そお、所詮は妄想の世界、ムキなるだけ損
  8. だから凡人では弱点と思わなくても、李牧級には弱点と映るんでないの?って話なんだけどな。
    まぁ妄想の世界であーだこーだ言っても仕方ないけど、ケイシャの言う弱点と李牧の言う弱点が同じこと指してるなら奇策でしくじりそうになった時の対応の事なのかなって思っただけ。偉そうに書いてすまんかった。
  9. ↓本当は読みたいんだろ?肉食系!キモっ!
  10. 草食系男子.蒙毅C

    蒙毅「見ました。」

  11. 草食系男子・蒙毅B

    介億の部屋で見つけた一冊の書物!表紙には【楚】【極秘】の文字が…
    恐らく介億が計画した、楚攻略の計画書であろうと、蒙毅は思った。

    見たい!けど見てはならない!蒙毅の心は葛藤していた。

    しかし、蒙毅は今後の為に目を通す事を決めた。

    蒙毅「よし!やっぱり、少しだけ見せてもらおぅ」

    「そして、僕は僕なりのプランを考えればいい!仮に、被ったらカンニングしたと疑われるかもしれないし…」

    蒙毅は、意を決して書物を見開いた!

    蒙毅「こ、こ、これは!」その中身は、驚愕の内容であった。

    なんと、その書物は…

    楚の将軍・カリンの写真集であった!!

    そして、部屋の入り口からは誰かの視線が…

    介億「ムフフ、見ましたね。蒙毅♥」






  12. 策士策に溺れる可能性があるのは尤もな意見だがそれは桓騎に限った事ではない。軍であって軍でないという表現は堅苦しい縛りがない、陵辱、虐殺、拷問etcやりたい放題出来る桓騎軍のスタイルってだけで、軍であって軍でなくても黒羊戦見る限り、予測不可能な事態になった際の雷土達の火兎、黒桜軍のキスイ出現時の風向きを読んだ上での引き際の早さ等瞬時に対応しきれる機転と臨機応変さが描かれている。よって桓騎の弱点という程でもないと思う。
  13. イェイ
  14. カンキの弱点

    策士策に溺れる可能性があること。
    情報収集能力と戦場での類い稀なる予測能力が凄すぎるため、奇襲すらもカンキにとっては正攻法となる。
    ただ、黒洋でのキスイの登場のように
    予測不可能な事態が生じた瞬間、軍でないカンキ軍は組織的な対応を瞬時にできないことがある。

    レベルの高すぎる話だが、李牧やケイシャレベルになると弱点と映るのかもしれない。
  15. キングダムってタイトルからカンキキャラは浮いてるよね?
    当初からフラグたってるしね
  16. キスイが砦に居続けたら、カンキは離眼で住民を皆殺しにしていたか、人質にしてキスイを降服させていた。
    あの戦いは、キスイの人気を逆手に取ったカンキの勝利!
  17. カンキの弱点はゼノウが寝返る可能性があること
  18. 冷酷・無慈悲・残虐のイメージが強いカンキの弱点とは、イメージとは真逆で人の心情を重んじる所ではないでしょうか

    黒羊戦でも、【離眼救出に出る】と一か八かの賭けに出たのではなく必ず【救出にでる】という根拠があったからです。キスイが離眼を見捨て砦の強化に着手していれば趙軍の勝利となっていました。
  19. 寒気だけに暑さに弱い
  20. なんちゃってじゃねーよ、お前2度とくるなー
  21. 雨季でやられる カンキだけに!
    ビジュアル重視のカンキは雨すら嫌うってね
    なんちゃってw
  22. カンキの弱点、予想サイトみたいなのでも部下の忠誠心がないとかあるけどそれはさすがにないだろ。黒羊でも部下はカンキの号令があるまではちゃんと待機したり、カンキの作戦を信以外はちゃんと実行したわけだから。外から見たら忠誠心がないとしても気づく要素がない。

    「ここは軍であって、軍じゃない」っていうのはカンキの生い立ちの伏線だと思うぞ。幼少期にカンキの住む国か城を軍に今カンキがやってるみたいに虐殺されて、軍や国に怒り覚えて今の人格になった。だから、軍のやり方を毛嫌いしてる。みたいな。
    ここは腹先生の腕の見せどころ
  23. 趙王がまともなら李牧が間違いなく、一番だろう!
  24. ↓10くらい
    何かソレあるかもね
    中華統一を今まで会った誰より大悪党と言ってるし、被害最小で最大武功を狙うし。
    離脱説も多いに納得

    お頭が李牧の博打戦術の釣りに騙されるってのはどの武将でも当てはまるから弱点ではないよな
    どの戦場、どの武将でも当てはまるから。

    腹先生と変集者も見てるだろうからどんどんハードル上げたいね
  25. 桓騎の弱点より桓騎の最期のほうが気になる。ハンオキ説消えたから燕亡命も無いだろし、中途半端になるよりは壮絶な最期も見てみたい。ホウケンにやられるような展開は嫌だな、本能寺の信長みたいに炎に包まれて消えてくようなイメージかなぁ?
  26. 一番のヤマ場は楚戦だと思う
    昌平君が裏切り、昌平君vs蒙武の
    親友同士の熱く悲しい戦いが早く見たい…!
  27. 全中華の歴史で五本の指はさすがに言いすぎだろ
  28. 秦の中華統一に一番貢献したのは王翦だからここから王翦の無双が始まるだろうな。
    李牧はカンキには勝つからそれなりに見せ場はあるだろう。
    李牧は列尾を奪い返して兵站を止めるつもりだが王翦も鄴の周りの城を取って趙の兵站を止めるつもりかな...
    予想としてはいまいちな気がするが^_^
  29. ついに王翦が真の実力を見せるか
    李牧と王翦は長い全中華の時代の中でも五本の指に入るレベルの将軍だからこれからは二人の戦いになるな
  30. 三軍+三隊に分けて2,2,2,1,1,1の配分で周辺の城を攻略していく
    王翦は一つ目の城を落とした時点で精鋭率いて離脱
    代理指揮官にキョウカイが大抜擢
    次々と城を落とされて焦った趙軍がギョウから援軍を出したところに王翦の精鋭隊が急襲かけて陥落

    と妄想した
    まあないだろうけど
  31. 間違えた。楽しい戦。自分の思い通りにさせてくれるみたいな。
  32. カンキは楽しい好きなんだと思う。=自分の好きできる。モウゴウの時は条件を満たしてたんだろう。昌平君は構想に合ってる間はいいけど、今後はどうかな。
  33. んな劇辛でもあるまいし。
  34. カンキの弱点はおそらく国の争いに無関心なところ。そこを李牧につつかれて今よりいい条件提示されて国を離れるって感じで裏切りそう。
  35. そもそも、カンキはどうやって秦に入ってきたのかな。
  36. 史実ではカンキはリボクに手酷くやられて
    秦に帰れず燕にいったとかいかないとか
    好きな将軍なんで実は策でわざと負けてたとか
    そんな展開に期待したい
    リボクは裏切りの嫌疑をかけられて処断
    されたわけだしそれもオウセンの策とか
    だったら熱いんだけどw
  37. 趙を滅ぼすまでが一番の山場になりそうだし
    その後はサクサク進むんじゃないかね?
  38. 100巻以内に終わらせたいって原先生言ってたけど、このペースだと無理じゃない??
  39. 黒羊編後のすぐにズバリ桓騎将軍の弱点書いてる人いたね。あれは納得の内容だった。
  40. コチョウ将軍のいる城には敵が攻めて来ないから守護神だったりして
    計らずもそういう巡り合わせになるとか(笑
  41. 桓騎については弱点も生い立ちも、作者は随分引っ張るよね、数年後には忘れてるかも。
  42. とりあえずカンキの弱点を語るときは読者目線じゃなくて、あの状況でのケイシャや李牧が分かることを考えよう。
    ここでの書き込みは全部自分目線になってる。
    というわけで答えは数年お待ち下さい。
  43. 失敗したらとか読みが外れたらとか言ってたらどんな将軍も負けるだろ...
  44. ギョウは攻め落とせないからの「奪う」だから直接攻撃は無いだろうな。周辺の城を落としつつ王都に危機感を覚えさせて王とリボクの分断工作かな
  45. あ、貶す時は戦国四君の一人、孟嘗君にちなんで妄想君と罵倒してくれたまへ。
  46. 慶舎と李牧の言う桓齮の弱点は戦術的な点じゃなくて戦略的な方じゃないの。
    圧倒的勝利を目指した奇策を打ち出して成功するけど失敗した時の保険が無い。
    魏戦の本陣攻撃も合従戦の潜入も退路がない事で予想外の奇策が成立したけどほぼ博打。慶舎を逃がしかけた時も次の手は無かったのに偶々信が斬っちゃった。キスイの時も読みが外れれば唯の膠着状態でまた考えればいいや感ありあり。
    だから桓齮には博打を仕掛けさせて(成功すると思わせて)反撃すれば瓦解する。
    始皇十三年は武城だの平陽だの邯鄲の南で戦っていた、十四年も初めは平陽からだったが途中からいきなり宜安(現在の石家荘市付近で邯鄲より北)を攻めて後方霍乱を始めたところで李牧にやられる。
    つまり「桓齮は宜安攻略の博打で釣り出されて罠にかかった」という解釈を元にこれまでの奇襲戦を逆算してキングダムで描いたんじゃないかなと史書を読んでて「妄想」。
  47. 合従軍に攻められた時点で普通勝てる訳ないんだから忠誠心低い奴は逃げ出すだろ。
    あの状況で韓将取りに行く根性あるのにすぐ戦投げ出すか?
    お前こそもっと理解力つけろ
  48. 今までカンキの相手がザコ過ぎた?
    廉頗四天王、韓のセイカイ、キスイにケイシャ、他の将軍より頑張ってね?
  49. カンキの弱点について
    みんなもっと理解力をつけよう。

    信→天下の大将軍
    レンパ→戦が全て
    オウセン→自分の国が欲しい
    チョウトウ→国の為
    カンキ→国が滅びようが中華統一だろうがどうでもいい

    ただ今まで相手が雑魚過ぎただけでいまの役職にいるだけ。
    当然戦を投げるのも早い
  50. 黒羊で桓騎軍が村焼きしてるのを信達が見つけた時に、下っ端がお頭の命令でやってる(やらされてる感)ってサラっと言っちゃってるのを思い出した
    やはり下っ端の忠誠心が低いのが弱みになるのか
  51. 「「攻め」落とせぬ」だからなぁ…。
    ドリフターズの黒王軍よろしく、鄴をわざと逃した九城分の民と怪我人で溢れさせ、白起よろしく兵糧攻めかねぇ…?で、食料ないのわかっているから精鋭だけで攻め落としたのでは?そのままの大軍で行ったら正しく白起と同じ事しなきゃならなくなるし。
    カンキは単純に攻撃極振りで防衛はからっきし弱いか、攻めも誘き出して叩くしか出来ないんじゃないかね?その為(恨みを集めて挑発に乗りやすくする為)に首斬りカンキやるのだろうし。で、逆に挑発に乗ってクリクリ踊りながらクソ漏らしちゃうんだろうな。
  52. 包囲戦は李朴からの指令が重要。鳥を使ってるから、弓矢兄弟が伝書鳩を撃ちまくり李朴からの指令を断つ。
  53. 宜安の戦いちょっと見たけど、桓騎の弱点とゆうか、桓騎軍の弱点って事か…
    お頭死なないでほしいー
  54. ワンピースの嘘バレが最高にクオリティ高すぎてヤバイ

    キングダムの嘘バレもアレぐらいクオリティ欲しいわ
  55. おおい!誰か!キングダム・ガイドブック持ってる奴
    桓騎は宜安で、どうして李牧に敗けたか、教えてくれ!!
  56. キングダーム\(〒∀〒)/
  57. 信じるかどうかは、あなた次第!
  58. 桓騎軍は軍であって、軍ではない。
    つまり、桓騎軍はちょっと桓騎が目を放すとサボる癖がある。
    だから、桓騎軍を一時的に分裂させて、桓騎がいない方を叩けばいいわけ。
  59. 忠誠心なかったら合従軍でのアレは成功してないと思うけどね。
  60. 桓騎の弱点なんて簡単じゃん!
    最終的に、宜安で李牧に敗れるんだから、その時の敗因がそのまま答えだよ。
  61. 水攻めを言う奴は今後黙れな。論外だから。
    こっからは李牧との戦略戦だからら。
  62. そう。忠誠心があるのは、雷土、国桜、魔論など、一部の副官だけ。
  63. なるほど!
    確かに、那貴が「ここは軍であって、軍じゃない」って言ってたもんな。
  64. 平地戦が弱いなんて描写どこにもないけども
  65. 桓騎の弱点は、これ言っちゃっていいのかなぁ〜、部下に忠誠心がないこと。
  66. スパイだお
  67. 何回も見に来るあほがおるってこと?
  68. 平地戦はもしかしたら弱いかもしれんが、判断できない。強い奴との一騎打ちもないからビックリするくらい弱いかもwww
  69. 長文君?( ´-ω-)y‐┛~~
  70. 桓騎の弱点って、普通に「平地戦」じゃないの?
    残虐なことできなかったり、複雑な地形を生かして戦えないなら普通の将軍レベルになっちゃうとか。
    玄峰、慶舎、紀彗は深い山の中で討った(退かせた)んだし。
  71. 桓騎はむしろ、これ以上失いたくないと思って戦っている節があるけど。だから黒羊でも他軍の飛信隊を囮にしたり民間人の虐殺までして桓騎軍の被害を最小限まで抑えたわけだし。
    前に桓騎は滅んだ国の王族の生き残りと予想した人がいたけど、案外当たっているかも。
  72. それだと黒羊でリボクが弱点見つけれた理由ないじゃん
  73. 李牧の狙いはハンニバルみたいな包囲殲滅戦か。けど逃げ道を残しておかないと包囲されて死兵になって、無駄な被害を受けるので下策扱いにならんかな。
  74. 思考の浅いバカ共へ

    カンキの弱点は失うものが無い事だ。槍のシハクは死んだけど、カンキは相手が雑魚過ぎて死ねない。
    ただ世の中どうでもよすぎて殺害しまくってるだけ^ ^
    やっと李牧に負けて笑って死んでいけるってシナリオ。

    王翦は真逆キャラね^ ^

    by 長文
  75. 桓騎の最期では、蒙豪との思い出シーンがあるかな?
  76. 全てに対する怒りのことは古参でも知らないってなってるから、リボクが見つけた弱点は戦い方なんだろう。
  77. 桓騎の弱点って、ひょっとして蒙ごう?

    って、もう死んでんじゃん!
  78. 今思うと蒙ごうは桓騎の弱点というか弱味というか心中を知ってたのかな?だから曲者の桓騎を上手く操縦できてたんだ。
  79. 失うものが無い人はイケイケな時は良いけど責任感は無いよ
  80. 失うものがないことが弱点になる?強みになる気がするが
  81. 信はしっぺ返しに・・
    列尾の城壁に上にわら人形を並べるしかないなw
  82. き、君も て、天才だよ…
    怒りを冷ますんだよね?
  83. 水攻め好きだなー
    魏との戦でオウホンがするからあと20巻くらい待って
  84. 「桓騎の根っこにあるのは岩をも溶かす怒りだ」って伏線張ってるんだから、怒りの熱を冷ませばいいんだろ!

    つまり、桓騎の弱点は水責めだw
  85. あ、天才は喜んで死ぬやつね
    でも漫画なのにずいぶんと大人向けになるな
    それマジバレになったらスゲーわ!
  86. 俺もそう思う。
    オウセンはそれがわかってるから周辺の9つの城落とすことに作戦に変えた。
  87. 列尾を攻めるのは兵站を絶って秦軍を孤立させること。李牧の罠からの戦略の第一歩。列尾をそのままにしては昌平君の戦略通りに攻められることになる。
  88. ↓天才だな!
    腹先生そこまで哲学的だったとは!
  89. アンチカンキいた?キングダム自体が正義厨だから悪く描いて最後はお涙頂戴パターンなんじゃない。
  90. カンキの弱点は失うものが無い事だよ。槍のシハクは死んだけどカンキは戦相手が雑魚すぎるだけで死ねない。
    ただ世の中どうでもよ過ぎて何となく殺害しまくってるだけだぜ
    やっと李牧に負けて喜んで死んでいくカンキってシナリオ

    王翦はその逆設定ね、考えの浅いバカ共へ
  91. アンチ桓騎の脳内変換も割りと凄いな
    どうしても下げたいみたいだが、あの蒙豪が6将級と言っている
    張唐さんも気質ガーと言っている
    勧善懲悪な正義厨には面白くないんだろうが、凄いんだよな
    残念
  92. その無駄が後で大きく響きそうな感じもするね
  93. 列尾を攻める命令をした李牧
    この時点では王翦が全軍で進軍してくるとは思ってないし、その報告も李牧には届いてなかったということでは?
  94. その思い込みが弱点。助けにこない場合を考えてない。
    リボクは趙の人間殺しまくったら助けに来ると思い込んで、奇策に出て惨敗。
  95. 見捨てれば良かったて...キスイは離眼城を見捨てられないと読んだんだからカンキ有能だろ。
  96. 秦軍全軍で列尾を出て行くのになぜ誇張将軍に列尾を攻めさせる?
  97. 黒羊ではカンキの情報収集力で勝利したようなもんなのに、欠点が情報不足て...

    的はずれな事をドヤ顔で言われても...
  98. カンキの弱点って奇策しかしてこないじゃない?黒羊でも離眼城見捨てれば趙は良かったわけだから。
  99. 結果オーライがカンキの良い所。
    結果を出す為に無駄な事省いてる感じ。
    情報不足とか言ってる奴、ちゃんとマンガ読め。
    拷問して他の将軍より情報集めてるだろ。
  100. 弱点とかいって、ただ悪口書きたいだけだろ
    あの時のケイシャと李牧視点じゃなくて自分から見た欠点書いてるだけやん
  101. ↓ちゃんと漫画読んでるか?
    表舞台に出てないキスイにも早めに気付いて対策して段取り良かったぞ?虐殺完了まで早かったし
    お目付け役もろとも少数で裏まで追って大将討って帰ろうにも帰れずの時は、戦いかたが変わったと気付いていたが信の実力では信用してなかったんじゃないかな
    正に情報戦に勝ってあり得ない損失率で最大の結果じゃなかったか?
  102. カンキの弱点か
    コクヨウでははっきりいって危なかった
    シンが戦線を押し上げ、かつそうだいしょうを打ちとったから勝てただけである。
    まず彼の欠点は情報不足
    段取りが悪い
    敵のそうだいしょうが討ち取られた情報をわざわざ目付けとしてつけた部下からも得ていない。
    情報のなんたるかをしらんおお馬鹿野郎である。

    敵将を知らず戦場の確認をしないで捕虜を戦闘中にいたぶって情報を得ている。
    まともな兵法を習っていないのかまったく無視している。
    野盗の戦い方は奇襲と同じで敵がその対策を立てるともろい。

    その点、オウセンは扱いづらい。一言で
    いえば面倒なやつ、すきがない。
  103. 画像が少しづつ変わっていく心遣いがうれしい
  104. カンキの弱点はオギコを千人将にしてる事だ
  105. 桓騎の弱点か…今後どう描かれるか楽しみだな。でも下で色々言ってる米あるけどどれも違うと思うな。そもそも内部分裂計れるって桓騎個人の弱点って言えるか?黒羊終盤での李牧、馬何時達がこの時点で桓騎の弱点を収穫の一つとしてる事から今更生まれ育ちを徹底して調べるか?しかも那貴が言うように出生不明だし。女刺客で暗殺も弱点とは言えない。俺の予想では既に答えの一部はカンコク関での韓将セイカイ討伐時に自身で語ってると見た。「身を削ってこそ大物が釣れる」って台詞だが。今迄の戦で桓騎が大物(大将首)を狙う際必ず餌を差出し身を削る傾向がある。山陽戦では隠した本陣(&雷土軍)を餌にして玄峰を討ち、最終的にも蒙豪を餌に魏本陣、白亀西も討つ。合従軍戦でも自身の持ち場を餌にして韓本陣まで侵入。黒羊戦では飛信隊を餌にしてる。要は相手が喰い付く餌(罠)を出す時が自軍も滅ぼしかねない奇策を用いる事とその際大軍でなく小隊で実行する傾向に李牧は気付いたんだろうと思う。

  106. どこから水攻めが出てきた⁉
    あと否定されたのは李牧が列尾に施していた罠が水攻めではなかったことで、この後何処でどちらがどう水攻めをしても、水攻めを外した事実は一切変わらないから。
  107. 結局水攻めだろ。馬鹿にしてた奴誰だ。
    出てこいや。
  108. この展開だと、燕の助太刀が入るな。
  109. なるほど。支城落として難民を鄴に追いやるのはなかなかエグいですね…
    あとは、趙王にそそのかさせて燕への対処を優先させる指令を出させるとか、エグそう。
  110. 包囲戦を受けながら包囲戦をするんだよね
    支城を落としまくる
  111. 王翦の戦い方が書いてある唯一の例が史記王翦列伝の対楚戦。
    李信と交代した後、「王翦至,堅壁而守之,不肯戰。荊兵數出挑戰,終不出。」
    鉄壁の守備で戦わず楚兵が挑発しても最後まで反撃しなかった…その後味方の士気が高まってからやっと攻撃。
    やってる事は史記レンパ列伝にある李牧の対匈奴戦と同じ。
    つまり王翦と李牧は同じタイプ。
  112. いよいよ来週、水攻めか
    たのしみたのしみ
  113. 今回昌平君の策がクソの役にも立たずオウセンが無双しそうなのって後の裏切りに繋がる確執の第一歩になりそう
  114. 李牧の真骨頂は拠点防衛戦だろ
  115. 攻城戦に関しては蒙驁が得意としており
    その部下であったオウセン、カンキも
    経験豊富であったと思われる。
    したがって城をめぐる戦いはオウセンが
    いるうちは秦が優位にたつであろう。
    その一方、リボクは野戦が得意で自由自在に兵を動かし、敵を分断し、軍団の体をなさないようにしてからむさぼり食う。
    上杉謙信・武田信玄・徳川家康タイプと
    いえる。
    城を取られてもじわじわと包囲ししかたなく決戦をかけてきたところを木っ端微塵に叩く。
    いつの時代もこういうやつが一番困る。
  116. 9支城を落とし難民を業に追い込み兵糧自滅待ち
    二重包囲戦の我慢比べかな。
    趙には過去の長平戦がトラウマだし。
  117. 今は始皇11年、桓齮敗走は始皇14年で3年先だから気長にマテ

    >史記によると騰は違う役割…
    官位と軍の指揮権・階級は別のもの、「内史」騰の内史は首都圏検事総長みたいな役職の官位だが軍を率いる将軍に任命もされる。
    統一後の蒙テンの官職も内史で30万を率いて外征してる
    白起の「大良造」とか項燕に殺される7「都尉」とかも官名で軍の階級名ではなくて強いて言えば将軍になれる官職
    キングダムだとぐちゃぐちゃだけど史記を見る時は区別した方がいいかも
  118. カンキの弱点ねえぇぇぇぇ

    本人も部下も野盗上がりなので
    物欲が凄い
    ということは物欲で釣れば内部
    分裂をはかれる

    一応優秀な部下はいるのだが
    織田信長のように本人が優秀すぎて
    まわりの意見をあまりあてにしていない。
    あわせて冷酷な性格なので
    恐れられている。
    明智光秀役はだれだろうねえ

    リボクのことだからカンキの
    生まれ育ちを徹底的に調べて
    カンキの痛いところをつく

    カンキが直接戦闘で強敵と
    戦っているところをみたことがない
    武勇はたいしたことないか
    であれば女好きなのでキョウカイのような手練を送り込んで暗殺する

    直感力と戦略を立てることには
    秀でているが横のつながり・
    縦の連絡網が本来の軍と比べると
    弱い。
    仲間同士も仲自体はよくない

    カンキが抜ければ軍として成り立たない

    ハートランド作戦が一番だな
  119. 二刀流ってアルスラーン戦記の大将軍キシュワードと三国無双の陸遜かよ
  120. 王翦があれだけ手際よく指揮を取ってるから、王賁が戦場で物凄い奮闘しそう
    例えば槍がへし折れて、背中の剣を抜いて二刀流で無双とか
  121. 王センが頼りになりすぎる
  122. 一番、考えやすい戦略は、周りの城を素早く落として、兵糧を追加しながら兵站を続かせ だろうな。
  123. そう言えば桓騎の弱点てなんだろね?
    劣勢になったら笛吹いて散り散りに逃げるって事だと前に書いてた人いたけどさ
    飛貂隊だって劣勢になると隊がバラバラになって貂が予測して探し出してたけどもさ
    逆に桓騎軍は散り散りになってもただでは終わらなかったから(黒曜の砦化を燃やしてきた)弱点どころか有能?
    乱戦中に偽物の笛を吹いて大混乱させられる事かな?
    これから桓騎無双も始まるから布石をどう描くか楽しみだよ
  124. オウセンという天然面白おじさん
  125. 亜光さん有能じゃんか
    少なくとも壁将軍よりスペック高そう
    私兵だから将軍とかの階級は低いのかね、関常でさえ千人将だったし
    田有千人将よか有能ぽい

    王翦は危険視されてたらしいが慕われてる感じするよ

    蒙豪が言うには桓騎も6将レベルで凄いらしいから楽しみだな

    新6将は蒙武、謄、王翦、桓騎の四人、タンワは山界の王だから別で残り2枠かね
    史記によると謄は違う役割のようだけどさ
    残り2枠も辺境を警備してた猛将とか出て来て埋まるかね
    桓騎生死不明の退場、謄は別の役割で退場、タンワは山界の統治で退場、後期の6将で若者たちがなるのかな
    もちろん壁は金で6将入りの線も在りうる、キングダムがギャグマンガに変わってきたらさ
  126. 第一話で李信将軍が身に着けてる鎧は、デザインが似てるから、王センからもらったのかしら?
  127. 王翦の仮面何コマも描くの大変そう。
  128. 王翦かっこよすぎる
  129. 周りの城を奪ってから防衛以外の兵を
    秦に帰したと思わせてからの鄴攻略かな
  130. オウセンかっこいい
  131. 物事には、順序てものがあるけど、
    仮にそのままの意味で「落とせぬ」と見たなら、
    ギョウ狙わずに王都直接頂くのもありかなあ?

    オウセンは、王都圏の地図みて策練ったわけだし

    ギョウを奪ってしまえば「(趙軍には)落とせぬ」ていう意味でしょうけどねーー
  132. 昌平君の策にはオウセンを総大将
    これがデカイ
  133. オウセンが戻ってきたシーン
    信がオウキ邸に行ったシーンに似てるね
  134. 桓騎の弱点というと、横のつながりがなく他の部隊との連携ができなくて孤立しやすいというやつか。飛信隊には無縁だな。
  135. ここで桓騎が李牧の押さえに行ってやられてる
    間に王翦が鄴を落として史実と同じにするのかな??
    信はこの敗戦で桓騎の弱点を知って
    強くなるんだろう
    言い
  136. ここで桓騎が李牧の押さえに行ってやられてる
    間に王翦が鄴を落として史実と同じにするのかな??
    信はこの敗戦で桓騎の弱点を知って
    強くなるんだろう
  137. ファルファルやお頭に人気で負ける主人公やマスコットだが、描きまくってもこのザマで差がひらく一方なんだよな
  138. 毎回のようにツーショットのある信と貂がくっつかないなんて信じられない・・・。
    それにしても作戦練ってる王翦さんかわいいな。
    名無し
  139. ハンオキは桓騎じゃなくて王翦かもね
  140. 爪を隠し続けた王翦さんは国を持ちたいどころではないぞ、セイと一緒だ
    中華という国が欲しいんだぞ。
    王翦さんは呂不韋みたいなやつを影で笑ってたぞ。
  141. 王将

    餃子の秘密は鄴に有りw
  142. 王一族

    一本足打法のヒントはこの時代にある?
  143. 昌平君が半年かけて考えた作戦が、王翦の数分座っただけのに変更になっちゃた〜
    李牧の籠城とかあるんかな
  144. 元祖3人組なんてまだ言ってる人いたんだ…
  145. いいじゃん漫画だし。
  146. 実際のところ昌平君が去った後の総司令候補は、騰と介億の二択しかないだろう
  147. 攻め落とせぬって言ってるからやっぱり平地の戦になるね。攻城戦はつまらないからどう平地の戦いに原がもって行くか興味があったから王翦の策が楽しみ^ ^
    逆に業の周りの小城をいくつも奪って業を孤立させるとか?
  148. 総司令になっても↓
    まずテンは総司令にならねーからいらん心配すんなwただでさえ軍師役で批判かってるのに総司令なんかにしたら更にうざくなるのが見えてるしそれこそテングダムになる。
  149. 壁は将軍なのに蒙恬達の会議に呼ばれないって...
    次週こそは壁の無双が見れるはず!!
  150. 列尾城の秘密書いてる↓のレス納得した!
    w(゜o゜)w
  151. 王翦
    「既に気づいた物もいるかもしれぬが昌平君の授けたギョウ攻略の策はこの列尾で潰えた」

    「!?」
    ってことは壁のあんちゃんは気づいてなかったんやな。3日間何しとったん?
    楊端和は勿論、信とかテンにも相手にされなかったのはチョット可哀想かも?
  152. 正直、この信とテンの相性の悪さ見てると
    テンには信覚醒のために華々しく散って欲しいね
  153. オリキャラの貂を史実キャラ相手にどこまで出世させていいものか原先生も悩んでると書いてたから気にはしてるのだろう
    蒙恬や蒙毅といった貂より優秀な他候補いるし、王センや蒙武達に指令を出す立場
    まあ総司令はやり過ぎだと思うな
  154. 信が大将軍、政が大王様で貂が総司令になったら元祖3人組で胸熱だな
  155. テンなんてリアクション芸ばかりなオリジナルキャラだろ。軍師なんて役与えすぎ
  156. コチョウ早く見たい笑

    何かと李牧の信頼度高いし
    趙からは「王都の守護神」て言われてるし

    守備よりの武将だと思うわ強化版李白かな
  157. 『列尾の秘密』
    【緊張感に満ちた切城】
    李牧
    「カイネ、扈輒将軍には列尾奪還後、長居は無用と追加の伝令を!」
    カイネ
    「わかりました。でも、なぜですか?李牧様の言っておられた列尾の秘密と何か関係あるのですか?」
    李牧
    「もういいでしょう、話しておきましょう。あの地は昔、他よりも低い土地で弁全という有害な気体も出ていたので埋立をしました。」
    カイネ
    「埋めてしまったのなら大丈夫なのでは?」
    李牧
    「ところが、敢て土を入れていない場所がありそこからは有毒な気体が今も出ています。ですから列尾では兵糧の安全が保てないのです。」
    カイネ
    「なるほど。それでは兵站の補給地としては使えないで、元に戻るしかないですね。ここまで見通しているとは流石は莉牧様です!」
    李牧
    「いえ、単なる手抜です。そんな事よりも次の鄴の策の方が大切です。あそこにも私の策は既に講じてあります。今は極秘ですが・・・。」
  158. さすがに史実キャラ押しのけて総司令はあるまい
    旦那の蒙毅が総司令で貂は副指令とかにするだろう
  159. 信にも長袖を(笑)
  160. 総司令になっても、あの奇妙な帽子をつけてるのかな。
    そろそろ、いい服をあげてください
  161. 信やキョウカイが大将軍、政が始皇帝になるのであれば、テンも総司令ぐらいになってくれないと、つり合いが取れないもんね。
  162. 信用じゃなくて、出来すぎて怖いんだろ
    そりゃ信に対する信頼もあるだろうが。
  163. だから、みんなこんなに嫌がってんのに、毎週、登場して色々経験を積んでいるのか〜。
    それならば、納得がいく。
  164. テンは、昌平君が楚王となったときにそのポストが空くから、未来の総司令が確約されておる。
  165. テンは項燕に殺される内の一人だろ
  166. 信とテンの関係は、魏国のガイモウとジュンソウのようなもの。
    ずっと一緒じゃないかな。
  167. テンは、出世して、文官になるな
    で、宮殿に行くのはいい
  168. キョウカイは、廉頗四天王のような将軍になるんじゃ無いかな?
    飛信隊所属で万の軍勢を率いることもできるみたいな。
  169. キョウカイも将軍になるんだよねぇ。
    若手有力株に上がってる気配がないんだけど。テンは、歴史に名を残さないんだから、出すな。軍師としても、テンが李牧と張り合った史実はないんだから。
    信はテンがいないと決められない設定なのか?ほんと、信の株が下がるわ。
    これから、ずっとこんな感じ?昌平君とセットにして、政と絡ませる方がいいんじゃないの?
  170. よしよし寒気無双が見られるぞp(^^)q
  171. 影武者どこ?
  172. 水攻めまだ?
  173. バレ513話 

    煽り 中華十槍決定戦今始まる!

    王ホン 「エイ!」
    岳櫻 「ウグッ!」
    激闘の末、王ホンが岳櫻を倒した

    王ホン 「これで十槍の一角を倒したぞ」
    関常 「若、十槍なんてありませんぞ。おもしろくないと評判です」
    王ホン 「そうか、じゃあやめよう…」

    −中華十槍決定戦の巻 完−

  174. 最前線じゃないと軍略が練れない・・・オウセンも実は本能型の臭いフェチ?
    どっかの犬死大将みたく、心の声が、ギョウの匂いを嗅がせろとかだとギャップがすげえな。
  175. 仮面取ったら以外とかわいい顔していたり
  176. 今回の見どころは、敵のど真ん中で堂々と軍略を練るオウセンのお姿。そこには政時代最強の武将たる風格があるね。
  177. バレ 513話 九城攻め2
    深夜最初の城の近くに到着したきょうかい率いる精鋭部隊

    きょうかいを先頭に黒桜、砂鬼、厘玉、那貴、我呂、松左、崇原、弓兄弟、バジオウ、シュンメン、タジフ、ランカイ、オギコ、バミュウの面々(バミュウはやはり櫛で髪を整えている)
    きょうかい「那貴、シュンメン、厘玉、松左、ランカイ着いてこい」
    きょうかいに呼ばれたメンバーが静かに城に近づいていく。

    きょうかい「ランカイ、今ここにいるメンバーを城壁の上まで飛ばしてほしい」

    「ボヘェー」と叫び次々に面々を城壁の上まで飛ばすランカイ、飛ばし終えるとバジオウ、タジフ、黒桜達のところに戻っていく

    城壁の上に集まったきょうかい達の前に謎の人影、それはこの城を守るために李牧から派遣された岳櫻だった。
    岳櫻「秦の糞どもが黒羊で無念の死を遂げた慶舎様の敵採らせてもらうぞ」

    そこにきょうかい精鋭部隊の一人が前に出る
    「きょうかい!ここは俺に任せて他の面々と下に行ってくれ」名乗りでたのは松左だった。
    そこに岳櫻が「失せろ雑魚がぁー」と槍を繰り出す。
    松左は岳櫻の槍を払い除けるとものすごい速さで岳櫻の胴に槍を打ち込む。
    岳櫻の鎧の胴には飛信隊という文字が槍につかれた傷で刻まれている。
    それを見たきょうかいは「ここは任せた」といい他の面々と城の中へと続く階段を降りていく。
    岳櫻「ほう貴様、飛信隊か名を名乗れ」
    松左「飛信隊百・・・・いや、貴様を倒して飛信隊千人将になる槍の松左」

    といい終える寸前に先ほどの松左のつきよりものすごい槍の連打が松左の武具に突き刺さる、松左の武具には夜露死苦という傷跡が刻まれている。
    岳櫻「これが将軍の槍の突きだ!しんでもらうぞ!」
    といい止めの一激を繰り出す岳櫻、とその時第三者の槍が横から伸びてきて岳櫻の槍をはじきさらに岳櫻の兜の鼻の前を覆っている部分を粉々に打ち砕きさらに鼻の上の額の部分に肉という字を刻んでいる
    岳櫻「貴様、何物だ!」

    謎の男「おれは中華一の槍遣いをめざしている、こんなとこでぐずぐずするわけにはいかぬ!」
    そこにあらわれたのは王賁

    煽り 中華十槍決定戦今始まる!!!
  178. 鄴はつい近年まで魏の領土だったはずでないの?それまで王都の喉元まで魏の刃がせまっていたのだから、鄴に対しての防衛戦はまだ再構築できると思うけど。
    表向き魏と趙が友好国だったとしても、現代日本ではあるまいし他国に対しての無防備はありえない。
  179. 「攻め落とせぬ」にルビふってあるとこが伏線だな
  180. まだか
  181. どのように9城を取るかは、史実にも書いてないから、神(作者)のみぞ知るってことだけど、王せんや桓騎将軍には、若造どもに格の違いを見せつけてやって欲しいね。
  182. 王翦の側近たちは、旧王騎軍の軍長たちよりもずっと凄そうだ。
  183. オウキやトウやヒョウコウどころか、カンキやオウセンも凄すぎて
    シン、オウホン、モウテンが、そのレベルに将来
    行ける気がしない

  184. 列尾城打ち捨てたね
  185. 「攻め落とせぬ」ってことは、周りの9城を陥落し、業を包囲して、自分から降伏させるってことだろ!?
  186. 史実を元に描いてるのに誰も予想が当たらない...
    さすがキングダム、面白い!!
  187. 昌平君、戦が始まる前に鄴の偵察とかしなかったのか?と思ってしまう。
    列尾が弱かったのは鄴に誘い込むため?だとしたら、王翦よく死ななかったな。

    ま、疑問もあるけど、面白いから、素直に楽しみます。盛り上がってきたなー。信の拡散も近し。
  188. これを見ていると、楚攻めで王翦より信の意見が採用されるのが信じられんな。やはり能力ではなく、王翦の信用の無さが信が大将を任される要因となるのか。
    王翦に犯意は無く、誤解されやすいだけと思いたい。
  189. やっぱキングダムは面白えわー!
  190. オルドも気になる。
    相手はやっぱり司馬尚?それともホウケン?
  191. 20万とか60万とかの数字は史記王翦列伝の対楚戦の話。李信20万で十分といって攻め込んで敗走、60万必要と言った王翦が代わって攻略。
    対趙戦で兵数を挙げた記述は無い。
    秦始皇本紀に「什推二人從軍取鄴安陽」とあって、10人中2人選別して従軍と読めるので兵力を5分の1に削って精兵化したもよう。
  192. 2日かけて行って、2日かけて戻って、2日かけてまた行くの?
  193. 良く考えたら、列尾から業へスンナリと行けるなんて趙の守備もザルだなw
  194. 列尾から業ってたった2日でいけるのね。
    趙は案外狭い。
  195. つまり、李牧は、絶対落ちない城を王城の隣に、欠陥だらけの城を辺境に作っちまったんだなぁ。
  196. 将棋メッチャ強そうだよな
  197. あとの歴史を考えると、王翦取り逃がした趙兵は痛恨の極みだなw
    王翦もあの状況でどんだけ死なない自信があるのか。亜光のセリフも良いな。

    漫画と言ったらそれまでだが面白い!
  198. 普通にギョウ城見に行ったんかいw
  199. 王翦の軍略のクダリカッコ良すぎや、、、
    ホンコン
  200. 確か9個とも城を落とすんだよね、、、。こっからは、カンキ無双!!!
  201. 亜光の株が俺ん中で急上昇!!!ロクオミ並みにいいキャラになってくれるのに期待!!!
  202. いや〜こんな面白い漫画マジで久しぶり(笑)

    先生すげーわ
  203. 俺が王翦ならあの小隊だけで確実に鄴を攻め落してるな
  204. 一度戻ってから戦略練るんじゃだめだったんですかね?笑
  205. オウセン隊が趙兵と戦う中でオウセンが座って軍略を練るのに集中してるシーンが今回の渾身の絵だな

    オウセンの大物感アップだな
  206. 王翦めっちゃかっこええわ
  207. オウセンよ今こそ同じ王の血を継ぐオウキの仇を打て!
    リボクの首を取れ!
  208. 王翦に軍配
  209. 9つ城落とす。
    カンキがコチョウ倒して調子乗る。
    首切りまくってリボク挑発。
    リボク我慢。
    カンキ主力使って宜安から肥下に攻めたら、
    リボクが宜安奪い返されて惨敗。カンキ逃走。

    キョウカイの活躍とカンキの回想が入る。

    トウが何気に韓潰す。

    リボクが趙王から首宣告。
    信がホウケン倒す。
    信がリボクの李の名を受け継ぐ。
    リボクがいなくなり、オウセン・ヨウタンワ・キョウカイで趙潰す。
  210. わ、我こそは長文君也!!!

    んっ!!!??っっ!!?

    か、書くことが、、、無い!!?!!

    よ、ヨウタンワ様を見つめて痛い、、!

    痛いよ!!
  211. 何か描写的に史実知らんけどリーボック負けそうやな
    オウセンが底を魅せてない描写に対してその真意を掴みかねて愚策だと思い込んでいるリーボック
    この時点で勝負ついてるやろ、秦であんだけ大口叩いてたのになぁ
  212. 初めから丸投げしたら軍総司令の意味ないだろ。
    こういうケースも考えて授けた策は全部捨てていいと言ってただろ。
    結果論で最初からこうしてたらいいとか言うなよ
  213. やっぱり昌平君が緩いわ
    リーボック並みの知力が必死のパッチで考えた策が
    もう初手の部分で負けてるとか
    そういう恐れもあるって言ってたけど
    じゃ初めからオウセン様に丸投げしてたらよかったんだよ
  214. なぜにバミュウが混ざっている
  215. バレ 第513話 九城攻め1
    王翦の天幕に集められたヨウタンワと桓騎
    王翦「話は聞いているだろう明日より3軍で9城を速攻で落とす」
    桓騎「そこまでいうのならもちろん何か仕掛けがしてあるんだろうな?」
    ヨウタンワ「仕掛け?」
    王翦「烈尾を落とした直後から全軍から選りすぐった精鋭部隊をすでに動かしてある」

    回想
    王翦の前に集められた精鋭部隊
    きょうかい、弓兄弟、バジオウ、シュンメン、タジフ、ランカイ、黒桜、厘玉、砂鬼、我呂、那貴、崇原、松左、オギコ、バミュウ(櫛で髪を整えるバミュウのコマ)
    王翦「今日までの戦いを見て諸君等の能力はよくわかった、これより業との間にある九つの城に潜入して千人将刈りを行ってもらう、隊長はきょうかい!貴様だ!やってくれるな」
    きょうかい「わかった」
    一方その頃趙では
    李牧「王翦の事だ何か仕掛けをしてくるにちがいない」
    カイネ、傅抵、舜水樹、罵南磁、紀彗、馬呈、金毛、岳櫻、公孫龍ただちに九城に入ってください!

    煽り秦対趙
    きょうかい精鋭部隊と趙九将激突
  216. 前回の内容は信はアホ丸出しすぎてwwでしたが次回の策略の動きに1週間後期待したいと思います
  217. おもしれえな
  218. 草食系男子・蒙毅B ワロタw
  219. 王翦の大物描写ほんと好きだわ
  220. 史実持ち出す空気読めない馬鹿がいるな。
  221. 攻め落とせぬ は、力で攻めても落とせないっめことじゃないかな
  222. 草食系男子・蒙毅B

    心の葛藤が続く蒙毅。
    蒙毅の様子がおかしいことを察した昌平君が一言。

    「出ていけ!」

    -草食系男子の巻 完-
  223. 史実と合わせると9城を落としたあと兵を精鋭20万と残り40万に分けて40万を秦に帰らせてるんだな。
    20万でギョウを攻め、40万で列尾をもう一度攻めて包囲を破って兵站線を再度繋げるのか。
  224. 列尾で切れる兵站線のかわりとして、9つの城を落として兵糧を略奪していく作戦かな。
  225. 実際、王センがこの時代最高の武将(政治的生き残りとしても)

    防備の強い城砦は守るのに十分な兵がいないと逆に弱くなるってのがあるから
    城としては完ぺきに仕上がっていても守れないというのがあるかもしれない
  226. その馬鹿王も、もうすぐ死んじゃうからなー
    次の王も馬鹿なんだろうけど…
  227. 確か王翦は鄴の周りの支城を攻め落としたものの60万の軍勢で鄴を攻め落せなくて、精鋭20万にしてやっと落とせたのだっけ?史実君先生。
  228. 外から攻めれないなら内の馬鹿王を利用すれば良いと思うのでは
  229. 邯鄲にいる王が9城取られたのを見て、李牧に邯鄲を厚くしろって理不尽に命令するパターンはありそうだよね。
  230. いきなり「ギョウの正体」かー
    列尾の正体はー?
  231. 趙で商人してた相国はもう失脚してるし、本国から援軍を送る余裕が秦にあるんだっけ?魏とか楚とかいるし。
    衛は趙・魏・韓の国境付近にあった気がするけど、かなり辺境じゃない?
  232. 包囲といっても兵力に差はあるだろう

    王様捕られてはダメなわけでもちろん王都側に厚くなる

    趙軍だってそんな兵力ないだろうし、そもそも包囲するからと言う設定で趙軍の兵力あいまいだからな〜


  233. 本国からの補給ができないのであれば、衛(半独立国)で食料を買い占める。このことはジョウショウにお願いしてある。それに相国はもともとこちらの出身なのでそれほどむずかしくなかろう。そのためには一定の範囲で秦の占領地が必要。周辺の城とアツヨおよびギョウ城(かたい城ではあるがかたいほど意外と中は弱い、そこをつく)を落として、今度は列尾城を本国からの応援とで挟み撃ちにする
  234. 王翦の度胸がハンパないwww
  235. また来週が楽しみ!
    コメ欄の予想も喧嘩にならなきゃ毎週楽しみ^_^
  236. 少数で業を守って、別動隊が動いて包囲を解くの?
  237. んー 楽しみ
  238. 秦って籠城してるギョウに援軍を送る余裕あるんだっけ?
  239. だから列尾再奪還って書いてる

    完璧な城だから兵力別動隊とかに割けることができる

    業は完璧な城だけど、あくまで不意討ちだから今は手薄って設定、リボクとかいないし、そもそも黒洋とかに兵力振ってるしね

    とりあえず包囲されるって、包囲解けばいいじゃん

  240. 別動隊が列尾奪還しても、業から列尾への兵站を繋げないと意味なくないか?
  241. ギョウ籠城はないだろな。周りは趙だらけで長期で囲まれたらそのうち兵糧尽きちゃう。
  242. あ、業電光石火で落とし、堅固な城で籠城する。

    完璧な城だから別動隊用意できる

    紀音に別動隊準備、信たちかな?

    列尾落とされるけど、別動隊で再奪還

    前のか、これのどちらかかな

    オウセンのか完璧な城だってのは取ってしまえばってのは間違いないね
  243. 完璧な城と言ってるんだから、やっぱり秦軍が攻めて落城させることは難しいんじゃないかな。「攻め落とせぬ」は、業そのものを攻めて落城させることはできないが、他の方法で落城させることはできるという意味では?水攻めではないと思うけど、周囲9城をとった段階の燕の動きや、趙のバカ王への心理戦がキーかも?
  244. 遂にオウセンVSリーボックの知略戦開幕!!
  245. 後軍は黒洋かどっかから来るとかだな

    とりあえず電光石火で業を落とし、堅固な城を生かして籠城

    列尾は取られた後さらに取り返す
    敵も王都側に守備に重きを置いてるし、列尾はあくまで奪還できるくらいの戦力しかないだろうからな

    それで包囲網は崩れる
  246. もう水攻め論の奴いいだろー諦め悪いわ
  247. 築城が得意なオウセンがギョウの造りを見て「完璧だ」と褒めている

    ギョウを短期決戦で落とせないと見て
    拠点を列尾から小都市に移し、ギョウに向かって周辺都市を切り取っていきそうですね

    李牧は列尾にコチョウを向かわせている

    趙全体が列尾に注目している今

    もう一度、小都市へ方向転換して
    列尾は捨てるでしょう

    「守るに適さない」上に「改修」する時間もありませんし
    列尾に固執しては、秦は敗北の道を辿ることは明らか
  248. 攻め落とせぬってのは、こちらが取ってしまえばってことだろうな

    方位されるってなるけど、列尾も挟み撃ちになるわけで、業で籠城できれば後軍で列尾再奪還って流れかな
  249. これは熱い面白い展開ですねー
    実質の最強対決だもん
  250. オウセンと李牧の知略の戦いですか、まずは李牧の読みを外して食糧を列尾から持ち出して、
    「紀音の北西のもう一つの小都市」に移しますかね。
    この小都市が李牧の秘密拠点ですかね?
  251. 何か、今回短い感じたのは、展開が面白いからか?
  252. しかし、退路と補給路を断たれて敵軍に包囲網しかれた状態で鄴を落としたとしても意味あるのかな?
    包囲される前に速攻で落とす自信が王翦にはあるってこと?
    確実に勝てる戦にしか興味はないんだったよな
  253. オイラが持っているキングダムのガイドブックには、「前236年、桓騎が王翦・楊端和らと趙の業を攻めて、9城を取る」とあるから、難攻不落の業は一旦あきらめて、その周りの城を全て陥落してから、最後に業を取る戦法に切り替えたんではないかな?!
  254. ↓面白い
  255. この城は「攻め落とせぬ」ってことは、やはり水攻めか!?
  256. 楽しみ過ぎる。また一週間長いな。
  257. 水攻めでも、影武者でも、アツヨでも無かったね。
    影武者どころか本人がギョウまでって、王翦オトコ前。アツヨはたぶんこの先の展開だね。水攻めは…、そのうちあるかもね?
  258. めっちゃ面白くなってきたな
  259. やっぱりキングダムは知略戦、武力戦を問わず将軍同士の戦いが一番盛り上がるわ
  260. でも、ちゃんと史実にはそくしてるね。
  261. 久しぶりにドキドキワクワクだね

    にょほほ 血湧き肉躍る感!?
  262. 王翦が見に行ったのはギョウだったのか!
    ストレート過ぎてこれは予想しなかったな。
    だが逆にこれからの展開が楽しみになってきた。
  263. 秦滅亡の方が面白そう。
  264. あら、面白い展開続くじゃない
    火龍だかみたいにはならなそうね
  265. 信達が絡まない方が面白いな
  266. 王翦カッコイイな
  267. 落とせない城は罠にかかったふり→呼び込み→オウセン罠絡めとり→オウセンイェーイ作戦だなw
  268. これで水攻め説は完全に消滅したな
  269. グール来たから来そうだね
  270. 待たせるなぁ
  271. タイトルが変わって本バレきたー!と思ったら
    【続く】って?
    もしかして今日は4月1日だから?
  272. 草食系男子・蒙毅A

    介億の部屋で、楊端和の写真集を見つけた蒙毅!更に、何かを発見した。

    蒙毅「ん!?こちらの書物は、なんだ?」

    「【楚】と書いてあるぞ!しかも【極秘】の捺印もある。相当重要なものなんだな!」

    蒙毅(心の声)『はっ!そ、そうか、こちらの書物は、楚攻略について書いてあるんだ!』

    『さすが、介億先生!なんだかんだ言っても、趙攻略の先を考えていらっしゃる』

    『楊端和将軍の写真集を見ていたのは、息抜きなんだな!』

    『うん!先生にも息抜きは必要だ!気にする事ではない』

    蒙毅は、楊端和の写真集を元に戻した。

    しかし、【楚】【極秘】と書いてある書物は気になって仕方なかった。

    蒙毅(心の声)『この書物の中身、気になるなぁ〜』

    『おそらく楚攻略の策が書かれているんだろうなぁ〜』

    『この中を知れば、楚攻略の会議の時に…』

    蒙毅妄想シーン

    蒙毅「先生!次の楚攻略ですが、私なりにプランを考えてきました」

    介億「ほぉ〜見せてみなさい」

    蒙毅「はい!」

    介億は、蒙毅のプランを見て驚愕した。

    介億「こ、このプランは、私の考えと、ほぼ同じです」

    「蒙毅!よくここまで成長しましたね」

    蒙毅「あ、ありがとございます」

    蒙毅妄想シーン終了

    蒙毅の顔は、ニヤついていたが、すぐさま正気に戻った。

    蒙毅(心の声)『は!やっぱりカンニングはダメだ!』

    『僕は僕なりのプランを考えなくては!』

    『でも、やっぱり見たいなぁ〜』

    心の葛藤が続く蒙毅であった。
  273. はよはよ
  274. キタかっ!
  275. もうすぐ
  276. はよ
  277. まだなのか
  278. テングダム読んでるわけではないはずなのだがな
  279. 徐々に成長していく過程を見たいけど描いてもらえない
  280. いや、キョウカイは今回の戦に活躍の構想がないのは分かる
    元々この戦で名前が出てる将と、信王賁モウテンの同時将軍昇格がやりたいんだろうし
    問題は信が貂という頭脳パーツなくしては将として成り立たないため
    結果、信より貂の視点で進行し、かつ出番も多くなるという点にある
  281. キョウカイ出さずに、テンばっかり出しゃ張らせるから、テンが嫌われるんだよ。
    キョウカイも見たいんだよ
  282. 多分便利なんだよ、作者からしたら
    貂を使って貂目線で戦を進行するのに慣れてしまった悪癖のようなもの
    でも本人は気づいてないと思われる
  283. 原先生いい加減もう貂退場させていいよ。誰も悲しまないから大丈夫描いててクソつまんないと感じながら貂描いてるからこっちにも伝わってます
  284. 信は馬鹿だから頭脳部分は全部請け負うじゃ、成長はルアアだけになるわな、そりゃ
    貂は貂で史実キャラではないので、こと史実戦では他の将よりは下げられた言動になる
    まぁ他の有名な将差し置いて、貂スゲーやられても冷めるが
    だからさ史実戦はもう飛信隊中心で話進めない方が面白いんじゃないかとすら思うね
  285. スルーねw
  286. 肉食系五話が一番笑える❗
  287. そうそう、もう22?なのに大丈夫かってなる。
  288. テンも、信も、外見と年齢の成長がイマイチ合ってないんだよね。
    衣装も、ドラエもん並みに変わらないし。
    もう少し、大人の成長をみたい。
  289. 貂も昔は可愛かったんだけどな…
    軍師にならなければもう少し愛されていただろうに…
  290. へぇ〜これがフルボッコ?(笑)
  291. どんな漫画にも面白さのピークはあるけど。
    キングダムはそれを過ぎた気がする。
    特に青年編になってから何か描き方が変わった。
    やっぱこの漫画は初陣から山陽まで、伸ばしても合従軍までが超面白いよね、て人は多いと思うよ。
    理由は色々とあるけど、ひとつは貂の視点で集中して戦が進行しない、様々な視点で描かれてる点があると思う。
  292. 貂がこういう軍議で他の将と同列扱いはほんと違和感あるな
    多分信は馬鹿だからって決めつけにより
    信という将軍の頭脳が別に切り離されてあるイメージなんだろうけど
    それなら元マスコットの妹キャラじゃないほうが良かったんだが、、、
    飛信隊改めて飛貂隊はほんとつまらんから、こういう史実戦はちゃんと他の隊をより目立たせてほしい
  293. フルボッコされててワロタ
  294. NGされるの楽しみ〜^^
  295. 読んでねえよバーカ
    長文が邪魔っつってんの
  296. 迷惑?どぉ迷惑しているんだ?
    前にも書いたが、嫌なら読まなければ済む話だろ?
  297. どこにも行かないと思うよ。相手にしてほしいだけだろうから。
    無視が一番
  298. 主婦ねぇ〜、誰か欲求不満の相手してやれよ
  299. この長文はアク禁に賛成
    嘘バレでもないバカは問題外
  300. その内アク禁になるでしょ
    みんなが迷惑してるってなったらNGしてくれるよ
  301. オリジナルの展開が書きたいなら、二次小説投稿サイトにでも行きなよ。ここと違ってその手の話が好きな人からちゃんと評価してもらえるから。
  302. 草食系男子・蒙毅@

    ある日の咸陽

    蒙毅「介億先生、趙国の資料お持ちしました」

    ドキィー!焦る介億💦

    介億「も、蒙毅ですか、驚きました」

    蒙毅「?」

    介億「し、資料ですね。そこに置いておいてください。後で見ます」

    蒙毅「はい!」

    「先生、何か御覧になっていたんですか?」

    介億「い、いえ、な、何も見ていませんよ」

    「ちょ、ちょっとトイレに行ってきます」

    と言って、腰を丸めて部屋を出る介億、蒙毅が何かに気づく…

    蒙毅「ん!先生が読んでいた書物?」

    「何だろう?凄い軍略の本かな?今、ギョウ攻略は、難航しているからなぁ〜」

    蒙毅は、ワクワクしなが書物を見開いたが…

    蒙毅(心の声)『なっ!!何だこれは?』

    蒙毅の身体に衝撃が走る

    蒙毅(心の声)『こ、これは、よ、楊端和将軍の写真集じゃないかぁー!!』

    『し、しかも、は、裸の写真も…』

    それは、蒙毅が初めて目にするものばかりであった。
    蒙毅の顔は真っ赤になり、頭の中は真っ白になっていたが、気になる事があった。

    蒙毅「か、介億先生は、これを見て何をしていたんだ?」

    更に、蒙毅は何かを発見した。

  303. 社会人で、主婦でーす。
    本バレがあがる土曜日が楽しみ。
    信が男前になってほしい!
  304. 叩かれてるバカ笑えるーw
    しかも採用もしてもらえてないしw
    ダサすぎw
  305. ↓イミフ(笑)
  306. 今回の嘘バレはよく出来てるじゃん(-ω-)
  307. 空気読めない馬鹿はキングダムスレ以外が事書くから消えてほしいと言ってるんでは?他人にペコペコ知らねーよ。アホw
  308. ↓社会人ですか?ご苦労さんッス
  309. 学生かもね。
    書き込み回数が半端ないし、春休みで時間があるのかな。
    いいなー
  310. ワイも羌カイ見たい
    出来ればスヒン見たかった
  311. リアルでも空気読めないから何?
    空気読みすぎて他人に合わせてばかりいるヤツよりマシだよ。
    お前こそ、他人の顔色ばかり気にしてペコペコしてるんだろ(笑)
  312. 羌カイのファンは多いよなぁ〜、漫画とはいえ羌カイが信とヤったら、やっぱり嫉妬するのか?
  313. 肉食系描いてる奴中学生かな?
    リアルでも空気読めない君なんだろうな
  314. 本バレまだかなー。
    キョウカイ出てたらいいな。
  315. 文句あるなら戦場で武を示しなさい٩( 'ω' )و
  316. へぇ〜女の子もいるんだぁ〜
    それなら、今度は「草食系・男子」でも書こうか?
  317. 今回初めてウソバレ書くのに一番苦労したのは、漢字の変換・・・
    人名と地名がなかなか出てこない。
    ウソバレ書く人みんなどうしてるの?
  318. 一生懸命書いたんだよね。
    ホモじゃないよ。女の子もいますよ。
    キモいけど、勝手にやってくださいな。
  319. 面白かった!
    やはり本バレと比較すると尺が足りないけど、それでもワクワクさせる展開で楽しかった!
    本バレまでの良い暇潰しになった!
  320. バレ 512話悲しき決別

    モブ兵士「たった今王翦将軍が戻られたぞー」
    モブ兵士「全員集まれとのことだ!」
    信「全員?何事だ!」

    王翦「これから二つのことだけを言い渡す!」

    王翦「まず四人組を作れ」信「4人?・・・えーと、テンこっちこいよ、あと渕さんと澤圭さんと魯延じい、これで4人と」
    きょうかいは岳雷、我呂、那貴と組んでいる
    新兵の干斗は崇原歩兵長と松左百将と田有千人将と
    尾平は中鉄狩猟長と竜有料理長と竜川と
    楚水副長は壁将軍と厘玉と陸仙
    バジオウとタジフとシュンメンとランカイ
    沛浪と去亥と田永と昂
    弓兄弟と豚兄弟
    雷土と摩論とゼノウと砂鬼
    ヨウタンワと黒桜と王賁と蒙恬
    桓騎と関常と番陽と尚鹿
    オギコとラマウジとハシュケンとバミュウ(バミュウは髪を櫛でセットしている描写)

    王翦 「どうやら4人組んだようだな、今からその四人で殺しあえ!生き残ったものだけこれから先に進軍する!!!」

    煽り さらばテン!永遠の妹!
  321. 肉食系女子・楊端和は、何話までということは決めていない。
    そもそも内容は、テキトーな思いつき!
    官能小説だとか言っている勘違いホモが、キモいとか言っているが気にならない。
  322. バレが更新されてる。管理人さんありがとー

    掲載分は私が書いたのと少しアレンジされてるけど、描きたかったのは

    ・軍議でのテンのウザさ
    ・それに対するカンキの皮肉、とくにあのカンキが「軍」というワードを使って
    ・共にギョウを2軍で攻めることになってカンキのヨウタンワに対する呼び方、リスペクトの変化
    ・父オウセンの意図を理解しながらも素直に認められないオウホンの心中
    ・モウテンの頭の回転の速さ、知識の広さ
    ・リボクサイドの混乱。リボク離脱で生じる趙軍の隙
    ・バナンジの戦闘参加への期待
    ・オウセンとオウホン、カンジョウのお互いの距離感
    ・オウセン親子が共闘する展開への期待感
    ・信の能天気度
    ・次の展開への緊張感
    ・あとは、オウセンの策がアツヨなのか!?

    単なる自己満のウソバレだけど、今日の本バレ発表が楽しみ
  323. 確かに肉食系女子シリーズはシツコイかな?
    ああいうのは2、3話ぐらいならいいと思う。それまでは批判もあまり出ていなかったし。支持してる人も居たような気がする。
    廻りの批判に対して文句があるなら、批判を無視して何話でも続けてみたら
    そのメンタル持ってたらある意味ご立派。
    でも何話までやるつもりなのかな?
  324. 王賁がしたのは敵に対しての水攻めで、その時だけのもの。ここで水攻め厨が主張していたのは、李牧が予想していないのにいつ来るかわからない秦に対して自国の国門に水攻めの準備をしていたというわけのわからない策。全然違う。
  325. やはり王翦の策はアツヨ攻めか?
    水攻めはもう無さそう。
    軍を二軍に分けるなら、信達はギョウを攻めるんだろうな。その前に公孫龍と戦ったりするのか?
    そろそろちゃんとした戦闘シーン見たい。
  326. いいじゃんいいじゃん。
    きっと、一生懸命書いたんだよ。
    相手になってもらいたいだけだと思うよ。
    確かにキモいけど(笑)
  327. キモイぞ。
    下手くそめ(笑)
  328. ま、私はここの書き込み色々たのしいですよ
    ところで、城の異変に気が付いた羌瘣たんは2日も信に黙ってる意地悪じゃないからね。やはり王翦と前後して城の外におでかけでしょうかね。きになりますね〜。
  329. でもな、水攻めに関しては実かどうかはわからんが
    魏に対してやってるからな
    この時代に黄河そのものに・・・

    違ったっけ
  330. エロを否定するヤツ、ホモか?(笑)
  331. その反応をみて、おれもワロタw
  332. 頭エロの長文が何言っても無駄
  333. 発狂しててワロタwwww
  334. これ嘘バレなの?
    なかなか本バレっぽかった
  335. ひどいねぇ〜、主でもないのに読者に「出ていけ」とか言っているヤツ!
    何の権限があって言っているのかねぇ〜、チョー勘違いヤローだよ!
    コメント数や閲覧数が増えれば、主にとっては有難いのに!
    一部の馬鹿が、足を引っ張っている。自覚が無いんだね。
    自分たちはコメント欄の番人とか思っているのかねぇ〜
    他人の意見を受け入れられない欠陥人間の戯言だね。

  336. ↓ヤダよ
  337. 肉食系の奴…
    「出ていけ!」→ピュッ、ピュッ
  338. みっともない?どこが?
    みっともないのは、他人のコメントにケチつけている連中だろ?
    しかも、一人じゃ何も言えない臆病者さ!お前もな
  339. 叩かれてギャーギャーわめくんなら書くなよ。みっともない
  340. ヤダネェ〜キモオタ連中の嘆き!
    童貞が揃って意気がるのは勝手だが、そもそも何の権限があって「出ていけ」とか言ってるんだ?
    お前らだって、他人のブログ欄で勝手な事を書いているだろ!
    それに官能小説?そんなもん書いているつもりも無いし、読んだ事もない!
    読み手の勝手な勘違いで、非難するんじゃねぇ〜よ!
    たかが漫画で、熱くネタバレ予想している方がメッチャキモいだろ!
    自分たちの事を棚に上げて、人の事を非難してるんじゃねぇ〜よ!(笑)
  341. 場違いw
    センスもねえ・・・w
  342. こいつ気分わりー
  343. 肉食系女子シリーズ書いてん奴他で書けよ!
  344. 何を書くとか自由かもしれないけどしつこ過ぎる!!一回だけなら我慢できるけど、誰も喜んでないのに勘違いし過ぎ!!消えろ!!
  345. 久しぶりにバレ見に来たんだけど、肉食系女子・楊端和シリーズとかも少し読んだけど下らないし気分悪いから書かないで欲しい・・・
    官能小説とか人に見せびらかしたいなら、他のとこ探して投稿してね♪
  346. ↓下手と文句いいながシッカリ読んでいる。
    お前、コメントでしかシコれないの?お気の毒さま(笑)
  347. こんなんでシコれるかー!
    下手くそめ(笑)
  348. 肉食系女子・楊端和L

    王賁の見事なまでの3穴連続攻撃に、グロッキー寸前の楊端和!

    王賁「ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!…」

    一心不乱に腰を振り続ける王賁、いよいよフィニッシュの時を迎える!

    王賁「い、行くぞ!し、将軍…」

    楊端和に問かける王賁!

    楊端和「あわわわわわわわ〜えへっえへっ」

    しかし、楊端和の頭の中は、快楽で満ちていた。王賁は、楊端和の快楽に満ちた表情を確認すると、そのまま放ったぁーー!

    王賁(心の声)『拡散波動砲!はっしゃー!』

    下穴ズボ!ドッピュ〜ン!パラパラ!スポ!

    中穴ズボ!ドッピュ〜ン!パラパラ!スポ!

    上穴ズボ!ドッピュ〜ン!パラパラ!スポ!

    なんと、各穴に1発づつ発射したのであった!土方艦長もビックリの、拡散波動砲3連発であった!

    1滴も残さず全てを放った王賁、精根尽き楊端和の豊満な胸に顔を埋めた。

    王賁「ハァハァ…」

    王賁の微かな意識が、豊満な胸の心地好さを感じていた。

    一方、楊端和も3連射と同時に絶頂期に達していた。
    そして、自分の胸に顔を埋める王賁を、抱きしめて…

    楊端和「王賁、よくやったぞ」

    ねぎらいの言葉をかけたのであった。

    二人は、そのまま深い眠りについた…

    楊端和・王賁「zzz…」



    王賁「将軍…」

    楊端和「ん!なんだ?」

    王賁「将軍が、俺に何を授けようとしたか、分かった様な気がした。礼を言う」

    楊端和「フフフ、そうか」

    天幕を出る王賁、朝日が眩しかった。

    バジオウ「一皮剥けたな」

    王賁「…」

    タジフ「オウホンモ、オトウトネ」

    王賁「?」

    王賁は、無言のまま去っていった。王賁の心に迷いは無かった。
    天下の大将軍への険しい道のり、それを突き進む決意で満ち溢れていたのである。

    長い夜は、終わったのである。



  349. 『王翦の選択肢』
    列尾から突如姿を消し3日目の夜、桓騎らが軍議をする中、王翦は戻って着た。

    楊端和
    「総大将、これからどうする?」
    王翦
    「これより全軍、鄴へ向かう。」
    蒙恬
    「どうやって?策は?」
    王翦
    「この3日で鄴を落としてきた。」
    信・テン
    「そんな?!ウソ!」
    王翦
    「あぁ、今日は4月1日だ!」
    桓騎
    「フッ」
  350. 万能公孫龍様
  351. オチが無い。
  352. 中々凝った嘘バレだな
    読んでイメージして先ず先ず楽しめた
    特に良かったのは趙王に呼ばれてリボクが一時的に秦軍から目を離すことになる展開だな
  353. ↓肉食系女子・楊端和@〜Dは、511話のコメント欄に掲載中!
    512話のコメント欄は、E〜掲載中!
    キモいと文句言いながら、シコッているチェリーくんのための、オカズコメント!(笑)
  354. 嘘だろ
    カンキは山女って言ってたんだしその呼び方からは変わらんだろ
  355. 本バレっぽい嘘バレだな
    王賁はもっと無口だし、王翦に対して愚痴的な発言はしないからな
    てか、下のオナ猿はなに??
  356. 王翦敵にでくわさないかなぁ 戦ってるの見たことないし
  357. 今回のウソバレはレベルたけーなー
  358. 王翦の子孫•••

    ゲッターズ飯田 ぎゃははは
  359. 更新されたけどこれも嘘バレっぽい?
  360. 司馬尚もそうだけど、そろそろ王都圏から鄴に向かう扈輒将軍とかもどんな武将なのか?気になってきてる。
    まぁ、明日あたり本バレ?
  361. 司馬尚はヒョウ公みたいなのがいいな。知略ではなく経験と本能で動くタイプで、兵の士気を極限まで上昇させるたたき上げの猛将。
  362. 肉食系女子・楊端和K

    楊端和の穴の位置を確認した王賁!王賁の逆襲が始まる…

    王賁「行くぞ!将軍!」

    楊端和「フフフ、来い!」

    王賁は息子を楊端和の下の穴にねじ込んだ!

    ズボ!

    楊端和「あっ!」

    王賁は、すぐさま抜き中の穴にねじ込んだ!

    ズボ!

    楊端和「いっ!」

    王賁は、また抜き今度は上の穴にねじ込んだ!

    ズボ!

    楊端和「うっ!」

    王賁は、更に抜き中の穴に再びねじ込んだ!

    ズボ!

    楊端和「えっ!」

    王賁は、穴に入れては抜き、別の穴にねじ込んむ!これを繰り返していった。

    ズボ!(下穴ねじ込み)スポ!(抜く)ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(上穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(下穴)スポ!…

    楊端和「おおおおおおおっー!!」

    楊端和が喘ぎ始める。王賁の腰は、楊端和の喘ぎ声に合わせて加速する!

    ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(上穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(下穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(上穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(下穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(上穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(下穴)スポ!ズボ!(中穴)スポ!ズボ!(上穴)スポ!…

    王賁の腰の動きはドンドン加速しているが、寸分狂いなく楊端和の穴を貫いた!

    まさに槍の名手、本領発揮である!

    楊端和「いいろぉ〜おおへん、あへっあへっ…」

    百戦錬磨の楊端和も、王賁の3穴連続攻撃に失神寸前に追い込まれた!

    また、王賁の腰の動きの振動は、楊端和の天幕そのものも激しく揺らしていた。

    ガタッガタッガタッガタッガタッ…

    タジフ「ヨ、ヨウタンワサマハ、ダイジョウブカ?」

    バジオウ「洗礼の時は、誰も中には入れない。我々は、外で待つしかない…」

    王賁は一心不乱に腰を動かした!

    王賁「ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!ハ!…」

    楊端和「あああああああああー!!おおへん〜いいいろぉ〜らめぇ〜!!」

    グロッキー寸前の楊端和!

    夜は、まだまだ続くのである。




  363. 司馬尚はホウケンと李牧の間をとった、武勇と知略のバランスの取れた将軍だと思う。
    ホウケンみたいなの二人もいたら嫌だもんな…
  364. 今回は王翦アゲだから仕方ないと思う。
    原先生もスポット当てるキャラの順番はちゃんと考えている。
  365. しかし、昌平君も意図は含み持たせていたとはいえ
    あっさり第一段階であれだけシミュレーションした策を
    第一段階で大コケしてオウセンとかカンキに丸投げって
    ラスボス予定で評価高い割りにいつもこけるよね
  366. 司馬尚って汗明とか凱孟とかみたいに筋骨隆々の猛将タイプかなそれとも紫伯みたいな勇将タイプかな?気になる
  367. キモ

    本バレ、楽しみ。明日かな
  368. 低評価された位で真っ赤になるなら、まずは耐性つけてからだな
  369. 下の天井川好きな人
    日本のションベン川と勘違いしてねぇ?
    もちろんこの時代、黄河の本川を堰き止めるようなモノは絶対無理
    堰上げ無くても半端ない水量が平常時流れている
    日本のションベン川と違って流域がバカでかい
    黄河についてあまり詳しく知らんけど雨季、乾季、融雪期など季節で水量が変化すると思う
    例えば、この時融雪期で水位が高くなっていて常時冠水している堤防区間があって、それを破堤するとか、漫画的にはアリかと思う
    天井川でなければ水責めは無いとかいうのはどうかと
    そもそも黄河は土砂の流出量ハンパないから天井川で有名なんだけど
    まあ、原は理工系の出だから、あまり論理的に破たんした事は書かんだろうね
    明日には本バレ出て水攻め派は叩かれるんかね
    それとも正解ならドヤ書き込みするわ
  370. 私のためにケンカしないで!
    ――風紀委員長よしこ(45歳)
  371. お疲れ様です
    ( ̄^ ̄)ゞ
  372. ↓ご苦労さん
  373. キングダムネタバレ511話ネタバレ512話
    最新あらすじ予想


    『王翦の策』


    森の中、馬を進める王翦たち
    すると目の前に趙軍の城が現れる
    それを遠目から凝視する王翦

    煽り
    「秦の明暗を握る王翦の策!
    その瞳の凝視する先に見えているものとは!?」


    【列尾城】
    王翦が消えて3日目の夕刻

    走りこんでくる王翦からの伝令
    伝令「王翦様からの伝令です!」

    ・・・・

    信「なに〜、俺たちだけでギョウを攻めろだってー!」

    伝令「はい、殿は桓騎将軍と楊端和将軍の副将2軍で明朝、ギョウへ進軍しろとの命です」

    貂「で、総大将の王翦はどこに行ったのさぁ」

    伝令「それは・・・他にすることがあると・・・」

    貂「他にすることがあるって?
    でも総大将がいなくって、どうやってギョウを攻めるのさぁ」

    言葉に詰まる伝令

    桓騎「ガタガタうるせーぞ飛信隊の小娘、
    総大将がそうしろって言うんだったら
    そうすればいいだけのことだろ!
    それが軍っていうもんじゃねーのかw
    なぁ、端和将軍」

    楊端和の方を向く、桓騎

    楊端和「そのとおりだ、すぐに準備にかかるぞ」

    蒙恬「でも、王翦将軍はどこに?」

    一同「・・・・」


    王賁「閼与(あつよ)だ」

    信「あっ、あつよ・・!?」

    蒙恬「閼与と言ったら、列尾から北の太行山脈にある城だ、でもなんで・・・?

    そうか、王翦将軍は列尾のかわりに閼与を補給路の要所にするつもりか」

    王賁「ああ、あそこなら道は狭くとも咸陽からつづく兵站をそう変えなくても済む。
    いざとなれば、黒羊側からの補給・撤退も可能だ」

    貂「でも、そう簡単に落とせる城なの?
    李牧だってそうやすやすとは・・・」

    蒙恬「そのとおり、しかもあそこは秦にとっては因縁の城だ。
    昔、六将随一の頭脳をもつ胡傷が趙の三大天の一人、趙奢に敗れている」

    信「六将と三大天って・・・王騎将軍と李牧が戦うような、そんなスゲー戦いが・・・」

    貂「しかも胡傷将軍っていったら先生が軍略の師と言ってた将軍だよ。
    それが落とせなかった城なんて本当に落とせるの?」

    王賁「それを落とす自信があるから、2軍をギョウに向かわせるんだろ、チッ」
    少し舌を打つ王賁

    一同「・・・・」


    【李牧サイド】

    李牧「で、秦軍の動きは?」

    部下「はっ、まだ列尾から動いていません」

    李牧「そうですか、秦軍と王翦から決して目を離さぬように」

    そこへ伝令が駆けてくる。

    伝令「王からの命令です、東で燕軍に新たな動きがあります。李牧様はすぐに王都の戻って来いとのことです」

    フテイ「この一大事にあのクソ王がっ!」

    カイネ「コラっ! で、李牧様は」

    李牧「いた仕方ありません。私は王都に戻ります。
    瞬水樹、念のため閼与に守備を固めるように伝令を
    馬南慈は公孫龍将軍と合流して、秦の進軍を食い止めて時間を稼いでください。
    私は王都に向かい、ギョウで秦軍を迎え撃つ準備をします」

    瞬水樹「ハッ!」
    馬南慈「久しぶりに腕がなるわい」


    【再び列尾】

    軍議から戻ってくる王賁に関常が近づく

    関常「若君、殿より伝言です。
    すぐに玉鳳を率いて、閼与へ向かえとのことです」

    王賁「やはり閼与か・・・しかし何で俺が、
    また後方支援など!」

    関常「若もわかっているでしょう。王翦様の意図を
    そして閼与をとることがどれだけ重要かを」

    王賁「クッ・・・」


    【翌朝】

    列尾を捨て、ギョウに向けての進軍を開始する桓騎・楊端和連合軍

    信「俺らが一番にギョウを落とすぞー、この列尾みてーにな。
    アレっ?王賁たちがいねーぞ。
    あいつ気合が入りすぎて寝坊でもしてんのか、カカカ」

    そのころ王賁は王翦軍とともに太行山脈への道を進んでいた。

    閼与を見据える王翦。


    煽り
    「王翦の放つ閼与攻めの策!
    李牧の秘策を凌駕する王翦の力とは!?」


    次号
    「ギョウへむかう信たちの先に!?」



    王翦親子アゲでウソバレ書いてみました。
    けっこう疲れるね・・・

    信は・・・戦闘のほうで頑張って欲しいよね(汗
  374. ↓お前は西城秀樹か(笑)
  375. それをブーメランという
  376. そもそも「キモい、キモい」って言っているヤツは、読まなきゃいいだろ!
    他人のコメントなんだから無視すれば済む話!
    キモいと言っておきながら、しっかり読んでいる(笑)
    なんだかんだ言って、チェリーくんが肉食系女子・楊端和をオカズにしてシコシコやっているだろ?
    正直に言えよ「本当は、毎回楽しみにしています」って(笑)
  377. ↓お前は失せろ!
  378. もうわかったからおまえシコって寝ろ
  379. 男女のやりとりがキモいとは、まったく、ここの住人はチェリーくんばかりか?(笑)
    そもそも、たかが漫画でマジ予想して、論戦している方がキモいだろ!
    キングダムは歴史漫画だから、ある程度はネタバレする。
    そこに作者が、少しだけ手を加えて面白くしている。それだけの事!
    頭硬いヤツばかりだね!(笑)
  380. キョウカイが出てくるとこまで真剣に読んでしまった
  381. キモいからやめろ。
    下手でも、面白くなくてもいいけど、キモいのはやめろ
  382. 無駄に改行しまくりのつまらん嘘バレとか邪魔でしかないわ 自分のブログにでも書いとけ
  383. そもそも3つ穴が見えるか?一番上って間違っても入るか?
  384. そろそろ司馬尚のその後がカットインしてきそうなもんだがまだかな
  385. >列尾より標高の高い上流側を・・・

    天井川なら堤防切るだけで駄々漏れなんだけど、河床の方が平野より低いとそこにあるのは増水時用の堤防で、川の横掘削してもそこだけ水がたまって本流を流れ続けるだけ。氾濫が起こる十分条件は豪雨などの増水。
    天候抜きの増水で水位を上げて本流河川敷のキャパを超えさせるためには更に上流で一旦堰き止めるか決壊予定地すぐ下で本流を堰き止めるしかない。
    黄河下流に入るこのあたりの川幅数百m〜数キロmあるのにどうやって堰き止めるかは大きな問題。大工事期間の余裕無しならむつかしいねぇ。
    昌平君が王翦に頼まれて函谷関の先に三峡ダム作って水貯めてました&伝書鳩来たら放水しますぐらいの大増水が無いと無理。
  386. 肉食系女子・楊端和J

    大将軍になるため、ライバルの信に勝つため王賁は決意した!

    王賁「いくぞ!将軍!」

    楊端和「フフフ、さぁ来い」

    王賁はビンビンに立った息子を、楊端和の真ん中の穴に押し込んだ!

    ズブズブ…

    楊端和「あっ」楊端和は小さく喘ぐ…

    王賁は、楊端和の反応を見る余裕もなく、更に息子を押し込んだ!

    が、次は瞬間!

    王賁の身体に稲妻が走った!

    ビビビビビビビビビーー

    王賁「うっ!」

    王賁(心の声)『な、なんだ?こ、この感触は…』

    『い、今、俺の身体に何かが走った様だが…』

    『こ、これがジィの言っていた悪魔か?』

    『だ、だが俺は負けん!お、俺は悪魔にも、そして信にも!誰にも負けん!』

    王賁は、自分にそう言い聞かせ、息子を更に押し込んだ!

    ズブズブ…

    楊端和「いいぞ!王賁!入っている!入っているぞ!」

    楊端和も、久々の立派な息子に歓喜した。

    しかし、奥まで入れた瞬間、王賁は息子を穴から抜いてしまった。

    楊端和「どうしたのだ?なぜ、抜いた?」

    楊端和が問うと、王賁は無言のまま下の穴に息子を押し込んだ!

    ズブズブ…

    楊端和「おぉぉー、王賁!」

    「初めてで、そちらの穴も試すのか?」

    「いいぞ!特別だ!いいぞ!入れろ!」

    王賁は、またしても息子を根本まで押し込んだ!が、またしても息子を穴から抜いてしまった。

    疑問に思う楊端和「?」

    しかし王賁は、今度は上の穴に息子を押し込んだ!

    楊端和「あいいいいいいー!」

    「お、王賁!そこはー!そこはー!キツイぞぉー」

    王賁の立派な息子の前には、上の穴は小さすぎたのだ。
    だが、またしても根本まで入れた途端、抜いてしまったのだ。

    楊端和「どうしたのだ?王賁」

    「もぉ終わりか?」

    楊端和の疑問に王賁が答えた。

    王賁「穴の位置を確認した」

    「本番はこれからだ!」

    楊端和「?」

    ここから、王賁の凄まじい逆襲が始まるのである。

    夜は、まだまだ続くのである。

  387. チンだ がない・・・
  388. いや、前回城壁の高さが微妙とか、導線が悪いとか、意図的に守りにくくされてるって説明あったじゃん。
    なぜあらためて洪水と結びつけたがる??
    つまらんから嘘バレあげるなよ邪魔くさい。
  389. 明名書房うけたど。ボーリング調査良かった。
  390. 明名書房うけたど。ボーリング調査良かった。
  391. 水攻めの真偽はさておいて
    天井川にこだわってる人がまだいるね
    天井川でなくても河川は氾濫するし、氾濫もさせられるでしょう
    列尾の土地より標高の高い上流側の川を切ればいい

    オウセンは今この切る場所を見に行ってると思うね
    今回のウソバレ力作だけど以前俺が書いたウソバレにちょっと似てるなあ
  392. 最近、長文君が来なくなったと思ったら今度は、また違った意味でKYなコメが増えたな。
  393. キモいからやめろ
  394. J思案中!しばし待たれよ…
  395. 肉食系楊端和11はよ!!
  396. なんかバレがオモロイですwコメントも見てて非常に楽しいです(╹◡╹)
  397. 肉食系女子・楊端和I

    脚を広げて誘惑する楊端和!

    股関の真ん中の穴からは透明な液体が滴り落ちている。楊端和の身体は準備万端であった。

    誘惑し、更に信の名を出して王賁のライバル心に火をつけるが…

    王賁(心の声)『信は初めてでも、上手くやれた…』

    『信に出来て、俺に出来ない事はない!』

    『しかし…』

    王賁に迷いが生じていた。

    それは、かつて王賁が番陽から聞かされていた言葉を思い出していたからだ。

    父・王翦とコミュニケーションが少ない王賁にとって、玉鳳隊副長の番陽は父親の様な存在であった…

    回想シーン

    番陽「賁様、よろしいですか?」

    王賁「なんだ?ジィ!」

    番陽「賁様は、王家の嫡子です。いずれ大将軍になって、この家を継ぐ大事なお身体です」

    「女人とは結婚するまで、決して肌を合わせてはなりませんぞ!」

    王賁「なぜだ?ジィ」

    番陽「結婚前に女人と肌を合わせると、悪魔が宿り災いをもたらします。御家は衰退して消滅してしまいます」

    番陽「だから、婚前での女人との肌の触れ合いは、決してなりませぬ」

    王賁「へぇ〜そうなんだ」

    「わかった!ジィの言うとおりにする!」

    番陽「ハハハ、さすが賁様は賢いですな」

    回想シーン終了

    王賁(心の声)『ふっ!ジィとの約束は守れそうにないな』

    『確かに、災いが来るかもしれん』

    『しかし、俺は歴史に名を残す大将軍になるんだ、災いの1つや2つで終わる様では、たいした将軍にはなれない』

    『そもそも信が出来た事に、目を反らして逃げているようでは、将軍にもなれない…』

    『ここは、楊端和の誘いを受ける!』

    『俺は男てして、その第一歩を踏み出す!』

    『行くぞ!!』

    そう、心に決意した王賁!表情からは、迷いが消えていた。

    夜は、まだまだ続くのである。
  398. 最後になって皆合わせて一軍とするっていうの部分があるけど、最初から一軍じゃないの?っていう疑問に対して、閼與→橑楊の逆ルート攻略軍と鄴攻略先発軍とを再度集結させてという意味でつじつまが合うしね。
  399. >水攻めなんて時間がかかるだけ

    石田堤みたいな貯水時間かけなくて済む方法として天井川設定を出したんだけど航空写真見た感じだとこの辺はまだ高原地帯なのかそれほど天井川化してなさそうだねぇ。まそれはおいといて。
    前スレで長治市→閼與→鄴ルートにちょっと触れたけど今は別の事考えてる。
    「十一年,王翦、桓齮、楊端和攻鄴,取九城。王翦攻閼與、橑楊,皆并為一軍。」
    問題はこの「橑楊」、三家註だと並州にあるだの上党西北だの書いてある。つまり山脈西側(趙西部地域)の南部で現在の長治市付近。
    山脈東の閼與を拠点としながら黄河流域の補給路をあきらめるとすると、閼與から趙の防衛ラインを裏側から破って山脈西側へ進んで橑楊を落し、ダミーの備蓄庫だった秦の勢力ラインへ繋がる兵站線と退路をこれから確保しに行くのかなっと。
  400. なんでキングダムだけ子供が書いてる嘘バレなんだろう・・・?
    読者の年齢層が低いのかな。。
  401. フランス書院は事実を書くようにw
  402. 桓騎と王翦知り合いかな???
  403. 楊端和「水責めは無いが、三所攻めなら出来るぞ」
  404. 噓バレ師さん、水責めも影武者も無いから安心しろ。
    王翦はアツヨを落として兵站を確保しつつ、桓騎と楊端和でギョウを攻めることになってるからな。
  405. 肉食系女子・楊端和H

    王賁の眼下に広がる、M字開脚の楊端和!
    初めてみる光景に、王賁の身体が今まで体験した事がない反応をした。

    ドクゥン、ドクゥン、ドクゥン…

    王賁の心臓が激しく鼓動した。

    そして、ヘタっていた息子も回復した。その姿は、一発目の拡散波動砲を打つ前よりもビンビンに立っいた。

    楊端和「流石に、若い男の回復は早い!しかも先ほどより大きい!まだまだ行けるな!フフフ」

    王賁「将軍、次は何をすればいい?」

    その問に、楊端和は自身の股関の穴を指差して答えた。

    楊端和「お前は、この3つの穴の役割を知っているか?」

    王賁「一応は…」

    楊端和「以前、信に同じ質問した時は、面白かったぞ!」

    王賁「…」

    回想シーン

    楊端和の股関をジィ〜と見つめる信…

    信「へぇ〜、女って穴が3つあるんだぁ〜」

    「一番下が俺と同じクソだろ、そして一番上がションベン、でぇ〜真ん中は…?」

    楊端和「真ん中からは、赤ん坊が出る」

    信「ええええええええー」驚愕の信!

    「あ、赤ん坊って、ここから出てくるのかぁ〜?知らなかったぁ〜」

    「じゃ、じゃあ、俺も母ちゃんのここから出てきたのか?」

    楊端和「フフフ、そうだ!人間は皆同じだ!」

    信「へぇ〜」

    楊端和「ただし、お腹に赤ん坊が居なければ出てこない」

    「たがら空の時は、お前と同じそれ(チン○)を入れて、中で激しく動かすと気持ち良くなるのだ」

    信「へぇ〜気持ち良くなるのかぁ〜」

    楊端和「ああ、お互い気持ち良くなる!やってみろ!」

    信「へへへ、じゃあ試してみるかぁ〜」

    信は息子を、楊端和の真ん中の穴に挿入した。

    信「おおおおっー!」

    信の身体に稲妻が駆け巡る。

    信「な、なんだ、この感触はぁ〜?生温かくて、包み込まれて、か、身体が溶けそぉだぁ〜」

    楊端和「フフフ、気持ち良いか信!」

    「そうしたら抜けない様に、ゆっくり腰を動かしてみろ」

    信「こ、こうか?」

    信は楊端和に言われる様に腰をゆっくり動かし始めた。

    信「おふっ、おふっ、き、きもじぃ〜!ヤバいよ!ヤバいよ!出ちゃうよ!出ちゃうよ!ヨウタンワァー!」

    楊端和「いいぞ!信!いいぞ!気持ち良いぞ!そのまま!そのまま!止めるなぁ〜!あああー!」

    拡散波動砲、発射!!

    二人はタイミング良く昇天した。信の記念すべき初体験であった。

    回想シーン終了

    王賁「…」

    楊端和「初めてでも、信はそれなりに上手くやれた」

    「どうだ?お前も、信より上手くやりたいだろ?」

    王賁「…」

    楊端和は、信の名を出して王賁を煽った!

    夜は、まだまだ続くのである。
  406. そりゃ、「あつよ」だろうよ
  407. 【あれ】の予想は無いの?
    王翦は何を見に行ったの?

  408. 水攻めなんて時間がかかるだけ。広い土地で使えるかバカ
    疫病は南方の土地だし嘘ばかり
    まあこの漫画も清国がこんなに苦労したわけないから嘘だが。大国だから兵の数が違う
  409. 肉食系女子・楊端和@〜Dは、511話のコメント欄に掲載中!
  410. キングダムと刃牙は嘘バレのレベルが低いなw
  411. 肉食系女子・楊端和G

    一発目の拡散波動砲を発射した王賁!しかし、それは始まりにすぎなかった…

    王賁「ハァハァ…将軍、これが大将軍になるために必要なものなのか?」

    楊端和「ゴホ!ゴホ!」

    まだ喉の奥に、王賁のカルピスが残っている。

    楊端和「フフフ、お前はやっぱり単純だな!」

    「これは、まだ序章にすぎない。本番はこれからだ!」

    王賁「何?本番はこれから…」

    楊端和「お前は、確か槍の名手であったな?」

    王賁「名手かどうかは分からないが、子供のころから精進してきた!負けない自信はある!」

    楊端和「そうだな!武具の槍に関しては、お前の腕は中華でもトップクラスだ!」

    「しかし…お前のもう1つの槍は、まだ使いこなしていない!」

    と言い放ち、楊端和はヘタっている王賁の息子を指差した!

    王賁「…うっ」

    楊端和「フフフ、そちらの槍も使いこなさなければ、お前は天下の大将軍どころか信にも勝てないぞ!」

    王賁(心の心)『信にも!?』

    信の名を聞き、王賁の表情が変わった!

    楊端和「フフフ、やっぱり信には負けたくないようだな?」

    王賁「…」

    楊端和「なら、簡単な事だ」

    と言うと、楊端和は着ていた衣類を全て脱ぎさった。
    白く透き通った楊端和の裸体に、王賁の目は釘付けとなった。

    王賁「将軍…」

    そして、そのまま寝具の上に横たわり、王賁に対してM字開脚をして見せた!

    王賁「なっ、何を…(汗)」

    王賁は、一瞬視線を外した。

    楊端和「王賁!目をそらすな、ここを見ろ!」

    そう言うと、楊端和は自身のM字開脚の中央にある縦に並ぶ3つの穴を指差した。

    夜は、まだまだ続くのである。
  412. 安易に絶対に勝てる戦しかしないのセリフを乱用するあたりが素人丸出しですねっ
  413. おもしろいー
    何もかもやめて、作家になったほうがいいよー
    そうしなよー
  414. こんなにおもしろくない文面、初めてみた。
  415. 水攻め派は嘘バレとの区別もできなくなったか
  416. やっぱり水責めだったじゃないか。
    馬鹿にしてた奴、どこのどいつだ?
  417. 初めては楊端和の手

    2回目は口

    3回目は…❤

  418. 無料マンガアプリの読み過ぎか?
    スマホで見てると気になって思わずクリックしてしまうからな…
  419. 予想以上に手が込んでる嘘バレ
  420. 肉食系女子・楊端和F

    王賁に、天下の大将軍になるために必要なものを授けると言った楊端和!

    次の瞬間、楊端和の左手が王賁の玉袋を掴む!

    ムギュ!王賁「うっ!」

    楊端和「いまから、お前に授けよう」

    「動くなよ。これは、命令だ!」

    そう言い放つと、楊端和は優しく、そして時には激しく王賁の玉袋を揉みはじめた。

    モミモミモミモミ…王賁「うっう…」

    苦痛に耐える王賁!

    しかし、次第に苦痛から快楽へと変わっていった。
    楊端和の絶妙な力加減の揉み方は、天下一品であった。

    楊端和「ほぉ〜ら、気持ち良くなってきた!やっぱり、お前は単純だ!フフフ」

    あまりの気持ち良さに、王賁の息子もムクムクと立ち上がってきた。

    楊端和「フフフ、いいぞ!デカイぞ王賁!」

    そう言って、楊端和は王賁の息子をくわえた!

    王賁「うっ!」

    楊端和は、隅々まで丹念に舐め回した。唾液でヌルヌルになった王賁の息子!
    楊端和は、すかさず高速手コキを始めた。

    シコシコシコシコシコシコシコシコー!

    楊端和の左手は玉袋を絶妙な力加減で揉み、右手は高速手コキと、まさにツイン攻撃であった!
    命令のため、なす術なく仁王立ちのまま耐える王賁!

    楊端和「どうだ?気持ち良いか?王賁」

    王賁「…(汗)」

    しかし、王賁は答えられなかった。あまりの気持ち良さに意識が遠退き、頭は真っ白になりかけていたのだ。

    楊端和「そろそろだな」

    そう言うと、今度は王賁の亀頭を舐め回した。

    楊端和の絶え間ないトリプル攻撃に、さすがの王賁もついに我慢出来ず…

    王賁「うっ!!」

    ドッピュ〜ン!パラパラ…

    拡散波動砲を発射した!

    しかし、その量はハンパなく多く、楊端和の口から溢れるほどであった。

    楊端和「ゴホ!ゴホ!」

    「す、すごい量だな。私の口に収まりきれない量を出したのは、お前が初めてだ」

    「流石は良家のお坊ちゃんは違うな!」

    王賁「ハァハァ…」

    夜は、まだまだ続くのである。


  421. 全中国人が日本海側に並んで、一斉に椅子に座ったら、衝撃で生まれた津波がアメリカまで届くってコピペを思い出した
  422. 最近のバレでは五人の影武者王翦が一番面白かったかな?
    かなりキングダムやバレを読み込んでる人が考えた感じで良かった。
  423. ギャグバレは可愛らしいけど、

    黄河とか水門とか単純脳はしつこいな
  424. 水攻め嘘バレと
    コント嘘バレは
    消えて欲しい
  425. ↓真面目な嘘バレって、どういうこと?
    嘘なんだから、真面目とかないでしょ!
  426. 真面目な嘘バレにして欲しい
    同人作品は要らない
    小学生しか笑わないコメディも要らない
  427. 後半のくそギャグバレ部分書いた人だけ評価くる
  428. 肉食系女子・楊端和E

    楊端和の陣営に新たに、洗礼を受ける者が来た。

    バジオウ「楊端和様、お連れしました」

    楊端和「中に通せ」

    楊端和の天幕に1人の男が入った

    タジフ「コンドノオトコハ、ダイジョウブカ?」

    バジオウ「楊端和様の命令だ、我々は逆らえない」

    タジフ「…」

    天幕の中

    王賁「将軍、話があると聞いた。ギョウ攻めに関する事か?」

    王賁を見つめる楊端和「…」

    王賁「先に言っておく!」

    「玉鳳隊は、飛信隊の様な突撃一辺倒なバカな戦い方はしないぞ!」

    楊端和「フフフ」

    王賁「何が、おかしい将軍」

    楊端和「お前は、王翦将軍の息子だろ?」

    王賁「…そうだ」

    楊端和「王翦将軍は、何を考えているか分からないが、お前は割と単純だな」

    王賁「何?俺が単純?どういう意味だ?」

    楊端和「そうだな、お前は顔に出やすい」

    「今も顔に書いているぞ【飛信隊にだけは、ぜぇってぇ〜負けねぇ】とな」

    王賁「…うっ」

    楊端和「正直に言ったらどうだ?飛信隊に勝ちたいのだろ?」

    少し沈黙の後、王賁が捲し立てるように話した。

    王賁「そうだ…勝ちたい!」

    「と言うか、負ける事は俺のプライドが許さない!だから、俺は飛信隊には負けるわけにはいかない!」

    「今回のギョウ攻めでは、武勲をあげ何が何でも将軍にならなきゃいけないんだ!」

    「いや!それだけではない!俺は将軍になり、更に天下の大将軍になる!」

    「それが王家の、そして嫡子である俺の宿命なんだ!」

    「ハァハァ」

    楊端和「フフフ、お前は可愛いなぁ」

    王賁「!」

    楊端和「お前の気持ちは分かった。ならば、お前が天下の大将軍になるために必要なものを私が授けよう」

    王賁「?」

    夜は、まだまだ続くのである。





  429. そーかまあ、また肉食系揚端和シリーズ捻ってや
  430. カリンはねぇ〜
    漫画で実際に副官バミュウをいたぶっている。
    すでにドSのイメージが定着しているから難しい。
    それに、カリンって和田アキ子に似ていてエロさを感じない。
    しばらくは「肉食系女子・楊端和」で行きたい。
    今、Eを思案中…
  431. 肉食系揚端和の人禍燐のやつも書いてくれ
  432. 困ってると言ってる奴おるけどバレ何度も変わってるぞ
  433. 主さん!
    嘘バレネタに困っているなら511話のコメント欄にある「肉食系女子・楊端和」シリーズを使ってください。
  434. いくらなんでもふざけすぎ。
  435. これは前話のコメント欄にあった投稿じゃん!
    こんな出来が悪いのを採用するなんて、管理人さんよっぽど困ってんだな。
  436. 嘘バレは、所詮嘘バレ!
    レベルの高い低いなんて、どうでもいい事!
    ムキになって酷評するヤツの人間性が低くすぎ(笑)
  437. なんでカンキが一兵卒なんだよ
    ふざけとんのか、元野盗の頭領だろ?
  438. 走れメロスやん
  439. これを一生懸命書いたと思うと
    赤面してしまう
  440. 変にリアルにしようと踏ん張ると、アラが鼻につくけど
    こういう遊びだらけのは、単純に楽しめる
  441. どうせ王せんが土城とか見に行く話なんだろうな
  442. ウソバレなのは良いけどあまりにも酷過ぎて残念。
    少しは本物かもと思わせる様な作品をお願いします。
  443. キングダムだけ載せられてる嘘バレのレベルが毎回低いw
  444. キャラクターが全くつかめていないな。
  445. なんだこのくそつまらんキモバレは…
    中学生が自分のラノベで悦に入るようなキモさ
  446. そう言うこと言うんだったら自分でどうぞ
  447. おもろ
  448. 九時からBSプレミアムで政の母親の特集あるよ
    キングダム絵も出てる
  449. まぁ・・・そこそこ楽しかったな
  450. ワンピースや、約束のネバーランドとかの嘘バレは、いつもレベル高いのに、

    なんでキングダムはいつも幼稚な嘘バレばっかりなんだろう
  451. 李牧は、ギョウにも秘策を施した。

    李牧「これで王翦は絶対にギョウを攻め落とす事はできません」

    カイネ「李牧様なぜですか?」

    李牧「フフフ、それはギョウそのものを撤去していまいました」

    カイネ「どういう事ですか?」

    李牧「王翦が、いかに優れた策士でも、攻める城が無ければ、何もできません」

    カイネ「なるほど」

    李牧「これで秦軍も混乱するでしょう。目的地がないのですから!」

    カイネ「その隙に、秦軍を叩くのですね」

    李牧「そうです。水攻めで一気に秦軍を全滅させます」

    カイネ「流石です。李牧様!」

    こうして、歴史は塗り替えられた。

    キングダムは連載が終了し、次週から「影武者・王翦」の連載が始まり、影武者・王翦が中華統一に貢献するのである。
  452. 『策の戦い』
    [列尾城を後にする秦軍]
    ナレーション
    王翦は列尾城を出て3日目の夜、戻るやいなや軍議を開き、再編成し軍を3軍に分ける事を決定した。
    咸陽を出た時の兵は既に2万を途中の兵站路の警備に当てている為、列尾には現在18万の兵がいる。
    そのうち高い戦闘力を持つ兵や特殊技能を持つ兵を集め、2万を陽土の公孫龍に向け、6万を陽土を迂回させて鄴へ足早に向かわせた。
    兵站を守る為に列尾を絶対防衛線としつつ、万が一に兵糧が尽きても、その前に鄴を落とす2段構えの作戦である。
    【趙軍サイド】
    李牧が公孫龍と合流していた
    伝令兵
    「秦軍が!王翦が、こちらへ向かっている模様。その数およそ2万!」
    公孫龍
    「ふん!このワシも舐められたものよ。この手で打ち取って第一武功とるすが良いか?李牧殿。」
    李牧
    「当然ですが残念ながら第一武功にはなりませんよ。恐らくこちらに向かっている王翦は影武者です。本物の王翦は迂回して鄴へ向かっているはずです。私は鄴へ向かいますので、こちらを頼みます。行きますよ、カイネ。」
    公孫龍
    「まぁ、良い。影武者としても恐らくは側近の亜洸か痲鉱であろう。手柄には違いない。」

    鄴へ向かう李牧とカイネたち
    カイネ
    「そういえば、李牧様。あの列尾に施してある秘密というのは何だったんですか?」
    李牧
    「そうですね。では話しておきましょうか。ところでカイネは鄴や列尾の歴史についてはどこまで知っていますか?」
    カイネ
    「昔は魏の領地だったとかしか知りません。」
    李牧
    「そうでしょうね。今でこそ豊かな土地として栄えていますが、その昔は湿地帯も多く川の氾濫もあったりして酷い土地でした。」
    カイネ
    「えっ?そうだったんですか?」
    李牧
    「鄴から黄河にかけて列尾まで灌漑設備を整えたのが魏です。趙の領土となってから、整備を進めた所と敢てしない所があります。」
    カイネ
    「それが何か?」
    李牧
    「その整備した堰や水門を開ければたちまち、湿地帯になり大柄な兵は腰まで泥に埋まり身動きが取れなくなります。」
    カイネ
    「それでは格好の矢の的になりますね。」
    李牧
    「そうです。兵站路も切れます。それに加えて列尾は地盤沈下も進んでいますから・・・。」
    【公孫龍サイド】
    王翦の影武者と思い油断した公孫龍はあえなく本物の王翦に打ち取られる。
    王翦
    「私は絶対に勝てる戦しかしない!」
    亜洸
    「あれ?では、鄴へ向かった将軍は痲鉱?痲鉱は山の民と桓騎軍だけで大丈夫でしょうか?」
    王翦
    「敵を欺くにはまず見方から!私は絶対に勝つ戦しか興味ないし・・・」

    【鄴サイド】
    鄴の城壁の前に布陣する秦軍
    陽端和、桓騎が後方に位置し最前列には飛信隊の田有、竜川、桓騎軍の雷土、ゼノウ、山の民のタジフの他、巨漢揃いの兵達が並んでいる。
    そして、城を背にみんなの前に一人立つ羌瘣。
    羌瘣
    「いいか、みなの者!これより王翦将軍よりの策を講じる。みんな私に続いて同じ事をしろ!」
    〜 ト〜ン タン タン 〜羌瘣が舞い始める
    タジフ
    「ドーン!ダンダン!オモシロいモ〜」
    全員がそれに合わせて飛び跳ねると地響きがなり始めた。
    李牧
    「何を始めるのかと思えば。鼓舞して兵の士気を上げるのですか?」
    ドーンダンダンッ!ドーンダンダンッ!
    列尾を落とす前の山の民の雄叫びとは比べようもない大きな揺れがどんどん増幅されていく。
    すると、近くの土塁が浮き上がり、ある城壁の一部は沈みだした。

    [ナレーション]
    これは現在でいう大地震の時に起きる液状化現象である。
    なおも全員ジャンプを続けているとついに城壁の一部が崩れ出してしまった。

    王翦は墨攻で名の知られる墨家より以前より「厘具」という者を配下に置いていた。
    厘具は筒状の物を地面に差し込み地中の固さや地層を知る独自の技術を持っており、城造りに適した場所か知る事ができたのである。

    墨家の厘具の技術は秘伝であったが後の西洋に伝わり墨厘具という調査方法が後のボーリング調査の語源となった事は言うまでもない。
    (みんめい書房より)
    事ができる
  453. あれ?李牧の水攻めで王翦の影武者が死ぬんじゃなかったの?
  454. ハチャメチャすぎるやろ〜グッド(上向き矢印)
  455. 九で宮元
  456. 八端和
  457. 7!の那貴!
  458. い〜〜ち

コメント入力: