ブラッククローバー ネタバレ 119話 ネタバレ 120話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ BLACKCLOVER

ブラッククローバー ネタバレ 119話 ネタバレ 120話 確定ネタバレ最新あらすじネタバレ BLACKCLOVER
ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ BLACKCLOVER
確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじ予想


『もっと』

ブラッククローバー 12巻 8月4日発売

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-5.jpg


ジャンプGIGA vol.4 7月28日発売
暑中見舞いカードとポスター付き

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-1.jpg


ブラッククローバー暑中見舞いカード表

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-2.jpg


ブラッククローバー暑中見舞いカード裏

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-125.jpg


ブラッククローバーアニメポスター

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-3.jpg




-------------------------------------

煽り
「勝利への一撃!!」

リル率いるIチームが
クリスタルを破壊し勝利

アナウンス
『魔晶石(クリスタル)破壊!!
 Iチームの勝利!!』

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-101.jpg


Iチーム魔法騎士黒髪
「ふく…」

Iチーム魔法騎士金髪
「幻鹿の団長が
 2人倒してくれたから
 上手く勝てたな…

 ところであの人は
 一体何を…」

リルが顎に手を当てながら
ボロボロになった会場を
歩き回って見ている

リル
「う〜〜〜〜ん…

 ここもっとこうしてたら
 よかったな〜

 いや…
 けどここはなかなか

 う〜〜んやっぱり
 まだまだだな〜〜〜〜」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-122.jpg


Iチーム魔法騎士2人
(いや…試合に
 集中してくんない!!?

 オレ達が
 しっかりしなければ…)

ヴァルター
「大魔法騎士なのに
 しっかりしてないが故
 周りの皆が頑張る…

 それが坊ちゃまの
 才能ですー!!」

拳を握るヴァルター

アスタ
「なんじゃそりゃァァァ
 ァァァァ!!」

アナウンス
『続いて1回戦第6試合…
 次の試合やりますので
 早くどいてくださーい』

Iチームの魔法騎士2人に
リルが引きずられていく

リル
「もっと見たいよー」



-------------------------------------

ラック
「やっと僕達の番だー!!
 みんな凄かったな〜〜〜!!
 う〜〜〜ん楽しみ!!」

ナレーション
「ラック・ポルティア
 黒の暴牛
 五等下級魔法騎士」

ワクワクしているラック

クラウス
「これは王撰騎士団員
 (ロイヤルナイツ)を
 選定する為の試合だぞ
 
 もっと真面目に
 挑まんか!」

ナレーション
「クラウス・リュネット
 金色の夜明け
 三等中級魔法騎士」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-102.jpg


クラウス
「くれぐれも勝手な行動を
 するなよ…!」

ラック
「そんなかたいこと言わず
 楽しもう!」

クラウス
「ええい!やかましい!」

プーリ
(コイツら…

 クレイジーボーイに
 堅物クールメガネ
 ヤバそーじゃん!!

 まったく…このチーム
 大丈夫かしらね〜〜〜)

ナレーション
「プーリ・エンジェル
 碧の野薔薇
 四等上級魔法騎士」

プーリ
「まぁ当たって砕けろねー!!
 イェ〜〜〜〜っっ♪

 全員最高のパフォーマンスを
 かましましょう!!」

ナレーション
「性格:ハイテンション」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-130.jpg


クラウス
(な…何だこの
 ノリの軽い者は!!

 これは…私がしっかり
 しなければ…(汗)

青ざめるクラウス

ラック
「オー!!それじゃあ、
 皆の魔法の情報を共有して
 作戦を立てようよ!」

クラウス
「…!!そうだな」

観客達がラック達との
対戦相手を見ている

観客達
「この対戦の要注意人物は…
 団一の機動力と
 言われる風魔導士…

 銀翼の大鷲
 二等上級魔法騎士
 ロブ・ヴィテスだな…!」

手前の傷の男がロブ

アナウンス
『1回戦第6試合開始ー!!』

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-103.jpg




-------------------------------------

試合が開始され
時間が経過する…

観客達
「激しくなってきたな…!
 両チーム全員
 フィールドの中央で
 魔法の乱打戦だ…!!」

敵の液体攻撃が
クリスタルに迫る

クラウス
「おおおー!!」

クラウスが壁を出現させ
液体攻撃を防ぐ

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-104.jpg


だがその時、
敵が液体に乗って
壁を回り込んでくる

クラウス
「!!」


「くらえー!!」

敵がクリスタルに
液体攻撃を放つ

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-105.jpg


だがその時、ラックが
クリスタルを抱えて
液体攻撃を回避していく


「ぐわッ!!」

ラックは手足に
雷を纏っている

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-106.jpg




-------------------------------------

アスタ
「おお!
 魔法の形が変わってる!
 うおおおおおおお!」

マグナ
「魔導書(グリモワール)に
 追加ページ足して
 進化させやがったんだよ…!」

ラックが右手に雷を集める
敵のクリスタルに向けて
集めた雷を放つラック

ラック
「雷魔法【迅雷の崩玉】」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-131.jpg


観客達
「何だあの攻撃力は…!!
 やはり…!!もはや下級の
 実力ではないー!!」

マグナ
「ここ数ヶ月で
 しこたま任務こなして

 そのたび強くなってんだ…
 オレもラックも

 下級レベルで
 おさまってるワケ
 ねーだろーが!!」

クラウス
(もともと中級クラスの
 実力があったが…

 なるほど…
 更に強くなったか…

 だがそれは私もだ!!

 アスタを見習い
 魔法も肉体も精神も鍛えた

 たとえ努力が私を
 裏切ろうと…
 
 私は努力を裏切らない!!)

敵が岩石を両手に持つ


「うおおおおお!!」

クラウス
「鋼魔法【旋貫の烈槍】」

敵の持っている岩石を
破壊するクラウス

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-108.jpg


アスタ
「うおおおおお!!
 クラウスー!!
 かっけえええ!!」

ラック
「イイね〜〜〜
 この試合が終わったら
 僕とヤろうよ!」

クラウス
「馬鹿な事を言ってないで
 試合に集中せんか!」



-------------------------------------

その時、クラウスが
ロブが動く様子に気付く

クラウス
(来たか、ロブ・ヴィテス)

敵チームのクリスタルは
ロブの後方に見える

ロブの前方の両脇には
他敵2人の姿

クラウス
(魔晶石(クリスタル)は
 後方に残してある…!!)

クラウス
「敵2人を突破し
 一気に魔晶石(クリスタル)を
 破壊するぞ!!」

ラック
「おおー!!」

プーリ
「アンタ達
 なかなかイ〜〜
 じゃないの!」

自軍のクリスタルを持ち
上空へと跳ぶプーリ

アスタ
「フツーに飛んでるー!」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-109.jpg


プーリ
「翼魔法【天使の羽ばたき】
 (エンジェルフラッピング)!!」

プーリから大量の羽が出て
敵に降り掛かっていく

敵チーム
「うわぁ!!」

プーリ
(敵には攻撃!!)

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-132.jpg


クラウスが地面に壁を出す
その上を走っていくラック

そしてプーリの風により
ラックが更に俊足になり
敵チームを追い越していく

プーリ
(味方には追い風を!!)

クラウス
「行けーラック!!!」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-123.jpg


ラック
(あぁもう 楽しいなぁ!!)

ゾクゾクしているラック

クラウス
「よし!!抜けー…!」



-------------------------------------

その時、風を纏っているロブが
一瞬で自軍のクリスタルの前に
戻って立ちはだかる

ロブ
「最終的には
 個々の力の差が
 勝敗を分ける…」

プーリ
(私の魔法で
 全く動じてなかった!!)

プーリ
「マズイ…
 クレイジーボーイ!!」

だが笑みを浮かべるラック

ラック
(もっと)

ロブ
「!」

ロブ
(疾ー)

ラック
(ヤろう!!!)

ラックが雷を纏った左足で
ロブの腹部に蹴りを入れる

ラックの勢いの良い蹴りに
後方に吹っ飛ばされるロブ

吹っ飛ばされたロブが
自軍のクリスタルに
当たってしまう

そのままラックがロブを押し
クリスタルを破壊する

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-121.jpg


観客達
「なああああああ!?
 一撃だとー!?!」

アナウンス
『魔晶石(クリスタル)破壊!!
 Kチームの勝利!!』



-------------------------------------

ラック
「あ〜〜〜
 すごく楽しかった♪」

クラウスとプーリが
ラックの所を来る

クラウス
「ラック…!!貴様…!?
 うおおおおおお!!」

プーリ
「PONPO〜〜〜N!!
 アンタ達サイコー
 じゃなァ〜〜い!!」

ラック、クラウス、プーリが
手を合わせてハイタッチする

アスタ
「ラック…!!」

マグナ
「あのヤロォ〜〜
 強くなりすぎなんだよ…!!」

リルとラックが互いに見合う

リル&ラック
「次の相手は…」

ラック
「もっと楽しそう…!!
 あはは」

リル
「もっとイイ絵が描けそう…!!
 あふふ」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-120.jpg


【随時、詳細追加更新】



【随時、画像&文字追加更新】

煽り
「次号、Cカラーで
 ユノチーム登場!

 ノエルは兄に
 勝てるのか!?

 更に暴牛団員の
 声優発表!!!

 シルヴァ家兄妹対決!
 兄に打ち克てノエル!」

ブラッククローバー 119話 ネタバレ 120話 ネタバレ-6.jpg


ブラッククローバー 120話 ネタバレ 121話 ネタバレ確定ネタバレ画バレ文字バレ最新あらすじネタバレ BLACKCLOVER へ続く
  1. まさかのデータカードダス
  2. ノエルVSソリド 他の漫画なら兄妹の確執一話だけでは終わらない泥沼になるがブラッククローバーだと一話で終わる・・

    海龍の防御貫通し抉り取る程の破壊力だけどソリド死ぬんじゃね?

    金色の問題児アレクドラはまたぎゃあぎゃあ喚き散らすのは分かり切ってるが
  3. 努力を裏切らないはホント意味不明
    言いたいこと自体はギリ読み取れるけど努力の結果が出てるこの場面で言うことかと
  4. アニメ化するほどの人気が出なければトーナメントをクソ真面目に1試合ずつやることもなかったのかな。
    海の神殿あたりからだらけを感じてたけど、最近一気にグダグダしてて悲しい。中身は好きなんだけどな。
  5. チームバトルはワートリが良いな。再開が待ち遠しい。
  6. 最近読んでなかったけど盛り上がってる?
  7. 努力を裏切らないって確かに意味が分かりにくい…
    あんまりうまい事は言っては無いよな
  8. 翼魔法 術名にエンジェル・・
    神族 堕天使 魔族でもないキャラが翼なんかだしてアスタの種族判明したら収拾つかなくなるのに作者後先かんがえてないのか?

    (誘拐編で露出狂サリーから人間ではないことがつげられてるのに・・)
  9. 今のところ勝ち上がりそうなチームが順当に勝ち上がっていっているから少し中だるみ感はあるけど、そのぶん二回戦は見ものなはず。
    すこし感情が欠落してるというか、人とはズレてるリルとラックの繋がりができたのは、二人の出番的に良いかもな。
  10. オリジナリティがないってのは分かるが、天下一武闘会はないわ。
    それこそトーナメントというくらいしか共通点ない。敵を倒さなくても勝てるルールなのに…やはりドラゴンボール信者って頭おかしい。
    トーナメントなんて天下一武闘会がある以前から現実でも漫画あるの。印象って自分の頭がおかしいだけだろ…
  11. 属性は多いけど特性というか違いがよくわからんよなあ
    トーナメントで色々な属性が出てきてるけど
    大体が創成魔法で武器や動物とかに形成されたエネルギー体を
    飛ばして敵にぶつけるのがほとんど、特にモブはそればっかり。
    ヴァーミリオン兄妹や今週のモブが使ってる植物魔法は
    やたら補助系だったけど、植物は確かに攻撃的な
    イメージはないけど偏りすぎじゃない?

    後、原理がよくわからん魔法がトーナメントでよく出てくる…
    ミモザの花から光の地図、とか偽ザクスの灰属性で
    魔法を倍返し、とか…
    トーナメント一回戦のモブが使っていた結晶魔法の
    クリスタルスコープは理にかなってて属性を活かしてる
    魔法だったから良いじゃん!!って思ったけど…
    結局は属性はただ分けているだけで、創成ってつければ
    どんな属性でもなんでもやれそうな大味魔法バトルが
    また展開されている…

    絵画魔法とか想像力があればどんな属性も再現できるって言う
    またチートじみた魔法が出てきてるし…
  12. 翼属性ってなんだよ
    風属性で良いのに何でもかんでも派生させればいいと言う問題ではないと思うわ

    クリスタルに至ってはラック陣営のやつだけ片腕で運べる大きさ・・何でもありだな
  13. はーんなるほど、そういう意味ね。ありがとう。
    家にも才能にも恵まれた努力に裏切られたことのないキャラが言ってるからまったく響かんけど。
  14. >例え努力が私を裏切ろうと私は努力を裏切らない

    自分は全力で努力しても届かなくてもそれでも諦めず努力するって事だよ

    非難していないと生きていけない努力が嫌いな二−トには難しすぎたか?
  15. ラックとリル・・・なんかいいライバル関係になりそう・・・
  16. 既存のキャラを誰一人倒せない、肩書きだけは立派な上級魔法騎士……。
    倒されるためのキャラも必要だとは思うけどもうちょっと強そうな相手にしようよ。いくら低いハードルを飛び越えたところで仕方ないだろうに。
  17. リル「ここはもっとこうしてれば…でもここはなかなか」←適当やな
    各階級の一般的な強さがわからないから上級出てきても緊張感とか別にないし倒しても特別盛り上がらないな
  18. この世界で空を飛ぶってそんなに驚くことなのか?
  19. 魔導書に追加ページを足してってページ枚数足せるなら枚数差別する意味なくね
  20. さあ、努力が報われなくても、自分は努力をし続けるていう意味じゃねぇの。生真面目な人になったな
  21. クラウスの「例え努力が私を裏切ろうと、私は努力を裏切らん!」ってセリフの意味がマジでわからん。だれか教えてくれ。
  22. なんていうか浅はかなんだよな
    芸能人を出せば読者は喜ぶんだろう?っていう考えが透けて見えてる。
  23. ラックなんかリルの創作意欲?の欲求満たしてくれるのバッチリじゃねーか
  24. ファンタジーの設定なのにどうして芸能人をモチーフ…というかそのまんまで登場させるかね
    ただでさえどこかで見た設定、パクりとかいわれてるのに…

    ワンピースの大将も芸能人をモデルにしてるけどあっちは登場の仕方、独自の性格付け、本編での活躍も相まって印象に残ってるけど、ブラクロはそれを真似したのか知らんが、浅いキャラにしか見えん。
    今でもテレビでよく見かける芸能人を使うあたり、あやかる気満々。
  25. トーナメントって時点でもうきついんだよ。盛り上げ方として古すぎるし、一戦一戦ぜんぶ描いてるから長い。

    チーム戦とタイマンとか言ってるやつもいるけどそんなもんほとんど誤差の範囲。細部が多少変わったぐらいで読んだ印象はほとんど天下一武道会と変わらないし、オリジナリティは欠片もない。

    描きたい内容を短くまとめることもオリジナリティを出すこともできないっていう作者の技量不足がモロに出てるわ。
  26. 魔法部隊の選抜って理由やってただろ。つーか、タイマンでもなく直接倒さなくてもOK、ルールの共通点はほぼ皆無なのに天下一武道会って…
    トーナメントは全部天下一武道会ってか?サバゲーとタイマンの違いすら分からないのか?
  27. この天下一武闘会必要なのかよ
  28. これ新キャラ渡辺直美か
    カズレーザーのときといい、こんな風に実在する人物をモチーフにして話題を稼ごうとするのはやめてほしいな。作品が陳腐になる。
  29. カズレーザーの次は渡辺直美やんw
  30. またCカラーか。田畠先生大丈夫か?
  31. 本編より嘘バレのほうが好評というこの絶望
  32. ウソバレおもんないから本バレはよ
  33. 嘘バレが本編より面白い気がするw
  34. もうこの流れならリルが魔法帝で良いよ(小並感)
  35. ブラクロの嘘バレで初めて笑った
  36. いつのまに詠唱破棄までwww
    匿名
  37. パクリでしかもつまらな過ぎる
  38. 何てこった…
    この展開は誰にも読めない…!
  39. 無月!
  40. もしかしてサイレンの弥勒ですかww
  41. 何気にNARUTOとワンピースの技もあるなw
  42. 自らが作品て.....デイダラニキ
  43. 破道の九十 黒棺
  44. 何・・・だと?・・・
  45. これは反則
  46. 黒棺wwwwwwww
  47. くそwwww
    こんなので吹いちまったw
    ハンターのタケモトピアノといい
    下手な嘘バレよりこういうのの方がいいわ
  48. 何やいろいろ混ぜとるやないかいwまあわかりやすいから良い
  49. 愛染なつかしい
  50. アナセし過ぎてやろ自分ら
  51. ブラクロの掲載順位高くて嬉しい。だいたい10番以内には入ってるんかな
  52. 1

コメント入力: