食戟のソーマ ネタバレ 210話 ネタバレ 211話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ

食戟のソーマ ネタバレ 210話 ネタバレ 211話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ
食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『東西の腐れ縁』

扉絵
「幼い一色と寧々」

煽り
「嫌いになったのは
 たしかこの日くらいから」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-100.jpg




--------------------------------------

煽り
「一色、本領発揮!!」

一色がうなぎを捌く


『おーっとぉー!!
 これは…驚愕です!

 うなぎに目打ちした
 その瞬間!

 目にも留まらぬ早業で
 かっ捌いたー!
 まさに一閃!!

 十傑評議会元七席の実力は
 ダテじゃないいぃー!!』

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-110.jpg


ハッとする麗


『で…ですが!
 セントラルの
 敵ではありませぇん♡

 あの微笑みが
 敗北で歪む瞬間を

 楽しみにして
 おきましょーう♡』


(やばいっ…!
 つい実況熱が…)



--------------------------------------

叡山
「相変わらずの腕…

 活かし方を選べば
 無限に金を
 生み出せるのによ

 なんだって中枢美食機関
 (セントラル)に楯突くんだ

 バカだよなぁ」

竜胆
「ジュリオー!!

 お前も負けずに
 お前らしさをぶつけてけー!

 自身持って行くのが
 いいんだぞー!」

竜胆がジュリオを見ると…

竜胆
「…ん」

ジュリオは感動しており
じーんと震えていた

ジュリオ
「うれしいよ一色…!
 やはり君の技は
 どこまでも美しい」

竜胆
「おおっ、
 なんかわかんねーけど
 乗ってんなー
 よかった、よかった」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-109.jpg




--------------------------------------

一色の技術に驚く秘書子達

秘書子
「な…何なのだ
 あの技術は…!?

 まさか【腹開き】を
 あの精度とスピードで…!!」

吉野
「え…?あ、たしかに!
 うなぎのお腹側から
 裁いてたね」

肉魅
「…言われてみりゃ…!
 どんでもねぇな」

秘書子
「あぁ…あれが一色さんの
 真の実力の片鱗というわけか

 うなぎには肋骨がないから
 その柔らかな腹部へ刃を

 正確に入れるのは
 そうとうな難易度…!

 その上、新鮮で
 活きのいいうなぎほど
 まな板の上で暴れるからな

 背開きに比べ、
 かなりの包丁技術が
 要求される開き方だ!!

 いつもの、
 は…はだかエプロン姿からは
 とても想像できないな…」

肉魅
「そ、そだな…」

アリス
「ねぇねぇ何なの?
 はだかエプロンって

 ねぇねぇ教えなさいよう
 秘書子ちゃん、肉魅ちゃん」

秘書子
「秘書子って言うな…」

肉魅
「肉魅って言うな…」

詰め寄るアリスに対して2人は
頬を赤くしながら目をそらす

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-102.jpg



「…でも一般的には
 【背開き】の方が主流よね

 腹開きは大阪や京都など
 関西圏で発達したと聞いたわ

 それを何故、一色先輩が…?」

えりな
「それはそのはずよ

 一色家は京都祇園で
 室町時代から代々、
 割烹店を営む血筋…

 東の紀ノ国家、
 西の一色家!

 両家は和食における
 二代名門なのですから」

吉野
「え…!!」

寧々
「…」



--------------------------------------

【寧々回想】

幼い寧々が父の前で正座し
話を聞いている

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-103.jpg


寧々
「え?よその子が?
 うちで一緒に住むの?
 お父様…」


「京都の一色家は
 知っているね?

 その家には古くから続く
 仕来りがある

 将来跡継ぎになる子が
 4歳になった時…

 郷里から離れた地で
 修行させるというものだ

 紀ノ国家は一色家と
 親交が深いため

 多くの子を
 受け入れてきたのだ」

寧々
「ふうん…」


「だから寧々、その子には
 よくしてあげなさい

 年も同じだから友達に
 なれるかもしれないよ」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-104.jpg


そして一色が
寧々の家に来る

お手伝い
「旦那様!
 到着なさいました!」

出迎える父の背後に
隠れている寧々


「寧々、挨拶なさい…
 この子が一色家の跡獲り
 慧くんだ」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-105.jpg


一色の紀ノ国家での
生活が始まる



--------------------------------------

庭に佇んでいる一色
そこへ寧々がやってくる

寧々
「さとしくん
 あやとりとお出玉
 どっちがいい?」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-106.jpg


寧々
(知らないお家に住む…
 きっと心細いよね

 お父様からも言われたし
 優しくしてあげなきゃ!)

一緒にお手玉をして
遊ぶ一色、寧々

その時、一色が部屋で
何かを見つけて手に取る

一色
「ねねちゃん、
 これは何…?」

寧々
「あ…雅楽の楽器で…
 竜笛っていうの」

一色
「ががく…」

寧々
「吹いてみる?
 最初は音を出すだけでも
 とてもむずかしいのよ」

そう言う寧々だったが
一色は上手に吹き始める

寧々
「!?」

一色
「あ、こうやったら
 高音が出るんだね」

寧々
「!?」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-107.jpg


ナレーション
「慧少年は紀ノ国家で
 料理修行するかたわら

 寧々と共にお稽古事にも
 取り組んだ

 そして、そのほとんどで
 あっという間に

 寧々に近い所まで技術を
 修得していったのだった」

一色が上手に三味線を
引いている

その様子を見る寧々が
悔しそうに涙を浮かべる

寧々
「…」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-108.jpg


【回想終了】



--------------------------------------

その話に驚く吉野達


「…って事は…」

吉野
「あの2人って幼なじみ
 だったのぉ!?」

青木
「…!!(汗」

一色
「ふふ…そういう事になるね!」

寧々
「ちがうわ、居候して
 修行してただけだから

 なじんでたわけじゃ
 ないから!」

一色
「やれやれ…紀ノ国くんは
 今日もツンツンだなぁ

 どうして僕を
 そんな目の敵にするんだい」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-111.jpg


ぴく…と反応した寧々が
鋭い目をする

寧々
「…白々しい
 分かっているでしょう」

寧々が調理を進めていく


『さぁ、第3カード!

 十傑側、寧々先輩は
 順調に調理を進めてますぅ!

 油を熱しつつ
 取り出したのは…?
 桜エビ!

 さらに…おっと!
 衣のようなものがバットに
 用意されていますー!』

生徒達
「これは…桜エビで
 かきあげを作るのか!

 って事は完成する品は
 かき揚げそばかぁ…

 それも極上のな…!」

涎を垂らす生徒達
様子を見ている丸井達
寧々がそばを切り始める

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-112.jpg


生徒達
「そば切りに入ったぁ!!
 うおぉー正確!!速い!!
 精密機械かよ!」

えりな
(鍛え抜かれたそば職人は
 麺を0.1mm単位の
 寸分たがわぬ細さで仕上げる

 彼女も当然のようにその境地に
 達しているわね…!)



--------------------------------------

ソーマは製麺機で切り始める

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-113.jpg


生徒達
「幸平もそばを切り始めたぞ!
 製麺機だけど

 ちくしょう躍動感の差
 すげぇな」

ソーマを見守る秘書子達

秘書子&肉魅
(幸平…どんなそばで
 行くつもりなんだ…?

 もう頭の中にいい選択肢が
 浮かんでるのか?

 冷そばか!?温そばか!?
 どっちでいく!?)

寧々が調理しながら一色に言う

寧々
「2nd BOUTでも
 必ず出て来なさい
 そこで私と戦うのよ」

一色
「…すいぶん気が早いなぁ
 ジュリオくんに負ければ…
 僕は2ndに出られないけど?」

寧々
「…もうとぼけなくて結構
 分かっているのよ

 私だけではなく
 他の十傑メンバーも皆!

 私があなたより
 上の席次だったのは

 貴方が本気を出していない
 からだという事を

 あなたは昔からそう…

 私が時間をかけて
 覚えた技術を
 さらりと身につけて

 なのにどこか
 余力を残している

 私にとってそれが
 どんなに惨めな事か
 分かるかしら?

 もう我慢ならない…

 私達91期生最強の料理人は
 どちらなのか

 私の腕で示すわ」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-114.jpg


一色
「ごめんよ、悪いけど
 それは無理だ」

寧々
「なぜ…?」

一色
「なぜなら君はその前に
 幸平創真という料理人に
 負けるから」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-115.jpg


寧々
「な…!!」

目を見開く寧々

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-116.jpg




--------------------------------------

その時、ソーマが
何かを取り出す


『お−−っとぉ!?』
 ここで幸平創真が
 何か取り出しました!』

寧々
「!!」

吉野達
「!!」


『巨大な鉄鍋です!
 鉄鍋です!

 それを…?
 豪快に燃え盛る炎へ
 プットオーン!!』

吉野達&寧々
「…?」

ソーマ
「んじゃ、仕上げいきまーす」

そばを持っているソーマ

生徒達
「おい、ちょっと待て…?
 まさか…」

そばを鉄鍋に入れるソーマ

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-119.jpg


生徒達
「や、焼いたー!?」

吉野&肉魅
「冷か温か、
 どっちなのかって見てたら
 焼いたー!!」

寧々
(な…!?

 せっかく打った
 二八そばを!!

 焼けばそばの上品な風味が
 台無しになってしまう…!!

 一体なにを考えているの!?)

寧々の方を見て
ニヤリと笑うソーマ

寧々
「…(汗」

食戟のソーマ 210話 ネタバレ 211話 ネタバレ-118.jpg



『これは…!どうやら…
 幸平VS紀ノ国の対決(カード)が

 一番最初に審査へ
 突入する模様です!!』



【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「創真、仕掛ける!!」

食戟のソーマ 211話 ネタバレ 212話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ へ続く
  1. 一色先輩は腕前的なもので落ちこぼれではなく一色家の家訓とか一色家に反発したから落ちこぼれのレッテル貼られてるのでは?実際腕前は超一流だし知識も報復だし一色家の確執と考えるのが妥当かと
  2. 昔クッキン○パパでも、蕎麦とめんつゆで焼きそば作ってたけど…
    ソーマも蕎麦で焼きそば作るの?
  3. これじゃあ十傑(笑)なのにソーマにあっさり抜かれすぎやろ
    本当バカな原作者
  4. ソーマが作ってるのはヤキソバか?
  5. 漫画見てましたが一色表情見ても幼少期から家での扱い良くなさそうですね。実力で落ちこぼれではなく一色父の意のようにならなかった為落ちこぼれのレッテルを貼られたんでしょうね。それを見る限り遠月に入学していても覚めたような感じからスタートして案外その時に極星寮に住んでいた凄腕の先輩に負け誘われるような形で極星寮に入寮してそこで初めて家族と言えるような寮生や後輩を得た…なんて面白そうですが実際一色家の闇は深そうですね。
  6. 一色先輩はソーマ父とは別ベクトルで天才!ソーマ父が料理職人として超一流なら、一色先輩は他の料理人を鍛え束ねる総帥になれる器!
  7. つきかげでの幸平親子の料理勝負の結果が気になる
  8. 努力家キャラが天才キャラに余裕ぶっこかれて上から目線で越えられてく漫画とか読んでて不愉快だわ
  9. にしてもここで寧々が負けるとますます十傑がしょぼくなるなぁ・・・そして女木島もこの流れで負けるんでしょ?
  10. 制限時間=調理時間だろ?制限時間は2時間内に調理完了
  11. 紀ノ国は卒業生でいうと水原先輩
    一色は卒業生でいうと四宮先輩
    こういうことか
  12. 調理時間指定してないってコメントしてあったけど、制限時間=調理時間じゃないの?
  13. 蕎麦を焼いてヤキソバならぬ焼き蕎麦だ!ってなんじゃそら
  14. ねねはかき揚げミルク蕎麦を作ると見た
  15. 1色は多分和食だし鰻重かな
  16. 1色に鰻完成が見たい
  17. 連綿食戟してーんだよ
  18. てか一色先輩何に至って裸エプロンすようになったのだ?
  19. てか百戦錬磨で経験値もソーマ以上に積んでる筈の面子がオタオタし過ぎやろ。まぁ八席とか九席とか下手したら塀の向こう側でお世話になってもおかしくない事してる奴らを匿ってる時点で人手不足感が否めんが。
  20. 早くアリスお嬢にはだかエプロン見てもらいたい
  21. 反逆者サイドは余裕綽々とし過ぎ。
    セントラルはちょっとした煽りで狼狽え過ぎ。
    仮にも十傑六席を結果出る前からここまで噛ませ犬にする必要あるか?
  22. コメント欄の指摘通り瓦蕎麦だったらメガネの株めっちゃ下がるやん…大丈夫か?
    てかこの漫画一番おかしいのは調理時間に指定がない所なんだよなぁ
    仕込みに何日もとか何時間もかかるもん普通に出てくるし(しかもその場で料理してる風に)
    それを何戦も連隊食戟してたら一体何時間かかるんだよって話な
    それ以外もちょっと修行したぐらいで十傑倒すとかさすがにご都合主義すぎやろー
    信者はバカだから気にしないんだろうなぁ
  23. ご都合展開過ぎてもうね…
  24. おさげメガネちゃんが汗だくで噛ませキャラ全開

    きっと今日もせい、、、やめておこう
  25. 蕎麦屋が2大名門www
  26. 寧々ってなんかいつも余裕ないね
    名無し
  27. 幹部の一人の人間の身体の調子の良いんだ
  28. 瓦そばの要領かなぁ
    あれかなり香り引き立つんだよね

    ただ、それを蕎麦に精通してる寧々が知らないのはちょっとどうなんだろうね
  29. 寧々かわいい
    次の人気投票ガツンとくるだろ
  30. 寧々、負けオーラ纏いすぎだろ
  31. そこはすべてを捧げたい女云々でパワーアップだろ
  32. 創真が超天才の親父を追い越すビジョンが全く見えん…w
  33. まぁたかだか6席のスペシャリテぐらい超えてもらわないと城一郎を追い越すことは出来んわな
  34. つーか、女木島さんにスポット当ててくれよなぁ頼むよー
  35. 俺は司より竜胆先輩の方が強い説を推すよ
  36. たしかカップ麺って言ってたしかけるか浸すかとか?
  37. 審査員「まだつゆを付けての審査が残ってる!」
    こうなるパターンが見え見え
  38. 最後にソーマ・えりな対司・竜胆は確定だろうけど、最初の誰か負けないと叡山対美作が見れない…
  39. ツンデレ寧々ちゃんいいわ
  40. 一色先輩の強キャラオーラほんと好き
  41. ソーマと寧々の料理対決に批判を加えてるヤツもいるようだが、
    元々あり得ないような設定のマンガなんだから、かき揚げそば
    作ろうが定食屋流でいこうが気にするな。悟空が空飛ぶのと同じ
    だと思え
  42. 眼鏡の時点で使い捨てで当然
    人気出すならまず眼鏡を外さないと
  43. 江戸時代から伝わる伝統をそのまま継承してるより、最新の技術を取り入れてより良いものを作る方が上になるのは当然のことだね。
  44. つか普通に1,2席以外は反逆者側が全勝だろ
    お互いが残り1人までやりあってたら3年連載して
    やっと終わるレベル、10席側は1席と2席が1勝ずつするくらいだぞ
  45. 反逆者勝ち続けた後、司無双があるのかな
  46. 今を見ずに「今までが」とか言って、無理に今にケチつけるの正当化出来てるつもりって頭おかしいだろ。
    今までも大半がその回に無理にケチつけてただけじゃねーの?
  47. いくら何でもぽっと出の新十傑の帽子野郎に女木島さんが苦戦は強いられても負けんわな
  48. 女木島は、いつの間にか出来上がってて解説や強みなどを見せないと予想
  49. あー、この流れは女木島さんは負ける流れですわ・・・
  50. 寧々が今も昔も可愛い(((^ω^)))スリスリ
    寧々いいキャラなのにここで使い捨てか〜。
  51. 女木島さんの相手の新十傑お披露目勿体つけるの止めて欲しい、本気で女木島さんが敗ける心配しちゃうだろ。
  52. いま借金いくらかわかってます?
  53. 今までがクソだからケチつけられるんだろ
    信者はバカだなぁ
  54. りんどー先輩はよ出せ
  55. もしも勝敗の理由が
    『ソーマの料理はみんなを見ていて、寧々の料理は一色しか見ていない。料理人の顔が見えない料理だ』
    だったら原作は原作降りて欲しい
  56. 連帯食劇ってなんだよ
    初めて聞くわその単語
  57. 別にかき揚げって大衆だけのじゃないぞ。
    つーか、料理出てもないのにケチつけるのに必死すぎ。
  58. これただの個人戦やな。連帯食劇とは
  59. 6席程度も完勝出来ずにこの後勝てるわけないし
  60. メガネとったらツンツンからオドオドに変わる寧々ちゃん
  61. ソーマの料理は大衆思想ってか、うまけりゃ正義って感じだけどな
  62. ソーマがセントラルと真逆なベクトルで定食屋思想大衆向けの万人ウケ狙うってのもさぁ…
    散々アイデア重視で邪道に近い事やって来たのに今更言われてもねぇ…

    しかもこのバレがもしマジならそこで相手に大衆向けのメニューのかき揚げそば出させたらあかんやろ…ほんま無能だわ
    マジで原作と料理監修変えろよ
    そしてジャンプの編集は無能すぎだろニセコイBLEACHといいこれといい
    普通編集が舵取るんだが(時には原作者に近い事になるレベル…キバヤシみたいな)
  63. ソーマがスペシャリテに勝つのはやりすぎ。普通に一色と寧々当てときゃ良かったのに
  64. 確かに一色先輩って、出席欲とかあまり無さそう。

    寧々先輩の言う事が本当なら、一色先輩は六席になるはずだったということか。
    名無しさん
  65. 味方にまで料理完成してないにも関わらず負け認定されるジュリオ…
  66. 6席のスペシャリテに勝つって
    しかも即席で、これは可笑しい。
    田所がスペシャリテと勝負し
    て惨敗とかで良かったのに。
  67. ソーマ一色が勝つがために女木島が負けるのは流石にしないだろ

    ・・・しないよな?
  68. 独創性や面白さとか未知の旨味って通好みの要素じゃね?
    ソーマが目指してるのってそんな通好みじゃなくて定食屋に出てくるような万人向けのものじゃなかったのか?
  69. 蕎麦を焼き始めたって事から作るのは瓦蕎麦っぽいけど、並の相手だったり蕎麦が得意料理ではない相手ならともかく、第6席という格上かつ蕎麦が得意料理っていう相手に勝てるとは思えないけど勝つ展開が決まってるのが糞だと思う
  70. >女木島さんが負ける流れ。
    あると思う、そしてそれが一番つまらない流れ
  71. 手を抜くキャラよりいつも全力のキャラの方が好き
  72. 正確さでは寧々ちゃんが勝るも、独創性や面白さ、表現力や未知の旨味でソーマが勝つ感じやろな
  73. これ女木島さん負ける流れじゃね?

    ソーマ勝ち
    一色当然勝ち

    膝をつく女木島

    一体何があったのか!?

    みたいな。
  74. 一色、寧々を相手にしないのは何気にヒドイな。それ考えると久我と食戟した司っていい奴に思えてくる、謙遜しつつも相手してやったわけだし。
  75. 風呂がーとか言ってる奴いるけど紀ノ国女だから…
  76. 裸エプロン先輩がラスボスより、裸エプロン先輩が一色家に無理やり連れて行かれてヒロイン化した裸エプロン先輩を助けに行く方が確率高いと思う
  77. ああ、ソーマが作ってるのは瓦そばか。
  78. このまま一色パイセンがラスボス格に昇進か?
  79. 本気出してない一色に席次で負ける久我and叡山ww
  80. あくまで男湯に一番早く来たのは一色であって、寧々と一色どちらが早く風呂に来たかは分からないでしょ
  81. 一色の風呂一番のりの下り覚えてた人読み込んでるなー
    普通にスルーしてた
  82. 今BORUTO見てるんだがカワキが斎藤さんに似ててワロタ
  83. 一色って城一郎みたいに天才型やね。
    一番初めにクリアして風呂に入って来たのが一色って言ってたから2年では元から一色が一番として描かれてたし、本領発揮して一席狙ってくるかもね。
  84. 一色の技術をみて戦意喪失のジュリオ
    一色「こっちはいいとして・・・」
    歓声が上がる。冷汗を垂らしながらちらっと歓声のほうを見る一色

    場面は変わり 新十傑VS女木島
    新十傑の後ろに観音が表れものすごいスピードで調理していく。
    葉山「ありえねぇ。料理で一番大事なのは調味料を入れるタイミング。いくら良く配合しようともこれがよくなければすべて台無し。」
    葉山いわく常人ではありえないタイミングで調味料を投入してるとのこと。
    最後に観音がソッとソルトをパラパラと投入して一番最初に終了。ものの1分で完成させてしまう。
    えりなによるとこの料理だと1時間はかかるらしい。
    えりなもほかの十傑も彼の存在は知らないが、薊、城一郎、堂島は知ってる様子。
    薊によると、薊たちの先輩にあたるらしい。

    ソルト振りの研究のためずっと山籠もりしていたらしく、46歳になったときソルト振りの限界を感じ、たどりついた先は「感謝」であった。自分を育ててくれたソルトに少しでも返そうと思い始めたのが
    「感謝のソルト振り1万回」
    初日は18時間以上を費やした。2年が過ぎたころ、異変に気付く。
    『1万回振り終えても日が暮れていない。』
    齢50を超えて完全に羽化する。感謝のソルト振り1万回。1時間を切る!
    山を下りた時、彼は留年していた。
    彼の名は百色。

    大きな歓声が上がるとともに女木島の背後に観音が表れ女木島を暖かく包み込み、女木島をソルトの光線が襲い終了。
    一色のほうをチラ見

    「一色は一色家の中でも最弱。」

    煽り:こんがり焼ける女木島
  85. 俺はもっとお前らと研鑽してーんだよ
  86. 掲載6番目か
    中村編終わっても2年生編続くといいな
  87. えっちゃんとかいう薄ら寒い呼び方
  88. うそバレヤバス
  89. どいひー
  90. 結構好き(^^)
  91. 叡山が出ている嘘バレの方が、面白いwww
    名無しさん
  92. バレ

    煽り 使うは文明の利器

    場面は変わって第三席

    お題は寿司

    新10席は名寿司店のせがれらしく実力では確実に勝てない模様。第3席本人もそこは認めている。

    会場は大笑い
    そんな中
    第3席は不敵に笑う

    ゾッとする中村先輩

    あらかじめ出前を頼んでいてよかった
    ボソッと呟く第3席

    新10席の親から出前を頼んで勝利

    第3席「まずは一勝だ…」

    煽り
    求めるは確実な勝利。第3席たる所以。
  93. 別に嘘バレ載せたっていいじゃん
    肩の力抜けよお
  94. 嘘バレ死ね
  95. 正直ソーマがどうやって眼鏡に勝つのか予想出来ないんだよなぁ
    試作時間があった訳でもないのに相手の土俵で勝てるとは思えない
    そもそも展開が何したいのか意味不
    葉山の時は最後まで粘り強く試作したからソース()の差で勝てたけど今回は試作の時間さえ無し
    連隊食戟は調理の手伝いでチームワークで勝とう!って流れかと思いきや全く関係無しの個人プレー
    個人的に闇を抜けたとか作者が呟いてたけどまだまだ闇の中じゃんねって
  96. 「天才がゆえに…」

    表紙 一色が畑、鰻、家畜を育てる妄想している

    煽り、ついに見える(まみえる)天才の一振り‼

    一色「君は本気で叩き潰すことにするよ」

    一色の言葉にゾクっとしながらも自分に本気になったと喜ぶ樹里夫

    樹里夫「そうだ一色!それでこそお前だ!!」

    ソーマ回想
    校舎で一色のような話し方をする生徒を見かける。
    「一色先輩!?ん、でも声がちげーんだよな」樹里夫の後ろ姿を見つめるソーマ

    回想終了

    ソーマ「あの人、影響受けすぎだろ!笑
    ま、一色先輩に憧れんのはわかるけどな」

    一色の調理が進む。
    鰻に串を刺していく一色

    観客「…今の見えたか?」

    ?「お前らに見えるわけねーだろ」

    謎の人物がその観客の肩に乗り首をはねる

    叡山「…残像だ」

    煽り「中ニ病炸裂!!これがえっちゃん!!」
  97. さむっ
  98. よくでてくるエロ宣伝マンガやん
  99. へ?
  100. 一彩出版最低だな!
  101. あまりにも才能のない嘘バレでなんも言えない
  102. 叡山が出てないから、つまらん。
    名無しさん
  103. なんやこれ草
    こんな嘘バレもあるんか
  104. 食戟のソーマ 210話「発散」
    煽り「決戦の舞台裏が明かされる!」

    寧々との食戟、ソーマの調子はすこぶる良かった。

    前日の夜
    自分の状態に悩むソーマ。
    ソーマ「クソッ、調子が全く上がらねえ。葉山との食戟時の状態を100とするなら、今は10しかねえぞ。何でこんな調子悪いんだよ!どうすりゃいいんだ・・・」
    そのまま深夜3時が過ぎる。
    自分がムラムラしていることに気づくソーマ。
    ソーマ「もしかして不調はこのムラムラが原因か!?だとすると、これを解消する方法は・・・」

    えりな「んん・・・」
    熟睡しているえりな。
    ソーマ「よしよし、よく寝てやがる」
    えりなの部屋に忍び込むソーマ。
    えりなの身体にムクムクする。
    ソーマ「ククク・・・こんなアホには天罰だ。にしてもいい眺めだ」
    ソーマ「うわっ何だこの迫力はよ。こんだけでかけりゃ男なら当然・・・やることは一つ!!」
    えりなの身体をむさぼるソーマ。
    ソーマ「起きる気配が全くねーな。こいつはヤバい、パーフェクトだ!フゥ、オイオイこれだけされてもオネンネかあ?鈍い女だな〜」
    ソーマの技に反応はするものの、えりなは全く目覚めない様子。
    ソーマ「・・・もう起きてもかまわねえええ!!」
    遂に合体までいってしまう。
    ソーマ「うっ・・・!!」
    えりな「んんん!!」
    発射完了。
    ソーマ「フゥ、発散した〜。おっ!!調子が戻ってきた!これで明日の食戟も戦えるぜ!ありがとな薙切!」

    翌朝
    えりな「んん、朝ですか。遂に決戦当日ですわね。!?身体が熱い・・・まさか風邪?いや、ダルさはないわ。では、この感覚は一体・・・?」
    ソーマ「おお薙切起きたか!今日は頑張ろうぜ!」
    えりなの肩に手を置いて去って行くソーマ。
    えりな「ええそうね・・・  ・・・んんん!?」
    達してしまうえりな。
    えりな「こ、これはナニ?き、気持ちイイ・・・」
    ソーマの調子は戻ったし、えりなも快感を得ることができてWin-Winの描写。

    煽り「息抜きも大事!新社会人の皆さん頑張って!!」
  105. 1

コメント入力: