食戟のソーマ ネタバレ 209話 ネタバレ 210話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ

食戟のソーマ ネタバレ 209話 ネタバレ 210話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ
食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『落ちこぼれの生き方』

扉絵
「礼文島の観光ガイドを
 している一色」

一色
「食戟の合間に
 観光もゼヒ!!」

ナレーション
「【スコトン岬】
 ・この最北端の岬から見える
  トド島には、時折アザラシや
  トドが集まる事も

 【澄海岬】
 ・紺碧に澄みわたる湾を囲む岬
  礼文島屈指の絶景が楽しめる
  場所です

 【久種湖】
 ・礼文島唯一の湖
  湿地特有の植物が咲き、
  バードウォッチングポイント
  でもあります

 【礼文岳】
 ・山頂までトレッキングコースが
  天候が良ければ美しい風景を
  パノラマで楽しめます

 【香深港】
 ・礼文島の玄関口
  港周辺にある飲食店では
  新鮮な魚介を炭火で
  いただけます

 【桃岩】
 ・噴き出した溶岩が固まり、
  桃のような形となった大岩
  利尻島まで望める展望台も」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-100.jpg




--------------------------------------

煽り
「火花は静かに散る」

寧々
(勝算でもあると言うなら…
 見せてみせなさい幸平創真)

ソーマ
(俺らしい【そば】
 今この場で形にしてやる!!)

ソーマがふと顔を上げると
目の前には笑顔の一色

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-101.jpg


一色
「いいぞ…落ち着いているね
 創真くん!」

ソーマ
「あ、あの一色先輩
 調理は…?」

一色
「あぁ、僕の事は気にしないで!
 今、炭火の火起こし中でね

 それにメンバーを鼓舞する事も
 チームワークの1つさ!

 思い出すんだ
 【つきかげ】の中で
 特訓した時間を!
 
 そして僕らの極星寮で
 過ごした青春の日々を!」

ソーマ
「うす!あざす!
 頑張るっす!」

女木島
(…何だこいつら)

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-102.jpg




--------------------------------------

一色の対戦相手の新十傑が叫ぶ

新十傑
「一色!よそ見は
 そこまでにしてもらう!」

冷めた目で視線を送る一色

一色
「…」

新十傑
「料理ってのは
 卓(ターボラ)の上だけの
 ものじゃないんだぜ…

 料理中の俺達の立ち振る舞い
 それらも全て含めた芸術

 俺達自身も芸術作品の
 一部ってわけだ」

イサミ
「…あれが一色先輩の
 戦う相手…!」

新十傑
「さぁ…俺と向き合って
 1つの芸術を作ろう、
 俺とお前ならできるさ!」

新十傑がペッパーミルを
手にする取り出す

生徒達
「あっ…!出るぞ!
 先輩の決め技!

 生で見れるなんて最高だ!
 見逃すな!」

両手に持ったペッパーミルを
高速回転させる新十傑

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-103.jpg


生徒達
「出たー!先輩本人が
 【ペッパーミルのロンド】と
 呼んでいる動き!」

新十傑
「織り成そうぜ、最高の競演…
 session(セッショーネ)を!」

パチッとウインクをする新十傑

一色
「えっと…ごめん…
 君名前なんだっけ?」

新十傑
(えぇ…)

青木
「そーだよ!
 幸平の心配ばっかしてる
 場合じゃねぇぞ!」

吉野
「うん!
 一色先輩や女木島先輩も
 応援しなきゃ」


「えぇっと…一色先輩が
 くじで引いたテーマ食材は…
 【うなぎ】!」

ナレーション
「第2カード対決
 【白津 樹利夫 VS 一色 慧】
 うなぎ対決だ!!」

生徒達
「ジュリオ先輩
 ファイトです!

 今日も見せて下さい
 ジュリオさーん!」

白目で放心状態の新十傑こと
白津樹里夫(17)、
新十傑高等部2年

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-104.jpg




--------------------------------------


「あらら…ずいぶん気落ち
 しちゃったみたいだ…(汗

 大丈夫かな、分かるよ…
 あんなこと言われたら
 俺だったら卒倒しちゃう

 その後、3日は寝込んじゃうよ…
 耐えられない」

もも
「司はそんな心配いらないでしょ」

竜胆
「一色ー!!
 りんどー先輩はかなしーぞー!

 同級生の名前くらい
 ちゃんと覚えてろー!」

一色
「…あ、竜胆先輩髪
 アップにするの
 似合ってますね」

竜胆
「お!そーかー?
 へへへっ」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-105.jpg


ジュリオ
「会話弾ませないで
 もらえますかッ!
 
 いいさ!
 この勝負で刻んでやるッ!
 お前の心に俺の存在をな!」

ソーマ
「ほえー、あの人か
 随分意識されてるんですね
 一色先輩」

一色
「ふふん?」



--------------------------------------


『さぁさぁ、第2カードで
 戦う十傑メンバーは
 ジュリオ先輩!

 ご存じ!イタリア料理の
 使い手で〜す♡」

生徒達
「おぉ!ジュリオ先輩!
 早速うなぎに
 火を入れ始めたぞ!

 ぶつ切りにして
 塩コショウしたうなぎに…
 玉ねぎ!ガーリック!

 そして白ワインの
 輪舞曲(ロンド)!

 イタリア仕込みの技が
 炸裂していくぅ!」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-106.jpg


えりな
「白津家は代々
 イタリア領事館の
 料理番を任され

 日伊両国でその名を
 轟かせている家柄よ

 彼の先代は
 その優れた功績を認められ
 爵位まで与えられたわ」

丸井
「領事館お抱えの料理人…」

青木
「何かすごそう…」

タクミ
「うなぎがお題で
 相手はイタリアンか…

 これは厳しい対決に
 なるかもしれないぞ

 日本人にとっては
 意外かもしれないが

 ヨーロッパにおいても
 うなぎ料理はメジャーだ

 選抜準決勝で
 黒木場リョウが見せた
 【鰻のマトロート】もその1つ」

ぼ〜っとしている黒木場

タクミ
「特に南イタリアではナターレ…
 つまりクリスマスの頃に
 うなぎを食べる風習があるのさ」

イサミ
「うなぎは悪魔の化身だって
 考えられてて

 その身を食べる事で
 邪気払いするんだってー」

吉野
「へーそうなんだ」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-120.jpg


タクミ
「白津樹里夫も
 うなぎ料理に対し

 相当な自信を
 持っているだろうな」



--------------------------------------


『対する一色慧は
 ようやく炭の準備を
 終えたところ!

 ジュリオ先輩に
 恐れをなさず
 調理してみやがれ!
 
 ひゃははー!』

アリス
「ふぅん…

 所で一色さんの方は
 どんな料理人なのかしら、

 私はほとんど喋った事が
 ないのよね

 えりなは十傑評議会で
 一緒だったし

 私よりは知ってる
 でしょうけど!」

青木
「超いい人だぜ!頼りになるし!
 あ、でも裸エプロンだけどな」

丸井
「気のいい兄貴分って
 かんじかなー、
 裸エプロンだけど」

吉野
「でも自分の事ほとんど
 しゃべんないんだよねー、
 裸エプロンだし」

伊武崎
「食えねえ先輩だよ」

アリス
(よく分からないわね…
 なにかしら
 はだかエプロンって)

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-107.jpg


アリス
「でもとにかく
 あの調理服を見る限り
 和食の料理人なのでしょう?
 だったらうなぎの扱いも…」

黒木場
「それはどうすかね…

 そば修行は包丁三日、
 延し三月、木鉢三年だったか…

 似た言葉がうなぎ職人の
 世界にもある

 串打ち三年、裂き八年、
 焼き一生」

丸井
「八年…!?一生…!?
 桁がちがう!」

黒木場
「あの一色って人に
 それだけのスキルが
 あるかどうか」



--------------------------------------

うなぎの入った箱を開く一色
その時、何かを閃く

一色
「そうだ…!
 この連隊食戟で負けたら、

 うなぎの養殖場を運営するのも
 いいかもしれない

 ビニールハウスの中に池を作って
 うなぎの稚魚を育てる方法がある

 ハウスの温度のおかげで
 冬眠しないから…
 成長が早いと聞く」

吉野
「へー…ってそんなこと
 言ってる場合じゃないだろ!」


(悠姫が思わずタメ口に…!)

佐藤
「だから何でいつも
 商売へのビジョンが
 そんな凄いんすか」

ジュリオ
「勝負の最中にヘラヘラと…
 お前はいつもそうだ!

 のらりくらり
 本気を出さずやりすごす!

 俺はお前の才能を
 心から尊敬している!

 お前と肩を並べ
 中枢美食機関(セントラル)で
 活躍する事を夢見たのに!

 なのになぜ薊総帥に
 従わない!?

 総帥のお考えが
 理解できないお前は馬鹿だ!

 大馬鹿野郎だ!」

鰻を持ちニコニコ顔の一色

ソーマ
(全然動じてねー…)

ジュリオ
「…くっ!(怒」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-121.jpg




--------------------------------------

ジュリオが寧々に声をかける

ジュリオ
「紀ノ国、紀ノ国!
 お前からも言ってやれよ!

 一色家の…
 名家の落ちこぼれ者!!
 ってさッ!!」

寧々
「…」

伊武崎
「…?」

丸井
「…落ちこぼれ?」

一色
「あはは!
 ひどい言われようだね

 でも本当の事だし
 仕方ないなぁ」

ジュリオ
「…ここまで言われても
 笑えるだと!

 お前にはプライドが
 無いのかよ!

 授業サボって、
 畑ばかりいじって…
 七席から落とされ!

 情けなくないのか!
 それに極星寮と言ったか!」

極星寮という言葉に
ピクッと反応する一色

ジュリオ
「そんなぬるま湯に
 浸かっていたら
 お前はダメになる!

 お前の為に
 言わせてもらうぞ!

 そんな所にいる連中など
 一色家の者が慣れ合って
 いい輩じゃない!」

千枚通しを鰻にし
ジュリオに目を向ける一色

一色
「えっと…白津くん?
 少し黙ろうか」

目を見開くジュリオ
ソーマも目を見張る

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-108.jpg




--------------------------------------

次の瞬間、一色が一瞬で
うなぎを捌いてしまう

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-109.jpg


その姿にジュリオが
ぞわ…っとする

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-122.jpg


斬られたウナギの切り身には
血一滴ついていない

だが少しの時間を置いて
ゆっくりと血が滲んでくる

それに目を見開く黒木場

黒木場
(なんだと…
 切られた血管自体が…

 切られた事に気づくのが…
 遅れたみてぇだった…)

ソーマが寮に入り立ての
時の事を思い返す

ソーマ
(チキショー
 今ならはっきりわかるぜ

 やっぱりあん時は実力の半分も
 出しちゃいなかったって事か

 化け物じみた腕前、
 何者なんだこの人は…!)

一色
「やれやれ、僕はともかく
 寮の皆に対して

 そこまで言われるとは
 思ってみなかったな

 ようし決めたよ!

 君の事は本気で
 叩き潰そうかな」

食戟のソーマ 209話 ネタバレ 210話 ネタバレ-110.jpg




【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「リミッター、解除」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ へ続く
  1. ソーマが司を食戟で倒したとしても遠月で学ぶ事があるなら中退はせんだろ
    中退するんならもう学ぶ事が無くなった時だけだわな
  2. ジュリオか〜。最近ひんむき甲斐のあるキャラが減って悲しいよ。
    ちなみに、ペッパーミル回転させることにはまったく意味が無いと思うが。
  3. 料理って時間が勝負なんじゃないのか?よく喋ってられるな.....
  4. 一色ラスボスとか竜胆最強とか何言ってんだろ
  5. 新十傑、読みきりのジュリオ・ロッシ・早乙女じゃねーか!
    新キャラでもなんでもねぇぞ!?
  6. 一色かっこいいかあ?
    ソーマのときもだけど真剣勝負を挑んでる相手に対してヘラヘラしながら無意味に手を抜いてるだけのカスじゃん
  7. 一色完全に味方なのにラスボスって何www
    一色、えりななんかを倒した司に勝って実質一席みたいな感じでソーマは中退して海外に行って最終回って感じが妥当な展開かな
  8. 一色先輩ラスボスに一票!
    ほんとに今まで爪隠してたんだと思うな。ソーマ父あたりは見抜いていそうだけど。
  9. 一色パイセンかっけぇ〜w
    司や竜胆よりも余程強キャラ臭放ってるw
  10. もはやこの切り身の描写とぶつ切りだけで勝敗が決まった感じするわ。
  11. 一色パイセン、ゾクゾクするwww
    婦女子が湧くな
  12. 一色先輩のうなぎ裂き包丁、大阪型だね
  13. 俺もテニヌっぽいって思ったwてか一色ってこんな顔だったっけ
  14. 切られたのに気付かなかった のとこは まじでトリコが頭から離れなかった
  15. テニヌの不二っぽいな一色パイセン
    ギリギリまで勝敗に執着なさそうな感じだとか
  16. トリコかな?
  17. 竜胆先輩フリーダムな性格だけど後輩想いだなーちょろいけど
  18. 相手は読切のあいつか
    それにしても一色先輩かっけえ
  19. 竜胆先輩可愛すぎやわ
    はよ食戟出てくれ
  20. 一色先輩カッコイイしりんどー先輩は可愛すぎるだろ
  21. 要は一色 久我 女木島がいた時に10傑入らなかった奴らだろ
    フランスお抱えとか笑
  22. 薊政権編に入ってからやたら読み切りの内容使ってきてるのは予定調和なのか,もうネタが無いのか・・・
  23. 早く女木島先輩出してくれー次の次位かな?
  24. 連帯食戟ルール教えての人前話209話のバレの冒頭見てや
  25. 一人でもチーム戦でも負けるまでは戦える幽遊白書の武闘会みたいな感じ
    今回はソーマたち勝っても「全員で叩き潰さないと意味がない」って感じで連戦せずに仲間に出番まわすだろうね
  26. 誰か連帯食劇のルールもっかい説明たのむ
  27. 一色家は代々第一席常連とか、あえて七席が好きで七席にとどまってたとか色々でてきそう
  28. トリコの小松より捌くの早いんじゃ…一色先輩
  29. 一色が裏ボス的存在だな。
  30. 一色さんめっちゃカッコいいやん!
  31. 大事なチームワークはどこに、、、
  32. 一色がウナギ捌いた時の画すごいな
  33. 新十傑は読み切りに出て来たやつかな?
  34. ジュリオっていうのかー。
    てっきり至郎田かと…。
  35. いかにも噛ませってキャラ出すなよ
    一色がすごくても魅力半減だし、魅せ方を間違ってるよね
    何故実力を拮抗させる対決を描けないのか
  36. 最近ネタバレだけで済ますか流し読みしかしてないから展開についていけてない
    3人チームかと思いきやそれぞれ1人ずつ戦ってんの?
  37. 寧々より席次は下だけど
    実力は同じかそれ以上なのかな?
  38. ジュリオって読みきり版で負けた奴じゃないか?
    こんな濃い顔だった気がする
  39. 画力がすげえな
  40. 一色最強もただのアホでしょ
    司や竜より強いと思っているとかアホの一言以外ないわ
  41. 一色、元々強者感あったけどかっこいいな
  42. りんどー先輩が薊側についてるのは最初に言ってやん。新しくて面白そうな事が起きそうだから薊側につくとかなんとか。
  43. りんどー先輩のフリーダムっぷりを見るたびに、なんで薊に付いてるのかわからなくなる。
  44. 丸井は知識量多いんじゃなかったのか?
    なぜ鰻情報に驚いている
  45. 新十傑の一人がは読み切りの時ソーマに負けたジュリオ早乙女だった件ww これは噛ませになるわけや…
  46. 一色先輩、この戦いは楽々勝てると思うけど、こんな序盤から本気出しちゃっていいのか?大体先に本気を見せた方が後々相手の本気にやられるってパターンが多いからw
    ん?一色先輩の出番はこの食戟だけなのか?よく話分かってないわw
  47. もしかして、一色先輩と寧々先輩は幼馴染フラグ?
    だからあんなに、寧々先輩は一色一色って意識してんのか
  48. このジュリオとタクミをぶつけるべきだったんじゃね?イタリアン頂上決戦で
  49. おいおい、何だよラスボスって。
    俺は一色が最強としか言ってねぇぞ
    終いにはアホ扱いかwラスボスと最強の区別もつかねぇお前の方がアホじゃねぇかよ。
    アホはママの乳でも吸って寝とけ。

    それとな、一色雑魚いみたいな言い方してるやつ結構いるけど、一色舐めんじゃねぇぞ
  50. ジュリオ?ってさ
    絶対読みきりの引っ張ってきたよね
    顔、モブの台詞、
    新キャラつくるのめんどかったのかな?
  51. 幸平星人の話止めると面白くなるね
  52. 一色に誉められて照れてる竜胆が可愛い(^o^)
  53. ジュリオと葉山が十傑の座を賭けて戦った訳じゃないんだから、どっちが上かは関係ないだろ
    それを言うなら最初から女木島より上連れてこいって話だよ
  54. あれ、連帯食劇じゃないの?
    3人で一つ作るんじゃなかったのかい
  55. てか田所じゃなくてアリスでよかったよね。メンバー。
  56. しかしジュリオとか全く料理人としての凄み感じないのだが?ジュリオを十傑入り認めた薊総帥の人選疑いたくなるわな、もっとマシなのいなかったのかねー?葉山のがどう見たって格上だろ
  57. 下のやつ、本バレがここまでなのに続きってアホか
  58. つづき
    一色の技術をみて戦意喪失のジュリオ
    一色「こっちはいいとして・・・」
    歓声が上がる
    冷汗を垂らしながらちらっと歓声のほうを見る一色

    場面は変わり 新十傑VS女木島
    新十傑の後ろに観音が表れものすごいスピードで調理していく。

    葉山「ありえねぇ。料理で一番大事なのは調味料を入れるタイミング。いくら良く配合しようともこれがよくなければすべて台無し。」
    葉山によると常人ではありえないタイミングで調味料を投入してるとのこと。

    最後に観音がソッとソルトをパラパラと投入して一番最初に終了。ものの1分で完成させてしまう。
    えりなによるとこの料理だと1時間はかかるらしい。
    えりなもほかの十傑も彼の存在は知らないが、薊、城一郎、堂島は知ってる様子。

    薊によると、薊たちの先輩にあたるらしい。ソルト振りにずっと山籠もりしてソルトの振り方の研究をしていたらしく、46歳になったとき
    ソルト振りの限界を感じ、たどりついた先は「感謝」であった。自分を育ててくれたソルトに少しでも返そうと思い「感謝のソルト振り1万回」を始める。初日は18時間以上を費やした。2年が過ぎたころ、異変に気付く。1万回振り終えても日が暮れていない。齢50を超えて完全に羽化する。感謝のソルト振り1万回。1時間を切る!山を下りた時、彼は留年していた。
    彼の名は百色。

    大きな歓声が上がるとともに女木島の背後に観音が表れ女木島を暖かく包み込み、女木島をソルトの光線が襲い終了。

    一色のほうをチラ見
    「一色は一色家の中でも最弱。」

    煽り:こんがり焼ける女木島
  59. 一色、女木島はここで勝って実力アピールした後で1,2席と当たって落とされるパターンかな
  60. 容姿からしたら、女性かと思ったら、男性なのかよ!

    あのコック姿の新十傑は・・・

    一色先輩は、簡単には負けないけどさ・・・
    名無しさん
  61. ジュリオ先輩の話しから察っするに紀ノ国先輩と一色先輩名家同士だから幼年期だか見知った仲みたいね
  62. 先に得意アピールした方が負ける法則
  63. 一色ラスボスとか言ってる馬鹿いるのか…
  64. 雑魚木場さんの株落ちが止まらない
    葉山に瞬殺される3年にぼろ負けした奴に苦戦するレベルだものな
  65. ↓だからラスボスなんやん
    今ではなく最終的に闘うわけやから
  66. 一席なんて歴代最強の素質があるといわれたえりなを覚醒させればいいだけだしな
  67. 一色がラスボスとか最強とかアホなんじゃないの。雰囲気でものを言い過ぎ
    よくて2年最強ってところだろ
  68. にくみが負けたのは四席のももだよ
  69. やっぱり一色が最強だな
    誰も一色には敵わない。
    セントラルとの戦いが終わり、一色が第1席になって新章スタートだな。
  70. 一色が一席倒す展開くるか。
  71. ジュリオを極星寮に勧誘はない気がする。
    つーか、トラウマで包丁を握れなくするくらいの圧倒的な差をつけてほしい。
    かませデザインだし。
  72. ようやく一色先輩の実力の片鱗が見れるのか

    読者の意向を汲めば作者も反逆者組を勝たせざる
    を得ないだろうし、一色の第一席もありえるな
  73. こんな「ザ・噛ませ」の奴にアリスや黒牙やにくみや極星寮たちの誰かが負けたのか・・・
  74. ラスボスは一色けってい
  75. 櫻井の声で「潰そうかな」って言われたらゾクゾクしてしまうぜ!
    はよ3期!と言いたいとこだけど種ちゃん戻ってくるまで我慢な!
  76. 司よりも一色のほうが強そうだ
  77. ジュリオボコって極星寮に勧誘するパターンだな、こりゃ。
    極星寮なら好きなだけ研鑽できるって。
  78. 一色が一席になってくれないと2年生編はないな
  79. 次号も一色先輩のターンやねーと言うか早く女木島ニキ活躍させてくれ
  80. やっと一色先輩の本気が見れるってことか...
    楽しみですな
  81. 一色は極星のみんなが本当に大事なんやろなぁ
  82. 終わった話しだけども蕎麦はじじばばの食べ物じゃなく国民食が正確でしょ?大学の食堂社員食堂などほぼラインナップされてるし年越蕎麦なんか老若男女皆さん食べてるし
  83. 今回の話を先週のCカラーの時にすればよかったのに…って思う内容だった。
  84. そば美味しいよ ラーメンがバカの食べ物って言われちゃうぞ
  85. としおいや?ジュリオてコック帽の奴だっけ
  86. 相手ただの一色先輩ファンだった…
  87. ソバとかど○兵衛で充分うまいよな。
  88. 蕎麦を老人の食べ物って頭がオカシイ。

    蕎麦が年寄りの食べ物なら、ラーメンはデブの食べ物だよな

    個人的にラーメンを貶したくはないし、デブの食べ物とは言いたくないけど蕎麦が年寄りの食べ物より賛同は得られると思うので。
  89. もっと研鑽してーんだよ
  90. 蕎麦が年寄りの食べ物と断定してるのが意味不明
  91. 鉄腕DASHやんけ
  92. あんまり蕎麦とか持ち上げんなよ。現代じゃただの古臭い味覚の落ちた老人の食物だよ。ラーメンのが普通に旨いし安いし業界努力してるよ。温かい蕎麦食うヤツとか見てると悲しくなる。
    蕎麦屋
  93. 114514で草
  94. 利尻昆布とか大分前の嘘バレでも利尻昆布持ち出したね
  95. この嘘バレを書いた人は木材は過度の乾燥にも弱いことを知らなかったのかな?過度な乾燥は材質の低下を招くし下手するとひび割れるというのに
  96. ↓面白いと思った?
    くそつまんねーよ
  97. 「突破口」

    扉絵

    紀ノ国で真剣にそばを作る寧々と
    ゆきひらで笑いながら料理するソーマ

    煽り 環境が与えしものとは…!?

    ソーマ「定食屋であること…ヘヘッ!」
    ソーマがゆきひらでの日々を思い出し何かニヤっとする 

    寧々「笑った?この状況で!?」

    観客「なんだぁ〜!?あんまり言ってやるな!諦めて笑ってんだろーよ!ギャハハハハ」

    久我「ゆきひらちんま〜たなんか思い付いちゃんたんじゃない?笑」
    一色「どうやら面白いものが見れそうだね!」
    寧々「…‼元とはいえ十傑二人が何かを期待してる…!?なるほどね、注意するのはここなわけね。でも私のすることは変わらない‼」

    観客が会場が何やら煙たいのに気付く
    「反逆者のやろーなんか焚いてんじゃねーの?」
    ソーマに注目がいくが特に何もない様子
    次に寧々を見る一同
    寧々は異常に汗をかいている

    ソーマ「よっと!もうそろそろかな!」

    場面変わって会場地下…3分前。。

    「…%£◇⊇◆〜ボルケーノォーー!!」
    何者かが天井に向けて炎を放つ!!

    再度変わって会場…

    突然寧々の周りが炎で包まれる‼
    寧々「キャッ!!誰か!消化よ消化!!」
    観客「おい逃げろ!!ギャーギャー」
    ソーマ「紀ノ国先輩!水です!!」
    バケツ一杯寧々にぶっかけるソーマ
    しかし寧々にかけたのは灯油だった!

    火だるまになる寧々を横目に
    ソーマ「さーせん!間違えました!」
    ぶっかけた灯油があとを追ってソーマの周りにも炎が広がる!
    ソーマ「…マジか!先輩火力強すぎだっての⤵俺死ぬのかな…」
    そのとき!ソーマの横の地面が抜ける!

    ?「飛び込め!!」

    すぐに飛び込むソーマ

    下には解体道具一式を揃えた叡山
    「ば〰か!ばかなお前のために逃げ道は鼻から練ってんだよ!」

    ソーマ「さすがっス!!」

    肘と肘をぶつけて大笑いする二人

    煽り「斜め下からの突破口」
  98. ソーマ、焼きそば作るんじゃなかったのか?
  99. ぽ過ぎてつまらない
  100. 叡山が出て来ないから、やり直し。
    名無しさん
  101. 今週はパート変わって、一色、女木島パートやろ

    同時に調理終わるやろし、雰囲気的に
  102. 114514は草
  103. 明日辺り、叡山ネタがくるか・・・!?
    名無しさん
  104. 1米―

コメント入力: